こだか師匠の VSUG Day セッションレポート

今日はこだかさんへのメッセージ的な感じです。   こだかさんとは、普段から仕事などでお話させていただいており、また、共通の知人も多く、いつも時間を忘れてお話をさせていただくのですが、今回は VSUG Day の感想も込めてメッセージ的な内容にしたいなと思います。   Dear こだかさん   セッションの前後でもいっぱいおしゃべりしましたが、あらためて、VSUG Dayお疲れ様でした。 前日まで高熱で倒れていたとのことでしたが、逆に鬼気迫るものがありました。 内容的には、VSTO や Open XML に携わっている私でも納得感のあるものでした。   実際の業務に結びつくデモのアイデアをいただけたと思います。   Web ページのサムネイルを持ってきて Excel にはめ込むところは SharePoint と Excel や Word を利用したカタログ作成や旅行業者などのパンフレット作成など実は様々な部分で活用できるものだと思います。   こだかさんは謙虚なので、「業務で使えるかわかりませんが。」と仰っておりましたが、とんでもございません。 立場上、様々なパートナーお客様の業務ニーズを聞いておりますが、あのデモは様々な場で利用できるものだと確信しています。   また、Open XML のテクノロジと LINQ TO XMLを利用したサンプルについては、文書の自動生成ニーズに対してこれまでマイクロソフトが対処できなかった Office 文書のサーバーサイド実用部分に紐づく内容であったと思いました。 こだかさんは「Open XML のデモは地味ですが。。。」と言われておりましたが、内容的には非常にウケるものであったと思います。 こだかさんのこの言い回しもかなりウケておりましたが(笑) あと、セッションの後のお客様の質問で、VSTO と Open XML 開発における、サーバーサイドの Office 文書生成の住み分けという内容があったかと思います。 この質問も結局は今、サーバーサイドで…

1

Word のドキュメントレベル開発における Custom XML の追加と表示

[今日のみちしるべ 第16回 やっぱ C# なんですかね。] みちしるべブログのアクセスビューを分析するとどうやら、C# のサンプルのほうがアクセスが多いのに気が付きます。 例えば、Tech-ED でお見せした Word の発注書なんかですが、VB版のほうが古くから公開しているのにも関わらず、C# 版のアクセスビューのほうが多いです。 確かにメモリの使い方とか、引数の省略とか明示的だなあとは思うのですが、Office 開発はしきいの低さが売りなので、個人的に C# は違和感を感じます。(でも、C# 自体は好きですよ。) 確かに VBA・マクロから入る人は VB かもしれませんが、.NET 開発から入る人は C# が親しみやすいでしょうね。 僕自身は元々開発者ではないので、実はどちらでもいいんです。(笑) ただ、.NET には VB から入ったことと、VBA・マクロ開発者をターゲットとしていたので、サンプル自体は VB が多いのですが、アクセスビューの分析から、C# メインでサンプルを考えたほうがいいのかもしれません。 近々、Tech-ED の最初で公開した以下も C# にしてみたいと思います。 Tech-ED で最初に見せた発注書デモの公開 [本題] 今回は Word のドキュメントレベル開発における Custom XML の追加と表示についてご紹介したいと思います。 Open XML 開発もいろいろと手法はあるのですが、 外部の XML データをそのまま取り込んで、ドキュメントに表示する手法はよく使われる開発手法かと思われます。 今回は Custom XML パーツの作成と…

1

Open XML 開発を利用したサンプル

[今日のみちしるべ 第15回 先駆けでありたい] 先駆けという言葉はよく使われるかと思うのですが、元々、軍事用語ということはご存じでしょうか。 現代では先駆者という意味で使われるケースが多いようですが、以前は戦の流れを決めるための役割を示す言葉であったようです。 初戦で流れを決めて後につなぐという大事な役割です。 僕らプリセールスもそういう役割であるのかなとつくづく思います。 商談の最後までお付き合いすることはほとんどないのですが、主に最初の段階やここぞというところで大きく流れを変える役割を持っています。 なので、商談の最初の段階で可能性がほとんど無いような場合に呼ばれるようなケースも多々あるのですが、そのような場合に大きく流れを変える役割を期待されます。 なので、あらかじめ内容が決まっている場合でも、想定されているもの以外に飛んだ場合のデモや資料の準備に時間をかけて仕込みます。 話がどこに飛んでもこちらの持って行きたい方向に持って行けるようにということですね。 これが読み通りにうまくいくと壮観です。逆に怖いくらいうまく行き過ぎると本当に怖いです。。。 その場でうまくいくと必ず次につながりますので、自分自身の役割の大事さを意識して仕事をするようにしています。 守りの姿勢で場に臨むと結構、失敗します。なぜならば、守りには次の手を考えていないからです。 逃げてしまえば、そこで終わってしまいます。 攻めにはいくつもの手が考えられますので、その場で応用が効きやすいのかなと思います。 例えば、製品説明の場ではお客さんの目線に合わせた製品の強みをおこなうことでしょうか。 攻めの姿勢でいるときには、失敗した経験(単に忘れているだけかもしれませんが。)があまり、無い気がします。 なので、準備には時間をかけ過ぎてしまいます。(だから、時間が足りないのかもしれません。) この時代に生きてはいますが、もし、僕が戦国時代に生きていたとしても先駆けを志望していたと思います。 もちろん、死ぬ確率も高いですが。。。(笑) ※こういうことを書くとこのブログは社内の人も呼んでいるので、本当に気が抜けなくなりますわー。 [本題] VSTO と Ope XML を利用したサンプルですが、以外と公開されております。 今日はその一覧についてこの場でまとめさせていただきます。 Open XML のプログラミングhttp://www.microsoft.com/japan/msdn/events/online/study/officedev/code/openxml.aspx ここは松崎さんが公開しているスクリーンキャストで、InfoPath で生成した XML を Word のドキュメントに取り込んで XML データをコマンドで編集するという内容です。 Open XML の技術要素も語られていますので、分かりやすいかと思います。 スクリーンキャストは以下です。 スクリーンキャスト Office Open XML File Formats を使った文書作成(スクリーンキャスト) http://www.microsoft.com/japan/seminar/msdn/office/screencasts/OpenXmlFileFormats/play.aspx 元々、英語版ですが、翻訳付きです。ここでは、デモを見せたあとに実際のコーディングで技術要素を説明している内容です。 字幕もあるので、分かりやすいかと思います。 Word…


Open XML SDK Version 2 (Community Technical Preview(CTP) )がリリースされています。

いよいよ、これから Office 2007 で採用されている Open XML ファイルフォーマットについて、このブログで取り扱っていこうと思います。 今まで取り扱ってこなかった理由についてですが、Open XML SDK 自体がそもそもプレビュー版であるということと、(今回のバージョンも実際はそうですが。)かなり、API やサンプルが充実してきていること、実際のリリース時(まだ、もう少し先だとは思いますが。)にそれほど、変化はないであろうということで、Open XML SDK を利用すると開発工数が格段に減るため、いろいろと情報提供していこうと思います。 [利用メリット] 最初に Open XML を利用するメリットについてですが、Open XML のテクノロジを利用することで、いろいろな可能性があります。 1. Office ドキュメントのシステム連携 Open XML ファイルフォーマットベースの Office ドキュメントを XML Web サービスを経由することで、あらゆるバックエンドのシステムと連携することが可能です。   2.  サーバーサイドにおける Office ドキュメントの自動生成 これまでもサーバーサイドで Office ドキュメントを自動生成させる多くのニーズがありましたが、Office アプリケーションのサーバーサイドプログラミングはサポートされておりませんでした。 理由はプロセス管理が原因です。複数のプロセスを起動させ、終了させるという工数があるため、可能なのですがノンサポートの領域でした。 Open XML では Office アプリケーションのプロセスを生成しなくても、ドキュメント生成が可能となります。 また、SharePoint Server のテクノロジを利用することで、Excel ファイルを Web ベースで確認することが可能です。  …