Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 (Centennial) での開発 – その1 – (DLL の読み込み)

こんにちは、Office 開発サポート チームの中村です。久しぶりの投稿になります。 このタイトルの記事では、新しい提供方法である「Microsoft ストア版 Office 2016」における、これまでの Office との違いについて、Office 開発観点から記載していきたいと思います。今後もこのテーマでは何度か投稿することになると思いますが、今回はまず、DLL 読み込み動作の違いについて記載します。   1. Microsoft ストア版 Office 2016 とは? Office 開発観点の話の前に、そもそも、Microsoft ストア版 Office 2016 とはどういうものかを簡単に説明します。 Office 2016 には色々なライセンス契約方式がありますが、これは単に契約上のみの違いではなく、販売方法によって、Office アプリケーション自体も異なる仕組みで提供されています。現在、以下の 3 種類の提供形式があります。   1-1. クイック実行 (C2R) 形式 Office 365、市販パッケージ (FPP)、以前のプレインストール (PIPC) がこの提供形式です。また、MSDN サブスクリプション契約でダウンロードできる検証用の Office 2016 も (プロダクト キーの入力などの認証方式はボリュームライセンスに一見見えますが) クイック実行形式です。 インターネットなどからサイズの小さいインストーラをダウンロードして実行し、インストールの中で実行モジュールのダウンロード等を行います。最低限の準備ができると Office を使い始めることができ、バックグラウンドで残りのインスト―ルが行われることから、クイック実行と呼ばれます。 Office 2016 では、現在このクイック実行形式が主流となっており、製品の修正、新機能の追加などは、基本的にこのクイック実行形式に対して行われます。 クイック実行形式は、Microsoft Application…