SharePoint 2010 SAML クレーム ユーザー用の IRM






原文の記事の投稿日: 2011 年 7 月 18 日 (月曜日)


SharePoint 2010 の SAML クレーム ユーザーとの統合 IRM サポートがついに実現しました。先頃リリースされた 6 月の累積的な更新プログラム (CU) に、お待ちかねの修正が含まれています。実を言うと、これは 6 月の CU の再リリースです (第一週に最初の版を手に入れた方は、それを返却してから最新版を再度ダウンロードしてください)。お気づきでないかもしれませんが、前回、SharePoint 2010 の統合 IRM は、ほとんどのケースまったく動作せず、たとえ動作しても SAML ユーザーについて動作が確実とは言えない状態でした。多種類のユーザーと認証クレームを含むラボ環境でのテストを終えたところですが、いずれのケースでもユーザーは IRM 保護ドキュメントをダウンロードして開くことができています。ただし、一点だけ論理的な切断の可能性があることを承知しておいてください。サイトに SAML ユーザーとしてログインできても、IRM 保護ドキュメントを試しに開くとき、Windows 資格情報のセットを入力しなければなりません。それらのドキュメントのいずれかを開くとき Microsoft Office アプリケーションの標準の Web 認証ダイアログが表示されるので、Active Directory の資格情報を入力してください。前回、SAML 認証ユーザーで正常に動作しなかったのは、この基本認証プロセスのところでした。今回の修正プログラムを適用すると、SAML ユーザーについても IRM のエンドツーエンド ソリューションが正常に動作するようになります。



これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「IRM for SAML Claims Users in SharePoint 2010 is Here」をご覧ください。


Skip to main content