SharePoint リストから簡単な予算の KPI を作成する







原文の記事の投稿日: 2011 年 11 月 29 日 (火曜日)


この投稿では、おなじみの架空の会社 Litware で PerformancePoint Services を SharePoint リスト データと組み合わせて使い、簡単な "予算内の" KPI を作成する様子を順を追って見ていきます。


Litware のパーティー企画委員会では、SharePoint リストを使ってイベントにかかった費用を記録しています。企業は PerformancePoint Services を使って企業バランス スコアカードを作成しており、私たちがどうやっているのかを示す KPI を提供してほしいと要請しています。当面、私たちの KPI は保有しているデータを基礎にし、使用するルールは "予算の 100% を超えると警告" とし、"予算の 120% を超えると不可" とするというものです。後で他のソースからの情報 (たとえば、次回のゴルフ スクランブルに関する従業員予想) を KPI の定義に取り込んで、定義をより正確なものにしたり、より予測的なメトリックにしたりできます。それらの変更は KPI を使用する上位レベルのスコアカードに流れ込みます。


以下に示すのは、私たちの支出履歴リストのサンプルです。ここから KPI とスコアカードを作成することにします。


clip_image001


ビジネス インテリジェンスト サイト テンプレート ホームページからダッシュボード デザイナー (英語)を起動します。まず、SharePoint リスト テンプレートを使って新しいデータ接続を作成します。


clip_image002


ワークスペース ブラウザーにデータ ソースが表示されたら、それに名前を付け、サイト内の特定のリストに向けます。


clip_image003


非常に重要: 上記の設定に基づいて、PerformancePoint Services 用の無人サービス アカウント (英語)がこのリストにアクセスできる必要があります。[データ ソースのテスト] (Test Data Source) をクリックすると、これを確認できます。


データ ソースの作業が済んだので、データ ソースを SharePoint に保存します。


clip_image004


これで KPI とテスト スコアカードを作成する準備ができました。SharePoint リスト テンプレートを使って PerformancePoint コンテンツでスコアカードを作成します。それによって、KPI とテスト スコアカードの両方が作成されます。


clip_image005


次に、作成したデータ接続を選択します。それから、次の画面で KPI を追加し、実績とターゲットを表す列を選択し、後の柔軟性を考慮して [ターゲットに近い方が望ましい] (Closer to Target is Better) を選択します。


clip_image007


ウィザードの残りの部分では [次へ] をクリックして、ワークスペースに KPI とスコアカードを追加します。スコアカードが更新される限り、何があるかわかります。厳密なルールはまだ設定されていないので (前述したように、"予算の 100% を超えると警告" とし、"予算の 120% を超えると不可" としている)、この精度でドルを書式化すると手厳しい警告を受けます。


clip_image008


これらを変更するためには、KPI を編集する必要があります。ワークスペース ブラウザーで KPI を選択し、数字の書式としきい値を変更します。


clip_image010


よくなりましたね。


clip_image011


おそらく企業は KPI をスコアカードに組み込むときに、この詳細に留意しないでしょうが、個々のイベント タイトルやリスト内の他の列によって数字を分けることができます。それには、該当するフィールドをスコアカードにドラッグします。


ヒント: [ディメンション] (Dimensions) の代わりに [名前付きセット] (Named Sets) を使用しているので、SharePoint リストの新しい行は自動的にスコアカードに表示されます。


clip_image012


リボンの [編集] タブで [更新] をクリックすると、結果は次のようになります。


clip_image013


ワークスペースのスコアカードと KPI の両方を保存したら、PerformancePoint Services のスコアカード Web パーツを使って、それを SharePoint に入れることができます。私は私たちのチームで使用するためのテスト スコアカードを改良しようと思っています。また、私の仕事はここで完了したことを企業に知らせるつもりです。もっと汎用的な KPI は、http://intranet.litware.com/corp/hr/partyplanning/Lists/PerformancePoint%20Content/ で見つけることができます。


Wade Dorrell


Office BI チーム、プログラム マネージャー



これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Creating simple budget KPIs from SharePoint Lists」をご覧ください。


Skip to main content