「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ(おまけ)

6 月 30 日(2013) に開催されました「Fiddler ユーザーの集い」で登壇させていただきました「今日から使う Fiddler」のフォローアップ記事の 3 回目です。 「Fiddler ってなに?」、「どう使うの?」って人はどうぞ以下の前回と前々回の記事をご覧くださいませ。 「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (1/2) 「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (2/2)   また、以下はセッションで使用したスライドです。 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今回は、前回の記事で紹介しきれなかった、Firefox Web ブラウザーのネットワークトラフィックを取得する方法についてです。     Fiddler を使用して Firefox のネットワークトラフィックをキャプチャする方法   Fiddler は 自身を Windows のデフォルト プロキシとして登録するため、この設定を使用するアプリケーションのネットワークトラフィックをキャプチャすることができます。 しかし、Firefox はWindows のデフォルト プロキシの設定を使用しないため、Fiddler だけでは Firefox のネットワークトラフィックをキャプチャすることはできません。 そのため Firefox については、そのネットワークトラフィックをキャプチャするためのアドオンが用意されています。   FireHook FireHook は、Fiddler…


「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (2/2)

6 月 30 日 (2013) に「Fiddler ユーザーの集い」 で 登壇させていただきました「今日から使う Fiddler」というセッションのフォローアップの第二回目記事です。 Fiddler とはなにか? 入手先などについては、前回のこちらの記事の内容をご参照ください。 当日使用したスライドは以下になります。 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今回は Web セッションの内容を調べるためのタブ付きビューの各タブについて紹介していきます。     トラフィックの確認 Fiddler でキャプチャした Web セッションの内容を確認するには、目的に合わせタブ付きビューの各タブを使用します。 タブ付きビューに既定で表示される各タブの内訳は以下のとおりです。 以降は各タブの役割について紹介していききます。     Statistics タブ Statistics タブは Web セッションの基本情報を表示します。 クライアントの接続数であるとかバイト数であるとか、接続に関する情報が一覧となって表示されます。   画面下の Show Chart をクリックすると、選択されている Web セッションの容量を占めるヘッダーと本体の割合が円グラフで表示されます。     Filters タブ Filters キャプチャした Web…


「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (1/2)

先月、日本オライリーさんの 「実践 Fiddler」 という書籍の監訳のお手伝いをさせていただきました関係で、6 月 30 日 (2013) に「Fiddler ユーザーの集い」 で 「今日から使う Fiddler」というタイトルで、セッションを持たせていただきました。 内容は、初学者が Fiddler を使い始めるめの基本的なものとなっており、エキスパートな方々には少々物足りなかったかもしれません。 さて、スライドをシェアしたものの、ほとんどがデモで構成されたセッションなので、きっとスライドを見てもわけわからんだろうということで、フォローアップの記事を書いておきます。(長いので 2 回にわけます) 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今日から使う Fiddler この記事ではセッションの内容の抜粋を紹介していきます。   Fiddler とは 無償の HTTP 専門のネットワークキャプチャツールで、Web をプロトコルレベルでデバッグする際に使用します。 もうちょっとわかりやすく説明すると、通常我々が見ている Web というものは、HTTP、HTTPS というプロトコル (通信規約) によってデータのやり取りがなされています。 これら HTTP で Web サーバーから送られた情報は Web を見るための道具である Web ブラウザーによって人間が理解しやすいように Web ページとして表現されます。 しかし、このやりとりされるデータに問題があると、Web ブラウザーで正しく Web…


IISで、ホストヘッダーによるバーチャルドメインでSSLを使用するには?

ちょっと前にお客様からいただいた質問で以下のようなものがありました。 IIS7.0 で ホストヘッダーを使用したバーチャルドメインの運用を https で対応は可能か? Windows 2003 までは未対応だったが、Windows 2008 R2 ではどうか? はい。可能です。しかし、厳密にいうと仕組み上できません。 なにを言ってるんだ? と思われるかもしれませんが、この問題はそう単純ではありません。 バーチャルドメインと呼ばる、一つの IP アドレスで複数のホスト名のサービスを提供する方法として、HTTP 1.1 で使用されているのがホストヘッダーを利用するものです。 この方法では、Web サーバーは、クライアントからの HTTP リクエスト内の "Host:" フィールドに記載されているホスト名をもとに Web サイトを判定し、レスポンスを切り替えます。 しかし、HTTPS で通信を行う場合、Web サーバーは SSL 通信を開始するにあたり、まず 最初にサーバー証明書をクライアントへ送ります。 そのため、その後クライアントから送られる HTTP リクエスト中に、別のホスト名が書いてあったとしても、すで遅く、別のホスト名での証明書が発行されているため"証明書とホスト名が一致しない" という旨の警告がブラウザに表示されます。 このような動作につき、標準的な Web サーバーで、"ホストヘッダー だけ" を使用して HTTPS の バーチャルドメインの運用はできません。 しかし、現在においては、 RFC 3546 に記載されている、Transport Layer Security (TLS) Extensions という仕様を使用して(しゃれではありません:-)…