完全なる余談 : Internet Explorer の自動アップデートについて


最近、旧バージョンの Internet Explorer がサポート切れになるというテーマばかりで恐縮なのですが、この記事はそれらにまつわる付録と思って読んでくださいませ。

前回の記事でも(その前の記事でも)書いたとおり、来年 (2016) の 1 月 12 日からは、Internet Explorer のサポートポリシーが変更され、以下の表にあるとおり、その Windows 上で動作する最も高いバージョンの Internet Explorer しかサポートされなくなります。

Windows Internet Explorer 延長サポート終了
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9 2017年 4 月 11 日
Windows Server 2008 SP2 2020年 1 月 14 日
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2012 Internet Explorer 10 2023年 1 月 10 日
Windows 8.1
(※Windows8はWindows8.1へのアップグレードが必要)
Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2
Windows 10 (最低でも10年)

(2016年1月12日以降、サポートされる
Windows と Internet Explorer の組み合わせ)

 

上記の表の青字の部分については、OS 既定の Internet Explorer のバージョンではないため Windows 8 以前のお使いの方は Internet Explorer をアップグレードする必要が出てくる可能性があります。

ここまでを読んで、Windows に詳しい方であれば、「Internet Explorer って、途中から自動アップグレードになったんじゃなかったんだっけなァ?」と思われる方もいることでしょう。

そのとおりです。自動アップグレードの仕組みがあるにもかかわらず、さまざまニュース記事でいまだに Internet Explorer 8 のシェアがそこそこ残っていることや、Web サイトを運営されている方々から「IE8 使ってる人、まだけっこういるんですよねぇ」と言くたびに 21世紀を迎えて 15 年を経た今でもこんなミステリーが残っていたのか! とただただ驚くばかりです。

ちなみに StatCounter によれば 2015 年 9 月の日本における Internet Explorer のシェアは 1.83% のようです。(画像をクリックすると実際にグラフにアクセスできます)

StatCounter-browser_version-JP-monthly-201409-201509 (1)

いっぼう、ニュース記事などによると、Net Applications の発表では 2015 年 9 月の Internet Explorer 8 のシェアは 11.71% もあるとのことです。しかし、どこの地域のデータなのか記載されていないので日本ではなくワールドワイドでデータの可能性があります。

こういったデータは、抽出するソースによって結果が変わってきますので、Web コンテンツ作成の際にレガシーブラウザー対応をするかしないか判断するにおいては、自分の Web サイトの実際のデータをしっかり確認することをお勧めします。

 

Internet Explorer の自動アップグレードとはなんだったのか?

Internet Explorer の自動アップグレードとは、Windows Update を使用して Internet Explorer を自動的に最新のバージョンにアップグレードする機能です。

2011 年 12月 16 日、 今はなき Exploring IE ブログ にて全世界の Windows XP、Windows Vista、Windows 7 に対し、それぞれの Windows がサポートする最新の Internet Explorer への自動アップグレードを開始する旨が発表されました。

Internet Explorer の自動アップグレードは全世界において 1 月中旬から地域別に段階的に実行され、日本では 3 月中旬より対象の Windows に対し、順次自動アップグレードが適用されました。

しかし、この自動アップグレードが適用されないケースもありました。

 

Internet Explorer の自動アップグレードがされない理由

Internet Explorer の自動アップグレードの対象は、Windows Vista の場合は SP2 から、Windows 7 は SP1 からであるため、それらサービスパックをインストールしていない場合は Internet Explorer が古いままの可能性があります。

Blocker Tookit や管理ソリューションで管理されていたり、以前の自動更新の際に新しいバージョンの Internet Explorer のインストールを拒否されていた場合も自動アップグレードは行われません。

つまり、いまだに Internet Explore 7 や 8 を使い続けている方は、これらのいづれかのケースに当てはまっていると考えられます。

これらに該当する方々は Internet Explorer のアップグレードを手動で行う必要がありますが、手動といってもむつかしいことはありません。Internet Explorer のダウンロードサイトからインストーラーをダウンロードして実行するだけです。

ただし、お使いの Windows Vista および Windows 7 に必要なサービスパック (SP) がインストールされていないと新しい Internet Explorer をインストールすることはできません。とくに Windows Vista の SP2 は、公開された時期の関係で、SP2 が適用済の単体パッケージは存在しませんので、理屈からいえばかならず SP2 を適用する必要があります。これらサービスパックの適用は、メーカーからサポートを受けるための条件にもなっていますので、ぜひ適用してください。

企業などの、管理された IT 環境によって古いバージョンの Internet Explorer の使用を義務付けられている、というわけでもなく、ただなんとなく旧バージョンの Internet Explorer をご使用になられている方は、ぜひここで一度、胸に手をあてて、「なぜ自分は、時代遅れで性能も低くHTML5 も動作しないうえに、とくに他人への自慢のタネになると思えない古い Internet Explorer をいまだに使い続けているのか?」について冷静に考えていただきたいところです。(さらにもうひとつ、申し加えるなら、ただ単に古いだけのものに Vintage としての価値はありませんよ、ということです)

とくに理由が見つからないようであれば、ここはぜひ、速やかに最新に Internet Explorer か Windows 10 へのアップグレードをお願いいたします。

 

Window 10 における Edge と Internet Explorer 11 のアップデート

Windows 10 でも Edge や Internet Explorer 11 のアップデートは Windows Update により行われます。

ただし、Edge はたゆまない機能追加が行われますが、Internet Explorer 11 は不具合の修正やセキュリティ情報の更新くらいで、今後機能が追加されたり不具合以外での仕様変更もありません。

これら Windows Update の設定は、スタートボタン – [設定] – [更新とセキュリティ] メニューを選択することで表示される、[選択]ダイアログボックスの [Windows Update] タブで行います。

同タブ内の [詳細オプション] リンクをクリックすると、

image

Windows Update に関する詳細オプションを設定する画面が表示され、アップデートがかかったさいに必要となる再起動の日時が指定できたり、エディションによっては Window 10 の新しい機能がリリースされた際のアップグレードを延期することができます。

image

Windows Update で提供される既定のアップデートは、Current Branch と呼ばれ、セキュリティパッチや更新プログラム(機能追加やバグフィックス)が含まれています。

そして Windows 10 Pro 以上のエディションでは、企業内の管理された IT 環境などで、アップデートに対する検証作業にかかる期間の余裕を持たせる目的で、アップデートの適用をある期間延期する Current Branch for Business (CBB) という機能が搭載されています。

さらに Windows 10 Enterprise では、なにか特定の目的に固定されて使用されるような、環境のクリーンさが重要視されるシステム向けに、一切の機能追加を行わず、セキュリティパッチやバグフィックスのみを適用する Long Term Servicing Branch(LTSB) が用意されています。

マイクロソフトが推奨するアップデートは、既定の設定であるアップデートをいち早く適用する Current Branch  ですが、エンタープライズ環境向けに、上記のような Current Branch for Business や Long Term Servicing Branch といった機能が用意されています。

これらのエンタープライズ環境向けの機能につきましては、以下のドキュメントをご参照くださいませ。

最後に、Windows 10 の更新は、上記のような機能を使用して延期することは可能ですが、アップデートを適用しない、という選択はできません。

いつかはかならずアップデートが適用されますので、速やかなアップデート、事前の検証が必要な場合には速やかな検証をお願いいたします。

 

まとめ

今回の記事では Internet Explorer の自動アップグレードについて紹介しました。

じつはこの内容は、前回の記事「なぜサポートが終了した Web ブラウザーを使うと危険なのか?」の一部となる予定だったのですが、冗長になりそうだったのとテーマから外れているのでカットした部分になります。

Windows 10 がリリースされたあと、いまさら Internet Explorer の自動アップグレードを紹介しても….、とは思いましたが、せっかく書いたので投稿してみました。

なにかのお役に立てれば幸いです。

Real Time Analytics

Clicky

Comments (0)

Skip to main content