Visual Studio 2012 から新しく追加された HTML + JavaScript 入力支援機能

Windows ストア アプリの開発は HTML + JavaScript でも行えるため、これまで Visual Studio を使ったことがない、という開発者の方も多いでしょう。 そういった方々のために Visual Studio の機能概要についてしばらく紹介していきます。 ここまでの記事は以下になりますので、これから Visual Studio を使ってみようか、という方はぜひ以下の記事もご覧ください。 Visual Sudio 2012 の基本的な HTML + JavaScript の入力支援機能 Visual Sudio 2012 の Windows ストア アプリと Web コンテンツの基本的なデバッグ機能   前回までは、それまでのバージョンの Visual Studio から引き継がれてきた基本的かつ特徴的ともいえる HTML + JavaScript の入力支援機能と、デバッグ機能について紹介してきました。 ここからは、Visual Studio 2012 から追加された新しい機能について紹介していきます。 今回は、HTML と JavaScript、CS の入力支援機能についてです。   Visual Studio…


Visual Sudio 2012 の Windows ストア アプリと Web コンテンツの基本的なデバッグ機能

前回に引き続き、これから Visual Studio を使用されるという人向けに、今回は、以前のバージョンから引き継がれた Windows ストア アプリと Web コンテンツ用の基本的なデバッグ機能について紹介します。   JavaScript のデバッグ機能 ソフトウェアの開発ツールである Visual Studio は、サポートする開発言語について強力なデバッグ機能を提供しており、JavaScript も例外ではありません。 プログラムの実行を任意の箇所で中断し、1 ステップずつの実行や変数の中身の確認、関数の場合はどの順序でどう呼ばれたかなどの情報を視覚的に確認することができます。 ここではこれら JavaScript コードのデバッグ機能について紹介します。   ブレークポイント Visual Studio では、JavaScript コードの任意のステップに停止位置を設け、実行を中断させることができます。 この機能をブレークポイントといいます。 JavaScript コードにブレークポイントを設定するには、以下の方法があります。 JavaScript コード中の任意の位置にカーソルを移動し、 Visual Studio のメニュー [デバック] – [ブレークポイントの設定/解除] を選択 キーボードの [F9] キーを押下 エディタ画面の左端の灰色の部分をクリック ブレークポイントが設定されると、実行の集団箇所が赤くマークされます。 (ブレークポイントを設定したところ)   ブレークポイントを使用したデバッグを開始するには、Visual Studio のメニュー [デバッグ] – [デバッグ 開始] を選択するか、キーボードの…


Visual Sudio 2012 の基本的な HTML + JavaScript の入力支援機能

Windows ストア アプリの開発は HTML + JavaScript でも行えるため、これまで Visual Studio を使ったことがない、という開発者の方にお会いすること機会があります。 そういった方々は、Windows ストア アプリの開発にあたり、頑張っていちから Visual Studio 2012 を学習して使用されているのかと思いきや、それまで Web 制作に使用されていたエディタ + FireBug などのデバッグツールでアプリのほとんどを作成し、Windows ストア アプリにパッケージングする部分だけ Visual Studio を使用されるという方が以外といらっしゃいます。(なんと、勿体ない…。) 今回はそういった Visual Studio を使ったことがないという Web 制作者の方々のために、Visual Studio 2012 に搭載されている代表的な HTML + JavaScript 開発機能について紹介します。   入力支援機能 Visual Studio にはさまざまなコード、マークアップを記述するための強力な入力支援機能が搭載されており、それは HTML, JavaScritp、 CSS についても同様です。 この入力支援機能は現在、以下二つのものが搭載されています。 インテリセンス コードスニペット   インテリセンス インテリセンスは、ユーザーがタイプした単語から、次に入力すべきワードを推測して入力候補をリスト表示し、リスト内のアイテムを選択することにより入力を補完するものです。…


Web ページでも使える カレンダーコントロールのサンプル

Windows ストア アプリでは、Internet Explorer 10 がサポートしている HTML5 のコントロールの他、WinJS (Windows Library for JavaScript) が提供するコントロールを使用してアプリの UI を構築することができます。 ちなみに WinJS が提供するコントロールの一覧は以下のページで、   クイック スタート: WinJS コントロールとスタイルの追加 (JavaScript と HTML を使った Windows ストア アプリ) (Windows) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh465493.aspx   Windows ストア アプリ (HTML + JavaScript) で使用できるコントロールは以下のページで確認することができます。   コントロールの一覧 (JavaScript と HTML を使った Windows ストア アプリ) (Windows) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh465453.aspx   上記のように豊富なコントロールが用意されていますが、なぜかカレンダーのコントロールが用意されていません。   Web…


気軽に Web コンテンツを書くためのエディタ

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、Windows 8 リリースに向けての準備に始まり、リリースを終えて一年が終るという、私にとっては本当に Windows 8 一色の一年でした。 Windows 8 は、リリースされたとはいえ、その新しい UI 上で動作する Windows ストア アプリはまだまだ少ない状況ですので、今後も引き続き、Windows ストア アプリの開発に関する情報をお届けしていく予定です。 もちろん、Windows ストア アプリだけでなく Internet Explorer 10 や、たまには IIS8 の情報も出していければ、思っておりますのでご期待ください。   さて、年が明けて第一回めの投稿となる今回のネタですが、Windows 8 には全く関係ない、自作ツールの紹介です。 実は、3 年ほど前まで、外部のブログで、数回の記事にわけてテキスト エディタを開発し、C# と Windows デスク トップアプリケーションの作り方を学ぶ、というのをやっておりました。 そのブログは最終回の直前で、私の業務内容が変わったこともあり、そのまま中断していたのですが、先日そのブログを読んでいたという方から「最終回の記事を書いてほしい」というリクエストがあり、つい一昨日、お正月明けの勢い(?)を借りて最終回の記事を投稿した次第です。 その際に、当時作成したテキストエディタのソースを引っ張りだして来て、Visual Studio 2012 でのコンバートと、細かいコードの調整を行ったのですが、使ってみるとなかなか使い勝手がよく、ちょうど手軽に Web コンテンツを書くツールも欲しかったこともあり、その記事を投稿後に本格的に自分用に機能を追加してみた次第です。 さすが、自分用に作っただけあって、使い勝手はすこぶる良いです(笑) 使い方の紹介と、ソースコードもダウンロード可能としますので、興味のある方はそのまま使うなり改造して使うなりしてみてください。 以降は、このテキスト エディタの機能の紹介になります。 メモ帳との違い テキストの編集機能は メモ帳 とまったく変わるところはありませんが、それ以外でさまざまな変換機能、入力支援機能などが追加されています。 これら機能のほとんどは、このテキストエディタのメニュー [ツール] –…

1