「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ(おまけ)

6 月 30 日(2013) に開催されました「Fiddler ユーザーの集い」で登壇させていただきました「今日から使う Fiddler」のフォローアップ記事の 3 回目です。 「Fiddler ってなに?」、「どう使うの?」って人はどうぞ以下の前回と前々回の記事をご覧くださいませ。 「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (1/2) 「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (2/2)   また、以下はセッションで使用したスライドです。 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今回は、前回の記事で紹介しきれなかった、Firefox Web ブラウザーのネットワークトラフィックを取得する方法についてです。     Fiddler を使用して Firefox のネットワークトラフィックをキャプチャする方法   Fiddler は 自身を Windows のデフォルト プロキシとして登録するため、この設定を使用するアプリケーションのネットワークトラフィックをキャプチャすることができます。 しかし、Firefox はWindows のデフォルト プロキシの設定を使用しないため、Fiddler だけでは Firefox のネットワークトラフィックをキャプチャすることはできません。 そのため Firefox については、そのネットワークトラフィックをキャプチャするためのアドオンが用意されています。   FireHook FireHook は、Fiddler…

0

「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (2/2)

6 月 30 日 (2013) に「Fiddler ユーザーの集い」 で 登壇させていただきました「今日から使う Fiddler」というセッションのフォローアップの第二回目記事です。 Fiddler とはなにか? 入手先などについては、前回のこちらの記事の内容をご参照ください。 当日使用したスライドは以下になります。 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今回は Web セッションの内容を調べるためのタブ付きビューの各タブについて紹介していきます。     トラフィックの確認 Fiddler でキャプチャした Web セッションの内容を確認するには、目的に合わせタブ付きビューの各タブを使用します。 タブ付きビューに既定で表示される各タブの内訳は以下のとおりです。 以降は各タブの役割について紹介していききます。     Statistics タブ Statistics タブは Web セッションの基本情報を表示します。 クライアントの接続数であるとかバイト数であるとか、接続に関する情報が一覧となって表示されます。   画面下の Show Chart をクリックすると、選択されている Web セッションの容量を占めるヘッダーと本体の割合が円グラフで表示されます。     Filters タブ Filters キャプチャした Web…

0

「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (1/2)

先月、日本オライリーさんの 「実践 Fiddler」 という書籍の監訳のお手伝いをさせていただきました関係で、6 月 30 日 (2013) に「Fiddler ユーザーの集い」 で 「今日から使う Fiddler」というタイトルで、セッションを持たせていただきました。 内容は、初学者が Fiddler を使い始めるめの基本的なものとなっており、エキスパートな方々には少々物足りなかったかもしれません。 さて、スライドをシェアしたものの、ほとんどがデモで構成されたセッションなので、きっとスライドを見てもわけわからんだろうということで、フォローアップの記事を書いておきます。(長いので 2 回にわけます) 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今日から使う Fiddler この記事ではセッションの内容の抜粋を紹介していきます。   Fiddler とは 無償の HTTP 専門のネットワークキャプチャツールで、Web をプロトコルレベルでデバッグする際に使用します。 もうちょっとわかりやすく説明すると、通常我々が見ている Web というものは、HTTP、HTTPS というプロトコル (通信規約) によってデータのやり取りがなされています。 これら HTTP で Web サーバーから送られた情報は Web を見るための道具である Web ブラウザーによって人間が理解しやすいように Web ページとして表現されます。 しかし、このやりとりされるデータに問題があると、Web ブラウザーで正しく Web…

0

気軽に Web コンテンツを書くためのエディタ

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、Windows 8 リリースに向けての準備に始まり、リリースを終えて一年が終るという、私にとっては本当に Windows 8 一色の一年でした。 Windows 8 は、リリースされたとはいえ、その新しい UI 上で動作する Windows ストア アプリはまだまだ少ない状況ですので、今後も引き続き、Windows ストア アプリの開発に関する情報をお届けしていく予定です。 もちろん、Windows ストア アプリだけでなく Internet Explorer 10 や、たまには IIS8 の情報も出していければ、思っておりますのでご期待ください。   さて、年が明けて第一回めの投稿となる今回のネタですが、Windows 8 には全く関係ない、自作ツールの紹介です。 実は、3 年ほど前まで、外部のブログで、数回の記事にわけてテキスト エディタを開発し、C# と Windows デスク トップアプリケーションの作り方を学ぶ、というのをやっておりました。 そのブログは最終回の直前で、私の業務内容が変わったこともあり、そのまま中断していたのですが、先日そのブログを読んでいたという方から「最終回の記事を書いてほしい」というリクエストがあり、つい一昨日、お正月明けの勢い(?)を借りて最終回の記事を投稿した次第です。 その際に、当時作成したテキストエディタのソースを引っ張りだして来て、Visual Studio 2012 でのコンバートと、細かいコードの調整を行ったのですが、使ってみるとなかなか使い勝手がよく、ちょうど手軽に Web コンテンツを書くツールも欲しかったこともあり、その記事を投稿後に本格的に自分用に機能を追加してみた次第です。 さすが、自分用に作っただけあって、使い勝手はすこぶる良いです(笑) 使い方の紹介と、ソースコードもダウンロード可能としますので、興味のある方はそのまま使うなり改造して使うなりしてみてください。 以降は、このテキスト エディタの機能の紹介になります。 メモ帳との違い テキストの編集機能は メモ帳 とまったく変わるところはありませんが、それ以外でさまざまな変換機能、入力支援機能などが追加されています。 これら機能のほとんどは、このテキストエディタのメニュー [ツール] –…

1

ライブコーディングを補助するためのツール

早いもので、もう 2011 年も終わりですね。 年末年始になると新年会や忘年会、クリスマス・パーティーというように、何かと集まりごとが増え、おのずとライブ・コーディングを披露する機会も多くなってくると思います。 マイクロソフトでは、Visual Studio や Expression Web といった、HTML と JavaScript、およびCSS に対し強力な入力支援機能を持った製品をリリースしておりますので、それらを使用してライブ・コーディングを行うぶんにはそれほど苦労することはないでしょう。 しかし、現在の WebMatrix(※) や、テキストエディターでコーディングを行おうとすると、自力でコードをタイプしていく必要があります。 (※) WebMatrix 2 からは HTML5, CSS, JavaScritp に入力支援機能(インテリセンス)が提供されます。 タイプのスピードが猛烈に早く、技芸と呼べるほどの速度でコードを記述することができるのであれば、観客を退屈させずに済むでしょうが、そういった芸当は誰にでもできるというわけではありません。 また、そういたタイプの達人といえども SVG や Canvas で使用する数値データを、ミスすることなく短時間で記述していくことはほぼ不可能といってよいでしょう。 そういった問題にある程度の解決策を提供すべく、簡単な入力支援用のツールを作成しましたのでシェアさせていただきます。 ちなみに、このツールは、先日「HTML5 プログラミング生放送勉強会 第11回@大阪」に登壇させていただく際、デモで使用する MebNatrix2 のコードスニペット プラグインが、β 段階のためか、動作しなくなってしまい、同様の機能を持ったツールを、大阪行きの新幹線の中で作成したものに設定機能を追加したものです。 名前は特にありませんが、ここで「スニペットツール」という表記を使用してアプリケーションの機能説明を行いたいと思います。   スニペットツールについて スニペットツールは、アプリケーションのメニューを介して、あらかじめ用意しておいたテキストファイルの内容をクリップボードにコピー、または、任意のアプリケーションのエディター画面に貼り付けを行うものです。 スニペットツールが Window ハンドルを取得することのできるアプリケーションであれば、アプリケーションに対し貼り付けを行うことができます。 Windows ハンドルが取得できない場合は、クリップボードにデータを送ったままにしますので、アプリケーション側で貼り付けを行うことができます。   ダウンロードは以下から行ってください。   実行ファイルと設定ファイルのみ ソースコード (※) Windows 7…

2

MS SQL Server のデータベースを操作する PHP アプリを自動生成するツール

私のブログのアクセス解析結果を見ると、PHP コードから MS SQL Server に接続したいというニーズがかなりあるようです。 このブログでは以前に、PHP コードから MS SQL Server に接続するコードを紹介させていただきましたが、今回は一歩進んで (?) MS SQL Server のデータベースに対して、CRUD (Create, Read, Update, Delete) 機能を備えた PHP アプリケーションを自動生成してくれるツール SQL CRUD Application Wizard for PHP を紹介させていただきます。 SQL CRUD Application Wizard for PHP http://sqlcrudphpwizard.codeplex.com/ このツールについては、PHP on Windows ガイドライン の 4 章でも紹介しているのですが、ガイドラインでは概要の紹介のみにとどまっているので、この記事では、実際に PHP アプリケーションを出力するまでの手順を紹介させていただきます。   SQL CRUD Application Wizard for PHP による…

0