気軽に Web コンテンツを書くためのエディタ

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、Windows 8 リリースに向けての準備に始まり、リリースを終えて一年が終るという、私にとっては本当に Windows 8 一色の一年でした。 Windows 8 は、リリースされたとはいえ、その新しい UI 上で動作する Windows ストア アプリはまだまだ少ない状況ですので、今後も引き続き、Windows ストア アプリの開発に関する情報をお届けしていく予定です。 もちろん、Windows ストア アプリだけでなく Internet Explorer 10 や、たまには IIS8 の情報も出していければ、思っておりますのでご期待ください。   さて、年が明けて第一回めの投稿となる今回のネタですが、Windows 8 には全く関係ない、自作ツールの紹介です。 実は、3 年ほど前まで、外部のブログで、数回の記事にわけてテキスト エディタを開発し、C# と Windows デスク トップアプリケーションの作り方を学ぶ、というのをやっておりました。 そのブログは最終回の直前で、私の業務内容が変わったこともあり、そのまま中断していたのですが、先日そのブログを読んでいたという方から「最終回の記事を書いてほしい」というリクエストがあり、つい一昨日、お正月明けの勢い(?)を借りて最終回の記事を投稿した次第です。 その際に、当時作成したテキストエディタのソースを引っ張りだして来て、Visual Studio 2012 でのコンバートと、細かいコードの調整を行ったのですが、使ってみるとなかなか使い勝手がよく、ちょうど手軽に Web コンテンツを書くツールも欲しかったこともあり、その記事を投稿後に本格的に自分用に機能を追加してみた次第です。 さすが、自分用に作っただけあって、使い勝手はすこぶる良いです(笑) 使い方の紹介と、ソースコードもダウンロード可能としますので、興味のある方はそのまま使うなり改造して使うなりしてみてください。 以降は、このテキスト エディタの機能の紹介になります。 メモ帳との違い テキストの編集機能は メモ帳 とまったく変わるところはありませんが、それ以外でさまざまな変換機能、入力支援機能などが追加されています。 これら機能のほとんどは、このテキストエディタのメニュー [ツール] –…

1

CSS Nite in Ginza, Vol.58 に参加してきました

Internet Explorer に関わるようになってから Web 系のイベントに登壇することが増えてきました。 そうすると必然的に他の登壇者の方々のセッションを聞くことになるのですが、そこで気が付いたことがあります。 それは、Web 系、とくにデザインとかアクセシビリティとかのセッションが、「ものすごく面白い!」ということです。 おかげで最近は、Web でコミュニティの勉強会を調べては UST を視聴するというのがすっかり趣味になっていたのですが、「セッションとかプレゼンは生で聴いてナンボだろう」ということで、昨日は CSS Nite さんの勉強会を聴講してきました。 「CSS Nite ってなあに?」 って方は、Wikipedia の記事をご覧くださいませ。そう、Wikipedia に載っちゃうくらい、もう老舗といっても過言ではないくらいの歴史と実績のある勉強会だったりします。 CSS Nite in Ginza, Vol.58 セッションは「『ウェブデザインコーディネートカタログ』 を作って見えてきた、2011年の デザイントレンド考察」 というタイトルで、Linker さんが出版した「ウェブデザインコーディネートカタログ」で紹介されている Web サイトについて Web デザイナーである秋野さん、原さん、小山さんが 「なぜ、このサイトを選んだのか?  どこがどのように良いのか?」 という意見をいろいろと交わす、というスタイルで行われました。 Web ページで使用されている枠の色、形からフォントについてのこだわりまで、登壇者の方々のコメントの内容がいちいち深くて感心しました。 しかも、そのコメントの中には、まったくデザインには詳しくない私をも、「おぉっ!」 と思わせるサプライズやら発見があり、さらに「なるほどー」と思わせる説得力があり、終始、うんうんとうなずきながら聞いておりました。 セッション中、とにかく熱い職人魂的なものが壇上からひしひしと伝わってきて、デザイナーというのは、単なる芸術家とは違って自らの作り出すクリエイティブによって確実に結果を導き出すプロフェッショナルな職人なのだなー、とあらためて感じました。 個人的には、デザインから遠いところにいる開発者の皆さんにも、機会があればぜひ参加してみていただき、今までにない刺激を受けていただければ、と思っております。 CSS Nite は、無償のセミナーも定期的に行っておりますので、参加しやすいとおもいますよ。   さて、次はどこの勉強会にお邪魔しようかしら。 ■ 次回は前回の記事の続き、IE9 F12 開発者ツールの、さまざまな検証機能について書きます。

0

Web フォントとハートブレイク・カフェ

前回のブログ記事でお伝えしたとおり、セッションで使用するデモ用に、HTML5 + CSS3 を使った架空の喫茶店のページを作成しております。 その喫茶店の名は「ハートブレイク・カフェ」。 店のコンセプトは、「傷ついた街の天使が羽根を休める….、ということはどうでも良くて、前回の記事から、このサンプルに使用している ”いまどきの” Web 技術について紹介しております。 今日は Web フォントについて書きたいと思います。 「ハートブレイク・カフェ」のロゴは、画像ではなく  Web フォントの 「Lobster」 というフォントを指定して表示しています。 ちなみにこの「Lobster」というフォントは Windows には標準で含まれていませんが、Web フォントをサポートしている Web ブラウザーでアクセスすると、Windows はもちろん、Mac でも Linux でも「Lobster」 フォントが正しく表示されます。(※ コーヒーカップの絵は画像ですよ。)   Web フォントとは Web フォントは、クライアントにインストールされていないフォントであっても、Web からフォント提供することで、指定通りの字体の表示を行わせる技術で、CSS3 でサポートされています。(※) フォントというと、ほとんどの場合機種依存であり、異なるプラットフォームで同じ文字を表示をさせるには、形状が似たフォントを指定するなどの工夫が必要でしたが、 Web フォントを使用すると、こういった面倒はありません。 (※) 実は、Web フォントは CSS3 以前から存在しており、以前より CSS の @font-face から使用することができました。機能自体の実装もけっこう早くて、Internet Explorer では 4 の時代からサポートしていました。Web フォントの指定は CSS2.1 で廃止されていましたが、後方互換のためか多くの…

0

ビデオで見る MIX11 – THE FUTURE OF THE WEB

今月の 12 日から 14 日にかけて、マイクロソフトの Web 技術のイベント MIX11 がラスベガスにて開催されました。 MIX は、2006 年に “The Next Web Now”  をテーマとして開催された MIX06 を皮きりに毎年行なわれ、今回 6 回目を数えます。 ちなみにこの MIX というイベント名、「Adbe MAX のパクりでは?」 という声もありますが、その答えは MIX06 での Bill Gates のコメントにあるような気がします。 Bill Gates: Microsoft MIX06 Conference http://www.microsoft.com/presspass/exec/billg/speeches/2006/03-20MIX.mspx さて、今回の MIX11 では “THE FUTURE OF THE WEB” をテーマとして開催され、Internet Explorer 10 の Platform Preview 版や Silverlight 5…

0

OSS アプリで作る IIS 簡単 Web ホスティング

このブログでは以前から、IIS の管理サービスを利用して Web ホスティングサービスを行うためのリンクの紹介、プロビジョニング用のサンプルコードなどを提供させていただいていましたが、今回はそれらの機能を実現してくれる OSS (Open Source Software) アプリケーション、WebSitePabel をご紹介させていただきましょう。 WebSitePanel については以前から評判を聞いており、提供元のサイトのデモアプリを試して、なかなか良さげであるとは思っていました。 しかし、当時は WebSitePanel がシェアウェアであったこともあり、とくにインストールして実際に試してみるということまでは行っていませんでした。 ところが先日、ホスティング事業者様向けのセッション資料を作成することになり、実際にインストールして使用してみたところ、その高機能性 & 高性能にすっかりド肝を抜かれ、これはぜひ紹介しなければ、と思い立ったしだいです、はい。   WebSitePanel とは? IIS の Web 共有ホスティング機能を提供してくれる Web アプリケーションです。 Web ホスティングの機能ということで、アプリケーション ランタイム ( ASP.NET、PHP ) や、データベース ( SQL Server、MySQL) の設定はもちろんのこと、拡張モジュールを追加することで、仮想環境の設定なども行えるようになっています。 また、Web 配置ツールの機能と、マイクロソフトが提供している Web App Gallery のフィードを利用して、OSS Web アプリケーションを簡単にインストールする機能を提供しています。 こういった豊富な機能と拡張性の高さはもちろんなのですが、特筆すべきはインストールしたままの素の状態で、基本的な共有 Web ホスティングの機能が使用できるということでしょう。 WebSitePanel ではカスタマイズなどを行わなくても、Web サイトを使用するためのユーザーと、サイトを作成し、Web ホスティングのサービスをユーザーに提供することができるのです。 このように良いことずくめの WebSitePanel…

0

IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーションVer2

以前このブログでも紹介させていただいたのですが Windows Server 2008 に搭載されている IIS 7.x を使用すると、IIS Manager for Remote Administration ( IIS 管理ツール) を使用して簡単な Web ホスティングサービスをすぐに開始することができます。 分かり易くいうと、自分のサーバーの IIS 上に作成した Web サイトを貸し出すことができる ( 正しくは、”管理させることができる” ) のです。 “貸し出された” 側、つまり ユーザーは、自分のマシンの IIS 管理ツールを使用して、インターネット越しに自分に割り当てられた Web サイトを管理/運用することができます。 (※ポートの設定が必要ですが) もちろん ユーザーは FTP を使用してコンテンツのアップロードが可能ですし、ASP.NET、PHP アプリケーションの配置/実行も行えます。また自分の Web サイト独自のユーザーを作成して、ディレクトリにアクセス権を設定したりということも可能です。 非常に便利で強力な機能なのですが、貸し出すサイトが多いと、Web サイトの作成や、共有に関わる設定などなかなか手間がかかります。 そこで以前、これらの処理を自動で行うサンプルアプリケーションを公開したのですが、今回はそのバージョンアップ版です。 以下は、このアプリケーションが行う処理の順番と機能を示しており、新たに追加された機能は青字の部分になります。 インターネット インフォメーション サービスマネージャーユーザー(※以下、"IIS 管理ユーザー") を作成 Web サイト用の物理フォルダを作成 Web サイト用の物理フォルダにディスククォータ…

0