WebSitePanel に MySQL をサービスとして追加するには

前回のこのブログの記事では、WebSitePanel のインストール方法について、セットアップモジュールの入手から実際のインストールまでの手順を紹介しました。 今回の記事では、WebSitePanel に既定では設定されない、Server の追加方法について紹介させていただきます。 WebSitePanel は、Web のホスティングだけでなく、Server の設定を行うことにより、設定を行った Server が提供している機能をサービスとしてホストすることができるようになります。 今回は、例として MySQL を Server として WebSitePanel に追加します。 なお、MySQL のインストール手順までは触れませんので、あらかじめ MySQL のコミニュティサイトからセットアップモジュールを入手してコンピューターにインストールしておくか、Web Platform Installer ( Web PI ) を使用してインストールしておきましょう。 MySQL ::  MySQL Downloads http://dev.mysql.com/downloads/ Web プラットフォームインストーラー http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx   WebSitePanel への MySQL の追加 WebSitePanel で MySQL を Server として追加するには、ServerAdmin ( サーバー管理者 ) アカウントでログインします。 管理パネルのブルーのバー上の [ Configuration…

0

OSS アプリで作る IIS 簡単 Web ホスティング

このブログでは以前から、IIS の管理サービスを利用して Web ホスティングサービスを行うためのリンクの紹介、プロビジョニング用のサンプルコードなどを提供させていただいていましたが、今回はそれらの機能を実現してくれる OSS (Open Source Software) アプリケーション、WebSitePabel をご紹介させていただきましょう。 WebSitePanel については以前から評判を聞いており、提供元のサイトのデモアプリを試して、なかなか良さげであるとは思っていました。 しかし、当時は WebSitePanel がシェアウェアであったこともあり、とくにインストールして実際に試してみるということまでは行っていませんでした。 ところが先日、ホスティング事業者様向けのセッション資料を作成することになり、実際にインストールして使用してみたところ、その高機能性 & 高性能にすっかりド肝を抜かれ、これはぜひ紹介しなければ、と思い立ったしだいです、はい。   WebSitePanel とは? IIS の Web 共有ホスティング機能を提供してくれる Web アプリケーションです。 Web ホスティングの機能ということで、アプリケーション ランタイム ( ASP.NET、PHP ) や、データベース ( SQL Server、MySQL) の設定はもちろんのこと、拡張モジュールを追加することで、仮想環境の設定なども行えるようになっています。 また、Web 配置ツールの機能と、マイクロソフトが提供している Web App Gallery のフィードを利用して、OSS Web アプリケーションを簡単にインストールする機能を提供しています。 こういった豊富な機能と拡張性の高さはもちろんなのですが、特筆すべきはインストールしたままの素の状態で、基本的な共有 Web ホスティングの機能が使用できるということでしょう。 WebSitePanel ではカスタマイズなどを行わなくても、Web サイトを使用するためのユーザーと、サイトを作成し、Web ホスティングのサービスをユーザーに提供することができるのです。 このように良いことずくめの WebSitePanel…

0

NLB 環境における IIS7.x の共有構成について

IIS7.x の共有設定について先日のブログの記事で、ネットワーク負荷分散の方法として Windows Server 2008 の ネットワーク負荷分散 ( NLB ) 機能のリンクを紹介したのですが、肝心の IIS の共有設定について紹介しておりませんでしたので、取り急ぎリンクを掲載させていただきます。 TechNet – 『共有構成』 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff454006.aspx さて、上に紹介した IIS の共有設定の内容についてなのですが、これらについて検証、作業する場合は、必ず C:\windows\system32\inetsrv\config 以下の全ての *.config ファイルのバックアップコピーを取得しておいてください。 実は私、このドキュメントの翻訳監修作業中に設定を誤り、IIS が二度と起動しくなるという事態に陥ったことがあるのです。 しかも通常であれば、IIS のみを入れなおせば、正常に戻るはずですが、このときは、IIS を役割から削除し、残った設定ファイル類を手動で削除しても元にもどすことはできず、結局 OS を入れなおす ( というか、バックアップしてあった vhd に戻す ) という手順が必要になりました。   おまけ : 共有構成における ASP.NET アプリケーション配置の注意点 NLB を使用して、リクエストを複数の Web サーバーに負荷を分散させた場合、コンテンツのメンテナンスの工数を削減するためにコンテンツをネットワーク共有上に配置するという方法がとられることも多いと思います。 この方法、HTML や jpeg といった静的なファイルに関してはさほど問題にはなりませんが、ASP.NET アプリケーションについてはその仕組み上、あまりお薦めできません。 なぜなら .NET アプリケーションでは、マネージド…

0

IIS7.x サーバーのリソース調整関連の簡易リンク集

今回は、インターネット Web サーバー構築ガイドには載らない、サーバーのリソース調整機能に関するリンク集を作ってみました。 タイトルに IIS7.x と入っていますが、IIS のホスト以外にもいろいろと使用できると思います。 表記つながりでいうと、リンク先のドキュメントは、Windows Server 2008 や IIS 7.0 について書かれているものが大半ですが、現行の Windows Server 2008 R2 、IIS 7.5 の操作において、手順が異なることはありませんので、そのまま読み替えてお使いいただければと思います。   サーバーの “リソース” とは? リソース ( Resource )  は、直訳すると “資源” ということになります。 では サーバー リソース とはなんでしょう? 文字通り、”給仕人 = サービスを提供するもの” の “資源” ということですが、今回のこのブログの記事では、IIS 7.x を運用する際に使用されるサーバーの CPU、メモリ、ディスク容量などをまとめてこう記述します。 また、今回の記事は、サーバーの負荷を下げる、あるいは分散するという意図でリンクを集めていますので、パフォーマンスチューニングやセキュリティに関しては、今後の記事にご期待ください。   サーバーのリソース調整が必要な理由 “サーバー” は、第三者、つまりはクライアントにリソースをサービスとして提供している存在であるため、場合によっては自らのリソースをクライアントに使い切られてしまったり、複数のクライアントに対し適切にリソースを分配できない状況が発生する場合があります。 そのような状況を回避するために、Windows Server 2008 には、リソースを調整するための機能がツールとして搭載されています。 Windows…

0

IIS7.x 目的別操作手順 簡易リンク集

現在、以前リリースしました 『インターネット Web サーバー構築ガイドライン』 の正式版作成の作業に取り掛かっております。 さて、この 『インターネット Web サーバー構築ガイドライン』 は、IIS 7.x をより深く理解いただくために、様々な機能の解説が含まれているのですが、「解説はいいから具体的な手順のみが知りたいのだよ」 という方もいらっしゃるとと思います。 そこで今回は、『インターネット Web サーバー構築ガイドライン ( ドラフト版 )』 を作成する際に集めた情報を再利用し、IIS 7.x を操作するための具体的な手順が記載されているページのリンクを目的別にまとめてみました。 「とりあえず IIS を動かして使ってみたい」 という方がいらっしゃいましたら、ぜひこのページをご紹介いただければと思います。 なお、リンク先のドキュメントのほとんどは IIS7.0 (Windows Server 2008 & Vista ) をもとに書かれていますが、操作上 IIS7.5 ( Windows Server 2008 R2、Windows  ) と大きく異なる点はありませんので、適宜読み替えてご使用いただければと思います。   IIS7.x のインストール IIS は Windows OS 標準の Web サーバーですので、インストールに追加のモジュールは必要ありません。セットアップも OS の機能追加画面から行うことができます。…

3

“IIS 7 版 mod_info 的なもの” を jQuery Templatesで使う

先週、マイクロソフトが .NET jQuery Extensions として開発を進めてきた機能が公式な jQuery のプラグインとして公開されました。 これについて詳しい説明は、同僚の井上( 章 )  のブログで見ていただくとして、このプラグインの中に jQuery Template というものがあります。 これは JavaScript オブジェクトに、HTML ドキュメントの <script> タグ内であらかじめ HTML で定義しておいた UI ( テンプレート ) を適用して描画してくれるという、いわゆるクライアントレンダリングの機能です。 これについての詳しい説明も、同僚の井上( 章 )  のブログで見ていただくとして (オイ)、このブログでは、以前の記事で紹介した “IIS 7 版 mod_info 的なものをサービスとして使用するツール” から JSON でデータを取り出し、描画するサンプルを紹介します。 と、言っても、実際の HTML を記述すると長くなってしまうので、以下の SkyDrive からダウンロードしていただくことになるのですが。 じつは、 この記事で紹介している XSL を使用したページの描画は、InternetExplorer ではうまく行えませんでした。 しかし、今回の jQuery Templates を使用したページは、他のブラウザでも正しく描画されます。( いまさらなんですが汗…

0

PHP ユーザーのための WebMatrix 使用方法

先日 (2010/09/25) 、PHP カンファレンス 2010 にて、『Microsoft ♥ PHP ~ 2nd Stage ~ WebMatrix 登場!』 というタイトルでセッションに登壇させていただきました。 その際に使用したスライドは、奥主さんのブログで公開されていますが、行ったデモの内容は UST の録画公開もないよう なので、実際のデモの手順を今回の記事に記載させていただきます。 その前にまだ “WebMatrix って、…なんだよ?” という方は、奥主さんのブログ内のスライドをご覧ください。 それも面倒だという方のために WebMatrix について簡単に説明すると、WebMatrix というのは、”Web サイトの作成” をお手伝いするための無償ツールです。 現在はまだ β 版ですが、このページから入手することができます。( 現在はまだ英語版しかありませんのであしからず ) WebMatrix Beta http://www.microsoft.com/web/webmatrix/   WebMatrix の機能 WebMatrix には、Web サイトを作成するための様々な機能が、4 つのメニューに割り振られて搭載されています。 (図 : WebMatrix の 4 のメニュー) その 4 つのメニューの機能の内訳は以下のようになっています。 メニュー 機能…

5

PHP から MS SQL Server を使用する方法

ここのところ、オープンソース関連のイベントやコミュニティのイベントに参加させていただくことがあるのですが、その際に参加者の方から “PHP アプリを SQL Server につなぎたいんだけど…” というお話しをいただくことがあります。 もちろん可能です。というか、PHP のランタイムでは以前より Mssql 関数というものが用意されており、PHP 4 までは使用可能ではあったのですが、PHP 5.3 からは Windows 上サポートされない状態となっていました。 SQL Server 2005 からはマイクロソフトからもドライバーを提供させていただいていたのですが、UTF-8 に絡む文字化けやらなにやらで、なかなか使いやすいとは言えないシロモノでした。 しかし、その後リリースされた SQL Server Driver for PHP Version 1.1 で、これらの問題に対応し、さらには最新の Version 2.0 では PDO をサポートしており、これにより他のデータベースサーバーとの相互運用性が格段に向上しています。 (図 : SQL Server Driver for PHP 1.1 と 2.0 の構造比較)   PHP から SQL Server を使用する利点 PHP の…

1

Windows XP と Windows Server 2003 で PHP5 を動かす

IIS 7 ( Windiws Server 2008, Windows Vista ) より FastCGI が機能の一部として搭載され、PHP アプリケーションをより簡単に効率よく実行できるようになりました。 このような背景もあり、FastCGI は、Windows Server 2003 や Windows XP といった Old Windows では動作しないと思われがちですが、そうではありません。 FastCGI には、IIS 6.0 ( Windows Server 2003 ) と IIS 5.1 ( Windows XP ) 用のモジュールが用意されており、これを使用することで、前出の 2 つの Old Windows 上でも PHP アプリケーションを効率よく実行することができます。 Old Windows 上の Old IIS に FastCGI をインストールするには、Web…

1

IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーションVer2

以前このブログでも紹介させていただいたのですが Windows Server 2008 に搭載されている IIS 7.x を使用すると、IIS Manager for Remote Administration ( IIS 管理ツール) を使用して簡単な Web ホスティングサービスをすぐに開始することができます。 分かり易くいうと、自分のサーバーの IIS 上に作成した Web サイトを貸し出すことができる ( 正しくは、”管理させることができる” ) のです。 “貸し出された” 側、つまり ユーザーは、自分のマシンの IIS 管理ツールを使用して、インターネット越しに自分に割り当てられた Web サイトを管理/運用することができます。 (※ポートの設定が必要ですが) もちろん ユーザーは FTP を使用してコンテンツのアップロードが可能ですし、ASP.NET、PHP アプリケーションの配置/実行も行えます。また自分の Web サイト独自のユーザーを作成して、ディレクトリにアクセス権を設定したりということも可能です。 非常に便利で強力な機能なのですが、貸し出すサイトが多いと、Web サイトの作成や、共有に関わる設定などなかなか手間がかかります。 そこで以前、これらの処理を自動で行うサンプルアプリケーションを公開したのですが、今回はそのバージョンアップ版です。 以下は、このアプリケーションが行う処理の順番と機能を示しており、新たに追加された機能は青字の部分になります。 インターネット インフォメーション サービスマネージャーユーザー(※以下、"IIS 管理ユーザー") を作成 Web サイト用の物理フォルダを作成 Web サイト用の物理フォルダにディスククォータ…

0