Microsoft Edge Web Summit 2016 以降に公開された Edge 関連の情報


4 月に Build 2016 Microsoft Edge Web Summit 2016 という 2 つの大きなイベントが開催され、その中で、大きくアナウンスされないものの、こまごまとした新しい情報が出てきているので忘備録を兼ねてまとめておきます。

なお、上記の 2 つのイベントのブレイクアウトセッションは、以下の Channel9 のリンクから、ほぼすべてのビデオアーカイブを見ることができます。

 

注目のセッション

時間の関係もあり、私もまだすべてのビデオを見終えていないのですが、チェックした中から何本か紹介させていただきます。

 

Microsoft Edge のこれからの機能実装について

Build 2016 と Microsoft Edge Web Summit 2016 それぞれのセッションで、Microsoft Edge のこれからの機能実装について紹介しています。

Build 2016 のセッションは、拡張(Extension) のつくり方からエンタープライズでの利用まで広い範囲でカバーしており、いっぽうの Microsoft Edge Web Summit 2016 のセッションでは、Build 2016 のセッションと比較して、より具体的な方向性が示されています。

それぞれのセッションをご覧になることをお勧めします。

Microsoft Edge: What's Next for Microsoft's New Browser and Web Platform (Build 2016)

 

What's next for EdgeHTML (Edge Web Summit 2016)

 

以下のビデオでは、ORTCWeb NotificationsWeb Speech API ,FIDO2.0 : Edge + Windows Hello について、実際にデモを行いながら紹介しています。

Five Things You Didn’t Know You Could Build with Microsoft Edge (Build 2016)
 

上記で紹介したこれらのセッションは Edge のこれからの機能について俯瞰的に全体を知ることができますので、ぜひご覧ください。

 

Edge の拡張について

以前の記事で紹介した Microsoft Edge Dev blog の記事 Microsoft Edge extensions now available to preview にも記載されているとおり、Edge 用の拡張 (Extension) のサポートの準備が進んでいます。Microsoft Edge Web Summit 2016 では以下のセッションが行われました。

 

Building Extensions for Microsoft Edge (Edge Web Summit)


Edge 拡張の開発については、とくにアナウンスされていませんが、以下のような情報がすでに公開されています。
 

 

また、Edge 拡張の開発を予定している開発者向けに、拡張の登録リクエストができるようになっています。

 

Microsoft Edge 開発者向けリソースページの更新

前述の 2 つのイベントのタイミングで、開発者向けページである Microsoft Edge Developer Resources にもあたらしく 機能が追加されました。

 

  1. EdgeHTML issue tracker
    Edge の不具合情報を検索できます。
    不具合のディテールや、修正にむけたステータスを確認することができます。
  2. Platform Data

 

その他

Edge における Flash コンテンツの動作の変更

Windows 10 build 14316 から Edge における Flash コンテンツの動作は変更となる予定です。

具体的にには、広告などに使用されている Flash のアニメーションなどは、ユーザーが明示的にクリックしないと動作しないようになります。

しかしながらゲームのように、Flash コンテンツがメインのものではこの限りではありません。

詳しくは Microsoft Edge Dev blog の記事 Putting Users in Control of Flash をご覧ください。

 

Edge での CV (Compatibility View) リストに登録されている Web サイトの列挙

Internet Explorer でないと正常に動作しないとして、マイクロソフトが管理する CV リストに登録されている Web サイトの一覧を Edge から確認することができます。

具体的には、以下のコマンドを Edge のアドレスバーに入力して [Enter] キーを押下します。

about:compat

 

まとめ

今回は、Build 2016 Microsoft Edge Web Summit 2016 という二つのイベントの中か、あるいはそれ以降に公開された Edge に関する情報をまとめました。

これからもしばらく小出しに情報が出てきそうな雰囲気ですが、ある程度まとまったらブログに記事としてまとめたいと思います。

もし、より早く Edge の情報を日本語でキャッチしたい場合は私の Twitter アカウント @osamum_MS をフォローしていただければと思います。

 

Real Time Analytics

Clicky


Comments (0)

Skip to main content