【MSDNマガジン】相互運用 API 拡張機能を使用して OBA の開発を単純化する



MSDN マガジン12月号で VSTO Power Tools を利用して OBA 開発を拡張するという記事が載っています。


この特集の意義はこのツールは便利なので、このツールの一部の使い方ご指南という感じです。


 


相互運用 API 拡張機能を使用して OBA の開発を単純化する


http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/dd263100.aspx?rss_fdn=MSDNTopNewInfo


 


内容的には拡張ライブラリが追加されておりこのライブラリを利用することでVisual Basic for Applications (VBA) Visual Basic で内部的に処理されますが、C# では内部的には処理されない引数などのパラメータやパラメータ化されたプロパティへの対処が可能になります。


要は開発がかなり楽になるということです。


 


通常の場合:


object saveFormat = Word.WdSaveFormat.wdFormatHTML;


doc.SaveAs(ref fileName, ref saveFormat,


  ref missing, ref missing, ref missing, ref missing,


  ref missing, ref missing, ref missing, ref missing,


  ref missing, ref missing, ref missing, ref missing,


  ref missing, ref missing);


 


拡張ツールを利用した場合:


doc.SaveAs(fileName, Word.WdSaveFormat.wdFormatHTML);


 


ご覧のようにかなり、コーディングが楽になります。


他にも Excel Outlook の開発の効率化が記載されておりますので、ご確認ください。

Skip to main content