分類で組織の価値を築く







原文の記事の投稿日: 2011 年 12 月 9 日 (金曜日)


SharePoint 2010 を最大限に活用するには、新しい Managed Metadata Service (英語) が必要です。このサービス、および機能豊富な企業分類のモデル化と展開に対して提供されるサポートについてよく知らない場合は、最初に Pat の過去の投稿「Introducing Enterprise Metadata Management (英語)」を参照してください。ドキュメントとコンセプトをどのようにグループ化できるかがわかれば、SharePoint インスタンスでのユーザー エクスペリエンスの実現を開始できます。企業コンテンツの整理をレベルアップすることを決定したら、ドキュメントをどのように整理するかを決定する必要があります。ラッキーなときは、SharePoint のインポート機能で用語ストアにインポートできる適切に定義された分類が既に用意されています。データの整理を始めるのに役立つものがある場合でも、既にあるサブジェクトの他のビューを利用する機能は、ユーザーのデータにより効率よくアクセスして整理する方法を見つけるのに役立ちます。組織でまだ整理を開始していない場合、分類を向上させたい場合、またはデータを比較して未対応の領域がないことを確認したい場合は、さまざまな分野と専門知識に関する構築済みの基本的な分類があります。


SharePoint チームは、Enterprise Taxonomies のリーディング プロバイダーである WAND (英語) と協力して、General Business Taxonomy を無料で利用できるダウンロード (英語)として入手可能にしています。General Business Taxonomy は、ほとんどのビジネスに存在する一般的な基本領域から構成されます。General Business Taxonomy は、SharePoint 2010 用語ストアに数分でインポートでき、用語セットの構築と Managed Metadata Service の利用を求めるお客様に優れた起点を提供します。この無料で利用できるダウンロード (英語)に加えて、WAND (英語)製品とサービス (英語)ジョブ (英語)、スキル、医療 (英語)金融 (英語)レコード保持 (英語)、法律、保険 (英語)製造 (英語)情報テクノロジ (英語)マイニング (英語)などのさまざまな分野に対応する一連の分類 (英語)を提供しています。


General Business Taxonomy を今すぐダウンロード (英語)して、分類がビジネスとユーザーにもたらすことのできる利点を探索してください。


分類とそれがビジネスにもたらす利点についてよく知らない場合は、次のサイトを参照してください。




これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Building up your Organization's Value with Taxonomy」をご覧ください。


Skip to main content