検索結果の鮮度を実現する方法: SharePoint を対象にした継続的クロールについて

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 15 日 (土曜日) 対象読者: 検索管理者/IT 担当者前提条件: このブログは、読者に SharePoint Search のトポロジ、クロールのメカニズム、およびクロールのスケジュール設定の原則に関する検索管理の基本知識があることを前提にしています。注: これは SharePoint 2013 の新機能です。 検索結果の鮮度とはSharePoint サイトにドキュメントをアップロードした後、そのドキュメントが SharePoint 検索ポータルから “検索可能” になるまでの期間は、鮮度に関する待ち時間を示します。 鮮度を左右する要因複数の要因があります。リポジトリのサイズ、変更率、リポジトリの要求応答時間、クロール スケジュール、変更の種類などです。この理由は、ドキュメントを “検索可能” にするためには、クロールをトリガーし (手動またはスケジュールに従って自動的に)、変更を識別、要求、および処理する必要があります。 何が問題なのか従来、SharePoint Search のスケジュールに関するオプションには、フル クロールと増分クロールの 2 つがありました。フル クロールを選ぶとホスト全体の検出が開始されます。一方、増分クロールでは、前回のクロール実施時以降にホストで変更された項目のみが処理されます。この処理は、各ドキュメントのタイム スタンプを比較するか、そのリポジトリの既存の変更ログを使って行われます。変更ログにはドキュメントの変更履歴が記録されます。より高度な鮮度を実現するために推奨されるアプローチは、増分クロールをより積極的 (たとえば毎日ではなく 30 分おき) に実行することでした。 フル クロールと増分クロールの制約の 1 つは、並行して実行できないことです。つまり、フル クロールまたは増分クロールの実行中は、そのコンテンツ ソースに対する新たなクロールは開始できません。そのため、項目をインデックス登録する方法として先入れ先出し方式以外の選択肢はありません。さらに、一部の種類の変更では、実行時間が長くなります (たとえば、ホストのルート レベルでのポリシー変更の場合、インデックスに登録されている項目ごとにセキュリティ記述子を更新するために、ホスト全体をインデックスに再登録する必要があります)。これら 2 つの要因が組み合わさった結果、頻繁な増分クロールのスケジュールを設定したとしても、鮮度が変動します。これを説明するために、以下に増分クロールの期待されるメンタル モデルを現実と比較して示し、続いてそのシステムの鮮度を示します。    …

0

SharePoint 2013 の高信頼アプリのトラブルシューティングに関するさらなるヒント

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 2 日 (金曜日) こんにちは、アプリ ガイです。開発作業は好きだけど、正直なところ、新しい SharePoint アプリで “このトークンの発行元は、信頼できる発行元ではありません” という問題の原因追跡をもう 1 件やらなければいけないとしたら、コンピューターの前で叫び続けて声がかれてしまうかもしれません。そこで、皆さんの声 (と正気) を守るために、この問題が発生したときに僕が確認する項目をこのブログでリストしていこうと思い立ちました。このエラーの再現と解決のための新しい効果的な方法を見つけるたびに、この投稿を更新し、タイトルに “更新” と表示します。 ここで “高信頼アプリ” と言うとき、その意味は、SharePoint アプリの信頼ブローカーとして ACS を使わず、代わりに OAuth トークンを作成し、自分自身の証明書を使ってトークンに署名しているということです。この手順は全部どこかで説明されていると思うので、ここで説明を繰り返すことはしません。このブログは、皆さんがその説明を読み、実際に試してみた結果、モニターに八つ当たりせずにはいられない状態になっていることを前提に進めます。この前提を踏まえて、僕が見たこのエラーが発生するいくつかの状況を次に示します。 SPTrustedRootAuthority リストに追加している – 証明書を使って OAuth トークンに署名するときは、New-SPTrustedRootAuthority を作成する必要があります。SharePoint 2010 の New-SPTrustedIdentityTokenIssuer と同じように、トークン署名証明書とチェーンに含まれるすべての証明書を SharePoint の信頼された機関リストに追加する必要があります。この処理には、http://blogs.technet.com/b/speschka/archive/2010/02/13/root-of-certificate-chain-not-trusted-error-with-claims-authentication.aspx (英語) の投稿で説明しているのと同じ手順が使えます。ADFS からの証明書のエクスポートに関する説明は無視してください。ここでは、高信頼アプリ用の証明書を他の手段 (GoDaddy、VeriSign などの公的ルート CA、自己署名証明書、またはドメイン発行証明書) で作成したと想定しています。 クライアント ID ですべて大文字を使っている – 別の投稿で説明しているように、アプリケーションの AppManifest.xml ファイル…

0

フォームベース認証に関する新しい SharePoint Server 2013 テスト ラボ ガイド

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 27 日 (木曜日) 「テスト ラボ ガイド: SharePoint Server 2013 によるフォームベース認証のデモ (英語)」が利用可能になりました。このガイドでは、SharePoint 2013 の 3 層ファームから成る既定のチーム サイトへのユーザー アクセスに適用するフォームベース認証を構成する方法について解説します。以下の各手順を説明します。 手順 1: SharePoint Server 2013 の 3 層ファーム テスト ラボ (英語) をセットアップする 手順 2: LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) メンバーシップ プロバイダーを使ってフォームベース認証を構成する 手順 3: CLIENT1 からフォームベース認証のデモを行う このガイドは、TechNet ライブラリの「クレームベース Web アプリケーション用のフォームベース認証を構築する」で説明している手順のテスト ラボ バージョンです。 次の図は、この新しいガイドのテスト ラボ構成を示しています。新しいサーバーの追加はありません。…

0

新しいテスト ラボ ガイド: SharePoint Server 2013 プレビューのソーシャル機能のデモ

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 18 日 (火曜日) テスト ラボ ガイド (TLG)「SharePoint Server 2013 プレビュー用ソーシャル機能のデモ (英語)」では、SharePoint Server 2013 プレビューのソーシャル機能を構成し、基本構成 (英語) および 3 層 (英語) のテスト ラボのコンピューターを使って開始するデモを行う方法について説明します。 この TLG では、SharePoint Server 2013 プレビューの次のソーシャル機能を紹介します。 個人用サイト フォロー コミュニティ サイト チーム サイト (サイト フィードを含む) 以下の各手順を説明します。 基本構成テスト ラボ (英語) を構成する (まだ構成していない場合) 3 層 (英語) テスト ラボを構成する (まだ構成していない場合) “個人用サイト” のサイト コレクションを作成し、設定を構成する…

0

ラスベガスで開催される SharePoint カンファレンス 2012 での SharePoint デザイン タイム セッションへの参加要請

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 26 日 (水曜日) 今年の SharePoint カンファレンス (英語) に参加予定の皆様にお知らせです。 今回もソリューションのデザインに関する専門セッションを個別に開催します。 これらのデザイン タイム セッションの目的は、SharePoint 2013 製品に基づくソリューションの構想と計画について、IT プロフェッショナルや開発者を支援することにあります。 SharePoint カンファレンスの参加者の中から選抜されたユーザーの皆様は、これらのコンサルティング セッションに無料で参加できます。参加を希望される場合は今すぐノミネートしてください。 セッションの時間は 60 ~ 90 分です。選抜された皆様は、製品エキスパート (Microsoft 製品チームのメンバー、コンサルタント、各分野の認定エキスパート) と顔を合わせてソリューションの目標について議論を交わし、現在の課題についてアドバイスを受け、SharePoint 2013 製品を使ってソリューションを強化する方法を構想します。セッションは SharePoint ドキュメンテーション チーム (TechNet、MSDN、Office.com などのコンテンツの発行を担当するチーム) のメンバーが進行します。 現在、SharePoint カンファレンスに参加される皆様の中で、以下の表のカテゴリに該当する方を探しています。 予定されている対象分野 説明 ビジネス インテリジェンス エンタープライズ環境に新しいビジネス インテリジェンスを導入することに興味はありませんか。ご使用の Excel ダッシュボードや SharePoint ダッシュボードに PowerPivot データ モデルや Power…

0

おすすめコンテンツはどうなったのでしょうか – クエリ ルール入門

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 19 日 (水曜日) 対象読者: 検索管理者/IT 担当者前提条件: このブログは、読者に SharePoint 2010 の検索管理に関する基本知識があることを前提にしています。 SharePoint 2010 製品で検索を管理したことがあれば、キーワード検索とおすすめコンテンツを作成したことがあるでしょう。検索結果をページ先頭に任意の順序で昇格させることができるため、特定のクエリの関連性を向上させるには最も簡単な方法です。しかし、SharePoint 2013 プレビューでは、[サイトの設定] に検索キーワードを管理するリンクがありません。 これは、キーワード検索がより柔軟なクエリ ルールに改善されたためです。違いは次のとおりです。 検索キーワードでは、検索語句が “イメージ ライブラリ” である場合に、”イメージ ライブラリ” へのリンクを昇格させます。 クエリ ルールでは、ユーザーがイメージを “要望していると推測される” 場合に、有効なイメージを結果に表示します。 クエリ ルールの優位性は、この包括的な性質にあります。単に特定の検索語句と一致する結果を返すのではなく、ユーザーの要望を推測します。単に特定の結果を昇格させるのではなく、ユーザーの検索語句と関連性が高い他のブロック全体を表示できます。 検索キーワードは、”イメージ ライブラリ” や “画像ライブラリ” などの検索語句と完全に一致する検索結果を表示しますが、クエリ ルールではより幅広くイメージを検索できます。 特定の検索結果をクエリを実行した際の先頭に昇格させることもできます。これは、クエリ ルールでも検索キーワードと同様に簡単に実行できます。実際、SharePoint 2010 製品群からアップグレードすると、SharePoint 2013 プレビューによってすべての検索キーワードが自動的にクエリ ルールに変換されます。 ここで、”イメージ ライブラリ” や “画像ライブラリ” などの検索語句と完全に一致する検索結果を表示して、”イメージ ライブラリ” の検索結果をページ先頭に昇格させてみましょう。…

0

SharePoint 2013 での Request Manager の扱い

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 15 日 (土曜日) Request Manager (RM) については、まだあまり情報が出ていません。ここでは、PowerShell と合わせて簡単に説明します。RM になじみのないユーザーに向けて簡単に説明すると、RM とは SharePoint の要求のルーティングおよび調整を行うために設計された、新しい SharePoint 2013 の機能の一部です。ユーザー エージェント、要求された URL、ソース IP などの受信要求の性質について理解しておくと、SharePoint で各要求に対する応答をカスタマイズできます。定義したルールに基づいて要求をルーティングしたり、要求を完全に調整したりできます。RM のルールは、SharePoint 2010 で行われる調整と同様に、Web アプリ単位で適用されます。  RM を使用する主な目的は以下のとおりです。 RM を使用すると、より良好な状態の WFE にルーティングできるため、良好な状態にない WFE をアクティブにしておけます。 RM を使用すると、有害な要求を識別し、即座に拒否できます。 RM を使用すると、優先度の高い要求 (エンドユーザー) と優先度の低い要求 (ボット) を調整できます。 RM を使用すると、特定の種類 (検索など) のすべての要求を指定のコンピューターに送信できます。 分離されたトラフィックにより特定のコンピューターで発生したエラーのトラブルシューティングに役立ちます。 RM を使用すると、負荷の大きな要求をより強力な WFE に送信できます。 ルーティング…

0

ご使用の ADOMD.NET データ プロバイダーのバージョン指定

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 12 日 (水曜日) 少し前に、PerformancePoint 2010 インストールを SQL 2012 で動作させる方法 について投稿しました。その投稿では、ADOMD.NET データ プロバイダーのバージョン 10.5.2500 が含まれる SQL Server 2008 R2 SP1 フィーチャー パックを入手する方法について書きました。PerformancePoint が 2012 Analysis Services データ ソースに接続するには、PowerPivot ワークブック モデルが含まれているそのバージョンが必要でした。これにより、PerformancePoint 2010 は動作しましたが、ご使用の PerformancePoint 2013 インスタンスが同じように SQL 2012 で動作するには、ADOMD.NET データ プロバイダーのメジャー バージョン 11.0 が必要です。このバージョンは、こちらから、spPowerPivot.msi としてダウンロードできます。 状況 この時点では、SQL Server 2012 SP1 のインスタンスをインストールする際に SharePoint 用の…

0

SharePoint 2013 で特別な検索操作を簡単に構築する

原文の記事の投稿日: 2012 年 10 月 10 日 (水曜日) 対象読者: 検索管理者/IT 担当者前提条件: この投稿は、読者に SharePoint 2010 検索管理の基本的な知識があることを前提にしています。 SharePoint 2013 プレビューのエンタープライズ検索センターでは、SharePoint がクロールするほぼすべての項目が検索されます。そのため、検索結果は “すべて” というラベルになります。 特別なデータまたはシナリオの場合、一致を探す特別な検索操作を構築することがしばしば必要になります。”すべて” の横に表示されるリンクがその機能です。たとえば、”ひと” はひとの検索結果だけを返す “ひとの検索” にリンクし、異なる方法で検索結果を表示して、電話番号の検索などのユーザー関連のクエリに対してインテリジェントに応答します。 独自の検索操作の構築は簡単です。要点は次のとおりです。 検索操作  =  検索先  +  検索結果 Web パーツ 検索先は検索操作の最も重要な部分です。特定の条件に合った結果を確実に返します。たとえば、”ローカルのひとの結果” は、ひとの検索結果のみを返します。SharePoint 2010 のフェデレーション対象と検索範囲を組み合わせたものが検索先であると考えることができます。 検索結果 Web パーツと Web パーツが表示されるページは、検索操作の顔になる部分であり、適切な検索先にクエリを送信します。つまり、”ひとの検索” では、検索結果 Web パーツが検索先 “ローカルのひとの結果” にクエリを送信します。 次に、完全に具体化された “ひと” のような検索操作では、”結果の種類” や “表示テンプレート” など、他にも多数の検索機能を使って、結果の表示方法を変更することや、ユーザーにインテリジェントに応答するためのクエリ ルールを変更することができます。…

0

Azure IaaS サービスによる CSUpload ツール用の証明書の作成と使用

原文の記事の投稿日: 2012 年 9 月 16 日 (日曜日) Azure IaaS サービスでの SharePoint の使用に関する投稿 (http://blogs.msdn.com/b/sharepoint_jp/archive/2012/07/23/azure-vm-sharepoint.aspx) に、証明書を作成し、その証明書を csupload コマンド ライン ツールで使う方法の説明が抜けていたことが、友人の 1 人である Mike Taghizadeh (本人のたっての希望で名前を載せました) からの指摘で判明しました。同じ問題に遭遇している人がいるかもしれないので、そのプロセスをここで簡単に説明します。 はじめに、この目的のために使える証明書を作成する本当に最も簡単な方法は、Windows 7 または Windows Server 2008 以降で IIS マネージャーを開き、自己署名入りの証明書を作成することです。作成した証明書を表示するには、IIS マネージャーでサーバー名をクリックし、中央のウィンドウで [サーバー証明書] をダブルクリックします。インストール済みのすべての証明書が表示され、右側の作業ウィンドウに [自己署名入り証明書の作成] オプションが表示されます。 証明書を作成した後、証明書のエクスポートを 2 回行う必要があります。1 回は秘密キーを含めてエクスポートし、もう 1 回は秘密キーなしでエクスポートします。エクスポートを 2 回行う理由は、Azure には秘密キーなしの証明書をアップロードする必要があるからです。秘密キーを含む証明書を、Azure に接続するコンピューターの個人用証明書ストアに csupload を使って追加する必要があります。IIS マネージャーで証明書を作成すると、証明書はコンピューターの個人用ストアに配置されます。そのため、証明書をエクスポートし、独自の個人用ストアに追加する必要があります。 証明書のエクスポートは、とても簡単です。IIS マネージャーで証明書をクリックし、証明書のプロパティの [詳細]…

0