「Fiddler ユーザーの集い」フォローアップ (1/2)

先月、日本オライリーさんの 「実践 Fiddler」 という書籍の監訳のお手伝いをさせていただきました関係で、6 月 30 日 (2013) に「Fiddler ユーザーの集い」 で 「今日から使う Fiddler」というタイトルで、セッションを持たせていただきました。 内容は、初学者が Fiddler を使い始めるめの基本的なものとなっており、エキスパートな方々には少々物足りなかったかもしれません。 さて、スライドをシェアしたものの、ほとんどがデモで構成されたセッションなので、きっとスライドを見てもわけわからんだろうということで、フォローアップの記事を書いておきます。(長いので 2 回にわけます) 今日から使う Fiddler from Osamu Monoe   今日から使う Fiddler この記事ではセッションの内容の抜粋を紹介していきます。   Fiddler とは 無償の HTTP 専門のネットワークキャプチャツールで、Web をプロトコルレベルでデバッグする際に使用します。 もうちょっとわかりやすく説明すると、通常我々が見ている Web というものは、HTTP、HTTPS というプロトコル (通信規約) によってデータのやり取りがなされています。 これら HTTP で Web サーバーから送られた情報は Web を見るための道具である Web ブラウザーによって人間が理解しやすいように Web ページとして表現されます。 しかし、このやりとりされるデータに問題があると、Web ブラウザーで正しく Web…