PerformancePoint でのデータの取得

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) PerformancePoint Services 2010 (PPS) は、分析ソリューションでデータを使用するためのさまざまな方法を提供します。PerformancePoint での Analysis Services キューブおよび SharePoint リストの使用法は比較的よく知られています。Office BI チームからの今後の投稿では、PerformancePoint ダッシュボードでのデータの取得と使用法について、あまり知られていない側面に焦点を当てます。 今後取り上げるトピックは次のとおりです。 Excel Services を使用して、PerformancePoint スコアカードで提供するデータを作成する。 PowerPivot を使用して、一般公開のデータ セットを PerformancePoint ダッシュボードに取り込む。 カスケード フィルターを使用してディメンション数の大きなキューブを操作する。 これ以外のトピックについて何か知りたいことがある場合や、PerformancePoint でのデータの取得と使用法について斬新なやり方のヒントとなる情報をお持ちの方は、下記フォームでご意見をお寄せください。 Dave Sherman | シニア プログラム マネージャー | Office BI これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は「Getting Data in PerformancePoint」をご覧ください。

0

Excel Services データ ソースの紹介

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) はじめに PerformancePoint 2010 の Excel Services データ ソースを利用すると、使い慣れた Excel のツールやメソッドによってデータを作成し、それらのデータを PerformancePoint スコアカードに表示できます。 Excel Services データ ソースの使い方を具体的に示すために、ここでは米国の政府財政に関する情報を示すスコアカードを作成します。このスコアカードのデータは、SharePoint ドキュメント ライブラリ内の Excel ブックに取り込まれます。 今回の例に使用するブック 今回の例のために、米国の政府財政と人口に関するデータを記載したサンプル ブックを作成しました。このサンプル ブックのデータ ソースはサイト http://www.census.gov (英語) です。このサイトから、2008 年度の米国の歳入、歳出、および人口に関する情報を含む 3 つのブックをダウンロードしました。これらの情報を 1 つのブックに統合し、”StateFinances2008″ という要約テーブルを作成しました。このテーブルには、Revenue per Person (1 人あたりの歳入)、Debt to Cash and Securities ratio (負債/現金および有価証券比率) など、いくつかの簡単な指標が含まれています。このブックは、このブログ投稿に添付してあります。 ブックを SharePoint…

0

SharePoint の PerformancePoint データ接続ライブラリとコンテンツ リスト

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) PerformancePoint を使用して BI ソリューションを構築するときに作成するすべてのアイテムは、SharePoint に格納されます。PerformancePoint データ ソースは、特別な SharePoint ドキュメント ライブラリに格納されます。PerformancePoint コンテンツは、特別な SharePoint リストに格納されます。PerformancePoint ソリューションの一部として作成されるすべてのスコアカード、KPI、指標、レポート、フィルター、およびダッシュボードは SharePoint リストに格納されます。 BI センターで SharePoint 内を調査する この調査を行うには、BI センター テンプレートを使用して新しいサイトを作成します (この手順については、「はじめに: ビジネス インテリジェンス センターの概要」をご覧ください)。新しい BI センター サイトに “データ接続” というライブラリと、”PerformancePoint コンテンツ” というリストが含まれています。このサイトのデータ接続ライブラリおよびコンテンツ リストへのリンクは、次の図のクイック起動エリアにあります。 この “データ接続” ライブラリが PerformancePoint データ ソースを格納する既定の場所、”PerformancePoint コンテンツ” リストが PerformancePoint のレポート、スコアカード、フィルター、ダッシュボード レイアウトなどを格納する既定の場所になります。 PerformancePoint…

0

PerformancePoint Server 2010 が SharePoint 統合モードのときの SQL Server “Denali” CTP3 での Reporting Services の使用

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) SQL Server チームでは、PerformancePoint Server が SharePoint 統合モードで動作しているときに、SQL Server Reporting Services レポートをレンダリングするために呼び出す Web サービスの位置を少し変更しました。このブログ投稿では、それによって生じる問題に対処し、レポートを再びレンダリングするための方法について説明します。 Denali での変更により、SQL Server Reporting Services は SharePoint 共有サービス アーキテクチャ内で動作するようになりました。これによって長期的には、このサービスの正常な稼働に責任を負う担当者がサービスをはるかに容易に管理できるようになります。この変更を受けて、PerformancePoint Server が利用する Web サービス (ReportExecution2005.asmx) の位置が変わりました。新しい位置は、他の SharePoint Web サービスと同じ _vti_bin フォルダーです。これに伴って、ダッシュボード デザイナーの [レポート サーバー URL] (Report Server URL) パラメーターでこのフォルダーを指定する必要があります。 SQL 2008 では、次のように指定していました。 http://サーバー名/ReportServer Denali では、次のように指定する必要があります。…

0

最新の情報を便利な場所で共有する

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) マイクロソフトの Office コンテンツ発行グループに所属する私達のチームでは、SharePoint Server のビジネス インテリジェンス機能に関するヘルプ コンテンツを執筆しています。このブログでは、チームのサイトやその他の便利な場所でビジネス インテリジェンス コンテンツを再利用したり共有したりする方法を説明します。 SharePoint Server 2010 になって、ビジネス インテリジェンス センターというサイト テンプレートが提供されました。これを利用すると、ビジネス インテリジェンス コンテンツを格納および整理する場所を作成して構成する、そのコンテンツに対するユーザーの権限を管理する、コンテンツの再利用可能性を高める、といったことが可能になります。 ビジネス インテリジェンス コンテンツの格納および整理 ビジネス インテリジェンス センターは、すべてのビジネス インテリジェンス コンテンツを格納して管理する中心的な場所として利用できます。ここに含まれるリストやライブラリに、以下のような特定の種類のコンテンツが格納されます。 データ接続ライブラリ。ここには、さまざまなアプリケーション (Excel Services、PerformancePoint Services、Visio Services、Reporting Services など) から使用できるデータ ソースが格納されます。 PerformancePoint コンテンツ リスト。ここには、ダッシュボード デザイナーを使用して作成されたダッシュボード アイテムが格納されます。たとえば、データ ソース、レポート、スコアカード、主要業績評価指標 (KPI)、ダッシュボード フィルター、ダッシュボード ページなどです。 ダッシュボード ライブラリ。ここには、公開されたダッシュボードが格納されます。 ドキュメント…

0

SharePoint リストから簡単な予算の KPI を作成する

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) この投稿では、おなじみの架空の会社 Litware で PerformancePoint Services を SharePoint リスト データと組み合わせて使い、簡単な “予算内の” KPI を作成する様子を順を追って見ていきます。 Litware のパーティー企画委員会では、SharePoint リストを使ってイベントにかかった費用を記録しています。企業は PerformancePoint Services を使って企業バランス スコアカードを作成しており、私たちがどうやっているのかを示す KPI を提供してほしいと要請しています。当面、私たちの KPI は保有しているデータを基礎にし、使用するルールは “予算の 100% を超えると警告” とし、”予算の 120% を超えると不可” とするというものです。後で他のソースからの情報 (たとえば、次回のゴルフ スクランブルに関する従業員予想) を KPI の定義に取り込んで、定義をより正確なものにしたり、より予測的なメトリックにしたりできます。それらの変更は KPI を使用する上位レベルのスコアカードに流れ込みます。 以下に示すのは、私たちの支出履歴リストのサンプルです。ここから KPI とスコアカードを作成することにします。 ビジネス インテリジェンスト サイト テンプレート ホームページからダッシュボード デザイナー (英語)を起動します。まず、SharePoint…

0

SharePoint をもっと活用する

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) Microsoft SharePoint Server 2010 の PerformancePoint Services (PPS) を使用すると、ビジネスの見通しを簡単かつ便利に整理して共有することができます。今後掲載される Office BI の専門家たちによるブログ投稿では、以下のトピックを深く掘り下げて解説します。 SharePoint Server 上で PPS コンテンツを効率よく整理する 最新の情報を簡単に共有する SharePoint で PPS コンテンツをすばやくプレビューする Sharepoint リストに基づいて印象的な PPS スコアカードを作成する これらのトピックに関する投稿に引き続きご注目ください。他のトピックについてもご提案がありましたら、下のコメント欄にご記入ください。   Poornima Hanumara、プログラム マネージャー | Office BI これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Better with SharePoint」をご覧ください。

0

PerformancePoint Services のカスケード フィルター

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) 多くの人々が待ち望んでいた PerformancePoint の機能、カスケード フィルターが SharePoint Server 2010 SP1 で利用可能になりました。カスケード フィルターを使ったダッシュボードの展開について詳しく検討し、その能力の一端を明らかにしてみようと思います。 カスケード フィルターの基本的な考え方は、あるフィルターの出力が別のフィルターの入力になるというものです。もう少し正確に言うと、あるフィルターで行われた選択によって、別のあるフィルターで使用できる選択が制限されるということです。通常、これは同じ階層にあるフィルターで、時間、地理、組織などです。 カスケード フィルターによるダッシュボードの設定方法を示す前に、フィルターに焦点を当てた実際的な例を紹介します。 この例では、Contoso Retail DW データベースの Sales キューブを使用し、地理 (国、州/省/都道府県、および市) ベースのフィルター カスケードを使用します。準備が整ったら、ダッシュボードのフィルター領域は次のようになります。 “States or Provinces” フィルターの選択を別の州に変更すると、”Cities” フィルターの選択肢が変化します。 “North America” フィルターの選択を変更したとしましょう。 “States or Provinces” フィルターをプルダウンした場合、カナダの州のみが表示されることがわかります。 “States or Provinces” フィルターから “North America” フィルターを切断し、再展開した場合、一覧が拡大されていることがわかります。 フィルターを “非カスケード化” することで、あるフィルターでの選択肢を別のフィルターでの選択肢に基づいて絞り込むというカスケード フィルターの利点が明確になったわけです。 それでは、このダッシュボードがどのように作成されたのかを調べると共に、レポートを追加してフィルター…

0

MSDN サンプル ギャラリーに投稿された分析レポート サンプル

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) PerformancePoint 分析レポートの 2 つの操作サンプルが MSDN で提供されました。 · PerformancePoint Services 2010: Change Analytic Report Data Source Sample (英語) を使用すると、分析レポートの対象となるデータ ソースを変更できます。 · PerformancePoint Services 2010: Save Analytic Report Sample (英語) を使用すると、ナビゲートした分析レポートのコピーを保存できます。 どちらも Visual Studio 2010 ソリューションの SharePoint 機能としてパッケージされています。 注意: これらのサンプルは、単一サーバー ファームで開発されテストされたものです。これらのサンプルは、このような単純なテスト構成では現状のままで正常に動作しますが、すべての構成において正常に動作することが保証されているわけではありません。ご使用の環境で正常に動作しない場合は、コード (おそらく .aspx.cs ファイル) を Visual Studio で編集してから機能を再展開してください。 以前に投稿された…

0

Project Server 2010 と PerformancePoint Services

原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日) 本日の投稿は、SharePoint ビジネス インテリジェンス チームのライターである Denise Stendera によるものです。Denise に感謝します。 プロジェクトの管理 SharePoint Server で Project Web App を作成すると、ビジネス インテリジェンス センターが自動的に作成されます。PerformancePoint Services が構成されている場合は、ダッシュボード デザイナーを使用してプロジェクト管理ダッシュボードを作成できます。 たとえば、次の図に示すような、プロジェクトのリソース使用率を追跡管理するダッシュボードを作成できます。 ユーザーはダッシュボード フィルターを使用して、パフォーマンスを表示する 1 つ以上のプロジェクトを選択します。するとスコアカードが更新されて、フィルターで選択した項目の情報が表示されます。たとえば、ユーザーがフィルターで 2 つの項目を選択すると、スコアカードにはそれらの項目の情報のみが表示されます。同様に、ユーザーがフィルターですべての項目を選択した場合、スコアカードにはすべてのプロジェクトの情報が表示されます。 ここでは、組織でこのようなダッシュボードを作成する方法について説明します。 このダッシュボードは、次の 3 つの手順で作成されました。 最初に、「サーバー ファーム環境に Project Server 2010 を展開する」の説明に従って、Project Server 2010 をインストールおよび構成しました。この作業の過程で、Project Web App (PWA) サイトの作成および Project Server…

0