ズームのプログラムからの調整について


[今日のみちしるべ第10回 てんやわんや]

Tech-ED を前にして4日間の夏休みに入っておりますが、なぜか、毎日、コードを書いています。

こんな時でないと書く時間がなく。。。

ある日は C#、ある日は VB、頭が疲れてくるともう、どっちがどっちか分かりませーん。(織田裕二のものまねをしている山本高広風で。(すみません。<m(__)m>))

自分の頭がループしています。脳みそのデバッグから始めないと。。。

あと、子供たちに一人ずつ、時間を作って出かけたりとかしており、それもまた大変です。

お台場行ったり、上野行ったり、東村山の温泉に行ったり、がんばってそれぞれの好みに応えております。

僕自身もいい気分転換になっているとは思いますが、それにしてもコードが進まない。

夏休み3日目ですが、まだ、1個半くらいしかデモができておらず、予定では新規にあと、2つ3つ作る予定なのです。が、間に合うかどうか。今週は大阪に出張もあるので、ほんとに時間が足りず。。。

愚痴ばっかりで申し訳ないので、本題に入りたいと思います。

※でも、いいデモできそうです。

[本題]

会社で質問を受けた内容で以外と使われる内容だと思うので、公開したいと思います。

Excel と Word の拡大表示機能をプログラムから操作したい場合なのですが、

以下のプロパティで変更可能です。

Excel:

Application.ActiveWindow.Zoom = 90

Word:

ActiveDocument.ActiveWindow.View.Zoom.Percentage = 90

例えば、特定の操作の際に一時的に表示の倍率を変えたりとか、

我々のデモの時には結構、これは使いますね。

このあたりは、VBA でも同様ですね。

また、Office 2003 での同様です。

必要に応じてお試しください。

※ Word は Tech-ED でも登壇される 山崎愛さんに教えていただきました。

ありがとうございました。<m(__)m>

ちなみに山崎さんのデモをチラ見しましたが、すごいです。

私の VSTO セッションのあとに見ていただければ、Office 開発の業務活用シーンがかなりイメージできると思います。

T3-402 Office SharePoint Server 2007 & Office Client 統合ソリューション構築手法

2008/8/28 11:10-12:25 RoomB

また、HOL(ハンズオンラボ) では、これらのセッションと連動した VSTO や SharePoint 開発の体験可能です。

こちらも必見です。

詳細はこちらから


Skip to main content