サービス、サービスぅ!

Apple さんから iPad が発表になりましたね。 http://www.bing.com/news/search?q=iPad&FORM=EWRE 私は普段、ガジェット類には、ンまったく興味を持たない人間なのですが、このデバイスには注目しています。 なぜならば、iPad には、今までの Apple 社の新製品が持っていた、"きわだって革新的"な技術というものが目立つかたちで入っていないからです。 スペック的にも、マルチタスクでなかったり、Web 閲覧できるのに Flash 対応でなかったり、HD 動画をサポートしているのに HDMI 端子がなかったりと、少々残念な感じですが、用途を絞り込むためにあえて機能を絞ったと考えると、それはそれでありなのかな、と思っております。 私にそう思わせるのは iBooks という Apple さんの、iPad 向けの電子書籍のサービスの存在です。 iPad のスペックが iBooks というサービスの専用端末的な位置づけでデザインされているとしたら、その思想は非常に斬新なものに思えます。 なぜなら、現状(おそらくはこれからも)、電子機器の価値というのは、パフォーマンスや拡張性といった、スペックに重きが置かれることがほとんどだと思うのですが、iPad が前述のように"サービスを利用するためのデバイス" という位置づけてあるならば、その価値は"機器のスペック"ではなく"利用する サービス" 側に重きが置かれることになります。 つまりは、デバイスのスペックが平凡なものであっても、提供されるサービスの内容が素晴らしいものであれば、それを利用するためのデバイスは普及させることは可能だと思うのです。 では iBooks のサービスがそんなに魅力的なのか? というと、正直、私にはわかりません。 ただ、電子書籍が紙媒体と遜色のないクォリティで提供され、いつでもどこでも読みたいときに購入できて、読み終えた後にいちいち BOOKOFF に持っていく必要がなかったり、資源ごみの日まで部屋を占領することがないのは相当に便利だということはわかります(笑)。 それに、うまくいけば、自宅で結構な面積を占めている本棚を減らせるかも知れません。(よく考えたら、そんなに何度も参照しない情報をなんであんなにかさばるメディア=紙で置いておくのでしょうね?) ティーンエイジャーのお子さんのいる家庭では、子供部屋を "週刊少年xxxx" で溢れさせることもなくなるわけです。 前置きが長くなってしまいましたが、今回の iPad が、あくまでも Apple さんのサービスを普及させるための戦略の一つと考えると、これは非常に野心的で革新的なリリースではないかと、私は勝手に妄想しているしだいです。 また、電子ブックという、現在まだデファクトスタンダードとなっている機器もなく(※)、市場も成熟していないところを突いているところもすごいな、と。 (※)Amazon さんの Kindle は有名ですが、まだ普及に至ってはいませんよね。 なので、今後…


サンマルイチ・リダイレクト

"サンマルイチ" という字面から思わず "人間発電所 ブルーノ・サンマルチノ"  を連想された方、がっかりさせてすみません。 今回のネタは、前述の往年のプロレスラーに関するものではなく、HTTP 301 Moved Permanently を返すリダイレクトについてです。 ASP.NET4 では、RedirectPermanent メソッドを使用して HTTP 301 リダイレクトを行うことができるようになりました。 今までの ASP.NET にも、ASP にさかのぼる古(いにしえ) の時代からリダイレクト処理に使用されている伝統的な Response.Redirect メソッドというものがありますが、この Response.Redirect メソッドの処理でクライアントに返されるのは HTTP 302 です。 HTTP 302 の意味するところは、HTTP 1.0 では、Moved Temporarily (一時的な移動)、 HTTP 1.1 では Found  (要求されたコンテンツがべつの URL に見つかった) ということになります。 つまりは、いずれも "いま、この URL に要求されたコンテンツはの一時的にアクセスできない状態だけれども、URL 自体は変わっていないので次にアクセスする際も、この URL に来てくださいよ" 的な意味合いになっています。 この動作は、Web アプリケーションの機能内でリクエストをハンドリングする等の処理においては申し分ないものです。 しかし、Web サイトとしての使用を考えると十分ではありません。…


ASP.NET1.1 on IIS7.x.

来月開催される Tech・Tdays 2010 ではASP.NET4 の新機能について話をします。 そんなわけで現在、セッション資料を鋭意作成中なわけですが、昨日、同僚の荒井さんと話しをしていて "ASP.NET4 が動作するIIS のバージョンはなんぼからなんやろねぇ?" という話しになりました。 そこで私の脳裏に浮かんだのは、"そういや昔、IIS7 で ASP.NET 1.1 を動かしたいっていう相談を受けたっけなぁ" ということでした。 おそらく、Windows Server をお使い多くの企業様内では、ASP.NET 1.1 で作成された多くの Web アプリケーションが動作していることでしょう。 IIS7 では革新的かつ大きな構造の変更が行われ、かつ既定でインストールされる ASP.NET のバージョンは 2.0 ですが、ASP.NET 1.1 をホストできないわけではありません。 ただちょっと、ほんのすこーし、…..でもないですが、それなりの設定をしてあげれば IIS7 で ASP.NET 1.1 を動作させることが可能です。 もし、そういったことをご存じないために、つまりは ASP.NET 1.1 が IIS7 で動作するということをご存じないために、IIS7 の導入を躊躇されている方がいるとしたらそれは非常に残念なことです。 たしかに前バージョンの IIS6.0 は安定した、パフォーマンスにも優れた非常に良いものでありましたが、IIS7 はさらにさまざまな機能が加えられ、IIS6.0 にはなかった非常に高い拡張性を与えられています。 ASP.NET 1.1 をお使いの方々にもぜひ、 IIS7 の優れたパワー、スピード、破壊力(これは違いますね) を感じていただきたいと切に願うしだいです。…


おまけ:NTFS クォータエントリを設定するコード

現在、Tech days 2010 の準備と並行して、IIS TechCenter 向けに和訳された IIS.NET ドキュメントの監修作業を行っています。 そこで WMI でなく、DiskQuotaTypeLibrary (dskquota.dll) を使用したサンプルコードの載ったページを見つけたので、一足早く紹介させていただきます。 ココです↓ 『Provisioning Sample in C#』 http://learn.iis.net/page.aspx/285/provisioning-sample-in-c/ ただ一つ、非常に残念なことには、ここに掲載されているクォータのサンプルコード、AddUserDiskQuota メソッドは動作しません…Orz。 なぜなら DiskQuotaControlClass のインスタンスを取得するのに使用している GetDiskQuotaControl メソッドは DiskQuotaTypeLibrary に無いからです。 この GetDiskQuotaControl メソッドがこの地球上にどこかに本当に存在するか否かは別として、以下のようにインスタンスを取得するように記述しなおすことで、このサンプルコードは正常に動作するようになります。 DiskQuotaControlClass diskQuotaCtrl = GetDiskQuotaControl(diskVolume); ↓ 以下のように変更 DiskQuotaControlClass diskQuotaCtrl = new DiskQuotaControlClass(); diskQuotaCtrl.Initialize(diskVolume, true); 修正した AddUserDiskQuota メソッドの全体のコードは以下の通りです。 using DiskQuotaTypeLibrary; //windows\system32\dskquota.dll を参照設定 public static bool AddUserDiskQuota(string…


コードによるファイルスクリーン機能の実装

以前のブログの記事で公開しました IIS7.x での共有 Web ホスティングのためのサンプルアプリケーション について、以下の機能を追加予定でいます。 1. ディスククォータの制御 2. ファイルスクリーン機能の実装 3. データベースとデータベースの管理ユーザー作成 今回はファイルスクリーン機能をどのように実装するかについて書きたいと思います。 さて、その前にファイルスクリーンについて簡単に説明しておきましょう。 ファイルスクリーンとは ここで述べるファイルスクリーンとは、ディスクに配置されるファイルを選別 (screening) する機能です。 具体的には、ファイル名や拡張子により、ファイル種別を判別し、コピーを許可するか拒否するか、はたまた監視用にログに記録だけを残すかを指定することができます。 つまり、ユーザーにアップロードしてほしくないファイルがある場合は、コピーされないようにしたり、またはログだけを残して後で、うへへぇ~、とか言いながら (べつに言わなくてもいいですけど) 内容を確認するといったことができるのです。 ところで、アップロードされたくないファイルというのはどういうものがあるでしょう? たとえば、自分が Web サイトの共有サービスを運営していたとして、ユーザーの Web サイトに実行ファイルや、オーディオファイル、動画ファイルが山ほどアップロードされていたら、なんかドキドキしませんでしょうか? 実行ファイルは凶悪なウィルスかもしれませんし、違法コピーされたソフトウェアかもしれません。マルチメディアファイルは著作権やら公序良俗などに反しているかもしれません。 とくにマルチメディアファイルは内容のいかんにかかわらず、プログレッシブダウンロードで配信をされるとネットワークの帯域を圧迫する可能性があります。(※ IIS7.x には、プログレッシブダウンロード時の帯域を制御を可能するビットレートスロットリング モジュールが用意されており、 IIS.NET より入手して使用することができます。『Bit Rate Throttling』:http://www.iis.net/expand/bitratethrottling) そういった場合にファイルスクリーンの機能を使用して、これらのファイルのアップロードを拒否することが可能です。 この機能は、Windows Server 2008 に搭載されている ファイルサーバー リソース マネージャー (FSRM) の機能を使用することで実現することができます。 FSRM を使用した手動でのファイルスクリーンの方法については、お手数ですが以下のリンクの内容をご参照ください。 FSRM – 『ファイルスクリーンの管理』 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732074.aspx FTP 7.5…


あけまして、おめでとうございます。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします。 ウン十日残っている有給休暇を少しでも消化するために、今回は 12 月 28 日からお休みをいただきました。 やく一週間の休暇となったわけですが、帰省も旅行もしないので、家でのんびりと 2 月に行われる Tech Days 2010 に向けての下調べをしておりました。 それと、学生時代からの夢であったホームシアター(っぽいもの) を作ってみました。 実は私、高校の頃から映画にはまりまして、現在でも年間 70 本以上の映画を観ています。 そのほとんどは行きつけの劇場で観ているので、自宅にそれほど立派な鑑賞環境は必要ないと思っていたのですが、去年、生まれて初めて自分で TV (東芝さんの REGZA )を買い、画面のデカさ、デジタル放送の綺麗さ、機能の豊富さに感動し、貧乏学生時代の憧れであったホームシアターというものを作ってみようと思った次第です、はい。 それに最近の TV には DLNA クライアントの機能が搭載されているので、PC 内の動画を Windows Media Player を通して TV で観れるのも良いですね。 TV レス時代に PC に取り付けた MTV2000 で録画した地上アナログ放送のコンテンツを DLNA で配信して 46 インチの画面で観てみましたが、なかなかどうして十分鑑賞に堪える画質でした。 また Windows 7 付属の Media Player  は、TV が再生可能な形式に自動的にコンバートしてくれる機能があるので、DivX などの本来 TV で再生できないコーデックのコンテンツも TV…