VSTO : .NET 3.5 で使用していた UserInclusionList クラスが .NET 4.0 以降は使用できない

※ この記事は以下の Office サポート フォーラムに移行しました。 https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/f379be48-c359-4999-8ee4-f057c5d06aba/vsto-net-35-userinclusionlist-net-40-     こんにちは、Office 開発 サポート チームの多田です。 今回は、.NET 3.5 で使用していた UserInclusionList クラスが .NET 4.0 以降では使用できない件、およびその対処策についてご案内します。   はじめに VSTOソリューションをインストール時や、初回起動時にユーザーに信頼するかどうかの確認ダイアログを表示させたくない、といった理由から、VSTO ソリューションへの信頼をあらかじめ付与したい場合があります。信頼を付与する方法として、従来、VSTO では UserInclusionList クラスおよび AddInSecurityEntryクラスが用意されていました。   参考) 方法: 信頼のリストのエントリを追加または削除する https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb398239.aspx UserIncrusionList クラスおよび AddInSecurityEntry クラスを含む Microsoft.VisualStudio.Tools.Office.Runtime.v10.0.dll は、.NET Framework 3.5 用の Office 拡張機能アセンブリです。 このため、.NET Framework 3.5 ターゲットの VSTO テンプレートを含まない Visual Studio 2012 以降がインストールされた開発環境で、かつ .NETFramework 3.5 が端末にインストールされていない場合は、Microsoft.VisualStudio.Tools.Office.Runtime.v10.0.dll アセンブリを利用できません。また、インストール先環境に .NET Framework 3.5 がインストールされていない場合も、同様に利用できません。…


Officeソリューション開発時の開発環境のバージョン選定について

※ この記事は以下の Office サポート フォーラムに移行しました。 https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/7d21b81b-5c3d-4b29-9e47-032fd963125d/office12477125221251712540124711251912531382833033026178123983828   こんにちは Office 開発系サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では .NET Framework 上で動作する Office ソリューションを開発する際に、検討すべき開発環境のバージョン選定のために必要となる情報について記載いたします。 以下の内容でご説明させていただきます。   2017/2 Update 新しい Visual Studio と Office バージョンについての記事を以下に投稿しました。 タイトル : [オートメーション / VSTO] .NET での Office ソリューション開発時の開発環境のバージョン選定 (2017 年 2 月版) アドレス : https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2017/02/07/office-development-environment-2017/    目次   1. 導入 – 開発環境に必要なもの   2. Officeオートメーションの場合  …