Facebook や Twitter で紹介した、開発に役に立ちそうなリンク集(2014年 10~11月編)

Facebook や Twitter(@osamum_MS) でシェアした開発に役立ちそうなリンクなどを、せっかくだかに毎月まとめていこう、と思ったものの、暇がなくて二か月まとめての投稿です。 前回作ってみたら、個人的には意外なほど役に立ちました。昨今は覚えきれないほどの情報に接しているので、こういうの作っておくといいかもしれません。 リンク先はさまざまにサイトにわたるので、時間の経過とともにリンク切れになるかもしれませんが、何卒ご了承くださいませ。   Internet Explorer 関連 Internet Explorer and the Windows 10 Technical Preview http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2014/10/01/internet-explorer-and-the-windows-10-technical-preview.aspx Windows10 Technical PreviewにおけるInternetExporerの記事が投稿されておりますよ。 バージョン別セキュリティ既定値一覧表 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/cc844005#tbl2_ie9ie10 InternetExplorer のバージョン別セキュリティ既定値一覧表。 社内システムが利用しているIEをバージョンアップした場合、強化されたセキュリティ設定によって使用できていた機能が動かなくことがあるので、これを見て確認。 Dev Feedback on Windows Platform Development https://wpdev.uservoice.com/forums/257854-internet-explorer-platform Internet Explorer 専用の Feedback ページができましたよ。 「こんな機能つけてよ~」っていう要望も可。 Web 開発者の皆様からの建設的なご意見をお待ちしております Enterprise Site Discovery Toolkit for IE11 を発表 http://blogs.msdn.com/b/ie_ja/archive/2014/10/29/announcing-the-enterprise-site-discovery-toolkit-for-ie11.aspx IEブログ(本家)にInternetExplorer11の新しい機能が発表されてる! Making it easier for…


気軽に Web コンテンツを書くためのエディタ

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、Windows 8 リリースに向けての準備に始まり、リリースを終えて一年が終るという、私にとっては本当に Windows 8 一色の一年でした。 Windows 8 は、リリースされたとはいえ、その新しい UI 上で動作する Windows ストア アプリはまだまだ少ない状況ですので、今後も引き続き、Windows ストア アプリの開発に関する情報をお届けしていく予定です。 もちろん、Windows ストア アプリだけでなく Internet Explorer 10 や、たまには IIS8 の情報も出していければ、思っておりますのでご期待ください。   さて、年が明けて第一回めの投稿となる今回のネタですが、Windows 8 には全く関係ない、自作ツールの紹介です。 実は、3 年ほど前まで、外部のブログで、数回の記事にわけてテキスト エディタを開発し、C# と Windows デスク トップアプリケーションの作り方を学ぶ、というのをやっておりました。 そのブログは最終回の直前で、私の業務内容が変わったこともあり、そのまま中断していたのですが、先日そのブログを読んでいたという方から「最終回の記事を書いてほしい」というリクエストがあり、つい一昨日、お正月明けの勢い(?)を借りて最終回の記事を投稿した次第です。 その際に、当時作成したテキストエディタのソースを引っ張りだして来て、Visual Studio 2012 でのコンバートと、細かいコードの調整を行ったのですが、使ってみるとなかなか使い勝手がよく、ちょうど手軽に Web コンテンツを書くツールも欲しかったこともあり、その記事を投稿後に本格的に自分用に機能を追加してみた次第です。 さすが、自分用に作っただけあって、使い勝手はすこぶる良いです(笑) 使い方の紹介と、ソースコードもダウンロード可能としますので、興味のある方はそのまま使うなり改造して使うなりしてみてください。 以降は、このテキスト エディタの機能の紹介になります。 メモ帳との違い テキストの編集機能は メモ帳 とまったく変わるところはありませんが、それ以外でさまざまな変換機能、入力支援機能などが追加されています。 これら機能のほとんどは、このテキストエディタのメニュー [ツール] –…

1

NLB 環境における IIS7.x の共有構成について

IIS7.x の共有設定について先日のブログの記事で、ネットワーク負荷分散の方法として Windows Server 2008 の ネットワーク負荷分散 ( NLB ) 機能のリンクを紹介したのですが、肝心の IIS の共有設定について紹介しておりませんでしたので、取り急ぎリンクを掲載させていただきます。 TechNet – 『共有構成』 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff454006.aspx さて、上に紹介した IIS の共有設定の内容についてなのですが、これらについて検証、作業する場合は、必ず C:\windows\system32\inetsrv\config 以下の全ての *.config ファイルのバックアップコピーを取得しておいてください。 実は私、このドキュメントの翻訳監修作業中に設定を誤り、IIS が二度と起動しくなるという事態に陥ったことがあるのです。 しかも通常であれば、IIS のみを入れなおせば、正常に戻るはずですが、このときは、IIS を役割から削除し、残った設定ファイル類を手動で削除しても元にもどすことはできず、結局 OS を入れなおす ( というか、バックアップしてあった vhd に戻す ) という手順が必要になりました。   おまけ : 共有構成における ASP.NET アプリケーション配置の注意点 NLB を使用して、リクエストを複数の Web サーバーに負荷を分散させた場合、コンテンツのメンテナンスの工数を削減するためにコンテンツをネットワーク共有上に配置するという方法がとられることも多いと思います。 この方法、HTML や jpeg といった静的なファイルに関してはさほど問題にはなりませんが、ASP.NET アプリケーションについてはその仕組み上、あまりお薦めできません。 なぜなら .NET アプリケーションでは、マネージド…


IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーションVer2

以前このブログでも紹介させていただいたのですが Windows Server 2008 に搭載されている IIS 7.x を使用すると、IIS Manager for Remote Administration ( IIS 管理ツール) を使用して簡単な Web ホスティングサービスをすぐに開始することができます。 分かり易くいうと、自分のサーバーの IIS 上に作成した Web サイトを貸し出すことができる ( 正しくは、”管理させることができる” ) のです。 “貸し出された” 側、つまり ユーザーは、自分のマシンの IIS 管理ツールを使用して、インターネット越しに自分に割り当てられた Web サイトを管理/運用することができます。 (※ポートの設定が必要ですが) もちろん ユーザーは FTP を使用してコンテンツのアップロードが可能ですし、ASP.NET、PHP アプリケーションの配置/実行も行えます。また自分の Web サイト独自のユーザーを作成して、ディレクトリにアクセス権を設定したりということも可能です。 非常に便利で強力な機能なのですが、貸し出すサイトが多いと、Web サイトの作成や、共有に関わる設定などなかなか手間がかかります。 そこで以前、これらの処理を自動で行うサンプルアプリケーションを公開したのですが、今回はそのバージョンアップ版です。 以下は、このアプリケーションが行う処理の順番と機能を示しており、新たに追加された機能は青字の部分になります。 インターネット インフォメーション サービスマネージャーユーザー(※以下、"IIS 管理ユーザー") を作成 Web サイト用の物理フォルダを作成 Web サイト用の物理フォルダにディスククォータ…


Web サイト共有サービスでの DB 機能提供の実装

以前のブログの記事で公開しました IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーション について、以下の機能を追加する予定でおります。 1. ディスククォータの制御 2. ファイルスクリーン機能の実装 3. データベースとデータベースの管理ユーザー作成 1 と 2  の機能については、すでにこのブログでサンプルとしてコードをご紹介しましたが、今回は 3 の "データベースとデータベースの管理ユーザー作成" 機能について書きます。   この機能の目的 "IIS の共有 Web ホスティングサービスと、データベースが何の関係が?" と、思われるかもしれませんが、はい、実は機能的にはまったく何の関係もございません。 この機能を実装する意図は、共有サービスを利用する管理ユーザーに、ある程度自由に使用できるデータベースの機能を提供することです。 たとえば、Web サイトには静的なコンテンツだけでなく、アプリケーションも配置されることが多々ありますが、それらアプリケーションの多くはデータベースを使用します。 それらデータベースの作成を、セキュリティとリソースの配分をコントローラブルに行えるようにすることが今回の実装の目的です。 ということで、今回のサンプルコードは以下の要件で作成しています。 ターゲットとなるのは SQL Server (MySQL はよく知らないので) ユーザーアカウントを作成し、指定されたデータベースのみアクセス権(db_ower)を与える データベースはユーザーが DL 可能とするためファイル形式で作成する データベースのサイズ(初期/増分/最大)を指定可能とする 以上の要件を踏まえて書いてみたのが以下の SQL 文です。 –データベースを作成 CREATE DATABASE contoso ON (NAME = contoso_dat,   FILENAME…


おまけ:NTFS クォータエントリを設定するコード

現在、Tech days 2010 の準備と並行して、IIS TechCenter 向けに和訳された IIS.NET ドキュメントの監修作業を行っています。 そこで WMI でなく、DiskQuotaTypeLibrary (dskquota.dll) を使用したサンプルコードの載ったページを見つけたので、一足早く紹介させていただきます。 ココです↓ 『Provisioning Sample in C#』 http://learn.iis.net/page.aspx/285/provisioning-sample-in-c/ ただ一つ、非常に残念なことには、ここに掲載されているクォータのサンプルコード、AddUserDiskQuota メソッドは動作しません…Orz。 なぜなら DiskQuotaControlClass のインスタンスを取得するのに使用している GetDiskQuotaControl メソッドは DiskQuotaTypeLibrary に無いからです。 この GetDiskQuotaControl メソッドがこの地球上にどこかに本当に存在するか否かは別として、以下のようにインスタンスを取得するように記述しなおすことで、このサンプルコードは正常に動作するようになります。 DiskQuotaControlClass diskQuotaCtrl = GetDiskQuotaControl(diskVolume); ↓ 以下のように変更 DiskQuotaControlClass diskQuotaCtrl = new DiskQuotaControlClass(); diskQuotaCtrl.Initialize(diskVolume, true); 修正した AddUserDiskQuota メソッドの全体のコードは以下の通りです。 using DiskQuotaTypeLibrary; //windows\system32\dskquota.dll を参照設定 public static bool AddUserDiskQuota(string…


コードによるディスククォータの設定

先日のブログの記事で、IIS7.x Web サイト共有ホスティングサービスのための、プロビジョニング用のサンプルアプリケーションを公開させていただきましたが、早速アップデートの準備を進めています。 次のアップデートでは、以下の機能の追加を予定しております。 1. ディスククォータの制御2. ファイルスクリーン機能の実装3. データベースとデータベースの管理ユーザー作成 その中から、今回はディスク クォータの制御をどのように実装するかについて書きたいと思います。 Windows Server の 2 種類のクォータ機能 Windows におけるディスク クォータの機能は、Windows 2000 で NTFS ディスク クォータが初めて搭載され、Windows Server 2003 R2 からは、ファイルサーバー リソース マネージャー (FSRM) が提供する、記憶域によるクォータ機能が追加されました。 この二つのクォータの機能の違いはなにかというと、NTFS ディスク クォータは、ユーザーアカウント、セキュリティグループに対しディスクの使用量を制御するのに対し、 FRMS が提供するクォータの機能は、フォルダごと、ドライブごとに、個別に使用量を設定することができます。 ちなみに前者の NTFS ディスククォータは、Windows XP,Vista, 7 などのクライアント OS にも付属していますが、FSRM はサーバー OS のみに付属します。 この 2 つのディスククォータの具体的な使用方法については、以下のドキュメントをご参照ください。 [HOWTO] Windows Server 2003 のディスククォータを使用してディスク容量とディスクの使用を管理する方法』 http://support.microsoft.com/kb/326212/ja (※)…


IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーション

先日行われました、弊社パートナー ホスティング事業者様向けイベント向けに、セッションのデモで使用するサンプルアプリケーションを作成しました。 同イベントでの私のセッションは、体調 & マシン環境が万全でなく、トラウマになりそうなくらいの出来の悪さだったわけですが(笑、って、笑いごとではありませんが。。)、サンプルアプリケーションはちゃんと動作するのでここでご紹介させていただきます。 このサンプルアプリケーションは、IIS7.x の新機能である IIS 管理サービスを使用した簡単な 共有 Web ホスティングを行う際にプロビジョニングを行うものです。 具体的には以下の仕事をしてくれます。 インターネット インフォメーション サービスマネージャーユーザー(※以下、"IIS 管理ユーザー") を作成 Web サイト用の物理フォルダを作成 アプリケーションプールの作成 Web サイトの作成 作成した Web サイトに FTP をバインド 作成した Web サイトに、作成した IIS 管理ユーザーを管理者として登録 PHP ランタイムの設定 (※) ※Windows フォーム版のアプリケーションのみ実装。Web 版は UI の実装が間に合わず。 この処理が完了すると、ユーザーは、クライアントマシンにインストールされた IIS マネージャーから、作成された IIS 管理ユーザーアカウントを使用して、同じく作成された自分の管理可能な Web サイトに直接アクセスして管理することが可能になるのです。 ちなみにサンプルアプリケーションの画面はこんな感じです。 登録が完了すると、IIS マネージャーを使用して Web サイトに接続する手順が表示されます。 以前も書きましたが、IIS 管理サービスはポートを任意に指定可能で、かつ…


[IIS7].NET ユーザー作成時に"SQL Server のユーザーインスタンスを生成できませんでした" エラーの回避方法

Thech Ed 2009 にむけて、セッションで使用するデモ環境を作成しております。 本日、IIS7 サイトに .NET フォーム認証を適用すべく IIS 管理ツールから ".NET ユーザー" の作成を行おうとしたところ以下のエラーが発生。。 ユーザーインスタンスのプロセス起動中のエラーにより、SQL Server のユーザー インスタンスを生成できませんでした。接続は閉じられます。 原因と対処策はすでに分かっているのですが、以前それを知るまで大変苦しんだので、ここに載せておこうとおもいます。 回避策の前に、問題の発生した環境を簡単に紹介。 環境 OS Windows 7 (64 bit) Visual Studio 2008 SQL Server 2005 Express を削除して 2008 Express Edition をインストール アカウント  administrator キモとなるのは "SQL Server 2005 Express を削除して、SQL Server 2008 Express Edition" をインストールしたというところです。 他のバージョンとエディションがどうなのか検証していないのでわかりませんが、この SQL Server 2005 Express…