IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーションVer2

以前このブログでも紹介させていただいたのですが Windows Server 2008 に搭載されている IIS 7.x を使用すると、IIS Manager for Remote Administration ( IIS 管理ツール) を使用して簡単な Web ホスティングサービスをすぐに開始することができます。 分かり易くいうと、自分のサーバーの IIS 上に作成した Web サイトを貸し出すことができる ( 正しくは、”管理させることができる” ) のです。 “貸し出された” 側、つまり ユーザーは、自分のマシンの IIS 管理ツールを使用して、インターネット越しに自分に割り当てられた Web サイトを管理/運用することができます。 (※ポートの設定が必要ですが) もちろん ユーザーは FTP を使用してコンテンツのアップロードが可能ですし、ASP.NET、PHP アプリケーションの配置/実行も行えます。また自分の Web サイト独自のユーザーを作成して、ディレクトリにアクセス権を設定したりということも可能です。 非常に便利で強力な機能なのですが、貸し出すサイトが多いと、Web サイトの作成や、共有に関わる設定などなかなか手間がかかります。 そこで以前、これらの処理を自動で行うサンプルアプリケーションを公開したのですが、今回はそのバージョンアップ版です。 以下は、このアプリケーションが行う処理の順番と機能を示しており、新たに追加された機能は青字の部分になります。 インターネット インフォメーション サービスマネージャーユーザー(※以下、"IIS 管理ユーザー") を作成 Web サイト用の物理フォルダを作成 Web サイト用の物理フォルダにディスククォータ…

0

IIS7 Web サイト共有ホスティングのためのプロビジョニング用サンプルコード

前回のブログに書いた通り、ホスティング事業者様向けのイベントに向けて、エンドユーザーに IIS7 の Web サイトを管理させるためのプロビジョニング用を作成しています。 セットアップ用のコンテンツはまだ書いていませんが、コードができたのでご紹介しましょう。 このコードは以下の処理を行うためのものです。 1. IIS マネージャーユーザーアカウントを作成 2. Web サイト用の物理フォルダを作成 3. Web (HTTP) サイトを作成 4. 作成した Web サイトに FTP をバインド 5. 作成した Web サイトの [IIS マネージャーのアクセス許可] に作成したIIS マネージャーユーザーアカウントを登録 この一連の処理が完了すると、エンドユーザーは、IIS マネージャーを使用して、指定した自分の Web サイトに、指定した IIS マネージャーユーザーアカウント情報でログインし、Web サイトの管理を行えるようになります。 またコンテンツの更新などは FTP を使用して行えます。 もちろん、サーバー側でしっかり設定しておけば、ユーザーに任意で ASP.NET や、PHP のアプリケーションを実行させることが可能です。 これらの処理を完全に行わせるのは、プログラミングのコードだけではなくて、サーバーの設定も必要ですが、今回は前述の 5 つの機能を実行するサンプルコードのみをご紹介します。 なお、サンプルはクラスライブラリのものですので、そのままでは実行できませんので、適宜アプリケーションに組み込み、管理者アカウントで実行してみてください。 サンプル(C#) : IishostingHepler クラスの定義 using System;…

0