Web や Windows フォームと連携したOfficeソリューション開発について


今回は VSTO の可能性ということで、Web Windows フォームと連携した使い方について少しお話ができればと思います。


昔から開発に携わっている方にはわかると思うのですが、


Active X コントロール (OCX) を利用して Web から Word Excel を開くようなアプリケーションが多々ありました。


(最近の開発者の方はあまり、ご存じないかもしれません。)


このような Web Windows ベースのアプリケーションとVSTO との組み合わせでさらに拡張したアプリケーションの開発が可能です。


 


例えば、Web では Active X を利用して、Office 側への受け渡しはサブクラスなどを利用してデータのやりとりをおこなうようなものがよい例でしょうか。


このOffice 側の部分を VSTO で代替えすることができます。


 


Web の部分は ASP.NET ベースの開発に置き換えることもできますし、Delphi ベースのアプリケーションに組み込むことも可能です。


(このDelphi VSTO を連携したパートナーソリューションが出てくる予定です。)


 


イメージとしてわかりやすいようにですが、以下は公開されている C++ Active X コントロールのサンプルと Word のアドインアプリケーションを組み合わせたものです。


(単に開いているだけで連携機能は実装しておりません。)


Web アプリケーションの中で VSTO Wordが開いています。



ActiveX 


実際に動きを試してみたい方は以下から Active X のサンプル部分をダウンロードしてご確認いただければと思います。


アイデア次第では結構、面白いものが作れると思います。


 


[SAMPLE] Visual Basic または HTML Office ドキュメントをホストする Visual C++ ActiveX コントロール


http://support.microsoft.com/kb/311765/ja

Skip to main content