SharePoint のハイブリッド構成のシナリオの概要


原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 10 日 (土曜日)

SharePoint 2013 ハイブリッド環境は、社内の SharePoint 2013 ファームと、新しい SharePoint Online のテナントで構成されます。この 2 つを統合することにより、2 つの環境のリソースを使って統合ソリューションを作成できるようになります。それらのソリューションは、2 つの環境でシームレスに実行されます。

SharePoint 2013 ハイブリッド環境では、次のような機能がサポートされます。

  • 検索
  • SharePoint Online から社内の SharePoint への Business Connectivity Services

SharePoint Conference 2012 が始まると、SharePoint ハイブリッド環境に関する情報と、ホワイト ペーパーとポスターをダウンロードできるリンクが、TechNet (英語) で公開されます。

SharePoint Conference 2012 のハイブリッド コンテンツ

  • SharePoint 2013 ハイブリッド環境を構成する: このホワイト ペーパーでは、シングル サインオン、ID 管理、および双方向のフェデレーション検索を使って SharePoint Server 2013 と Office 365 を統合するハイブリッド環境を構成する方法を説明しています。
  • SharePoint 2013 Business Connectivity Services Hybrid の概要: このドキュメントでは、BCS Hybrid 環境の概要と、この環境を使う理由を説明しています。この環境に含まれるコンポーネントと、ソリューションにおけるそれらの役割が紹介されているほか、BCS Hybrid ソリューションがどのように機能するのかも説明されています。
  • SharePoint 2013 Business Connectivity Services Hybrid のポスター: BCS Hybrid 環境におけるデータと認証のフローが示されている原寸大のポスターです。

お読みいただき、ありがとうございました。
Chris

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Introducing the SharePoint Hybrid Configuration Scenario」をご覧ください。


Skip to main content