子どもに優しい UWP アプリを作る – Kid’s Corner への対応

「キッズ コーナー」とは Windows 10 Mobile では「キッズ コーナー」と呼ばれる、保護者が追加するゲーム、アプリ、音楽、ビデオをお子様が使用・再生できる場所が用意されています。保護者が所有しているデバイスに、ある種のゲスト利用のモードが用意されていて、そのモードでは保護者が追加したコンテンツ・アプリしか実行できないように制限することができます。 では、どんな時に「キッズ コーナー」が利用されるのでしょうか。例えば、週末の家族の食事シーン、ファミレスなどで席の呼び出しを待っているとき、 子「ねぇ、つまんないょう」 親「もうすぐ呼び出されるから、もうちょっと我慢してね」 子「ねぇ、ねぇ、つまんないぃい」 親「あー、もー、じゃぁ、この Windows 10 Mobile で遊びな!」 子「あれ、パパの会社のメール、256通未読だって。キリがいいねぇ。」 といったやり取りが頻繁に見受けられます。親のデバイスを一時的に子どもに貸す場合、親の会社のメールなど子どもに見せたくない・保護したい情報があります。子ども専用の実行領域を用意して、子ども用に割り当てしたアプリ・コンテンツだけを実行再生できるようにする機能が「キッズ コーナー」です。   「キッズ コーナー」での実行判定 さて、気になるのが実行中の UWP アプリが自身が「キッズ コーナー」で実行されているか判定できるか、という点です。Windows.Phone.ApplicationModel.ApplicationProfile クラスの Modes プロパティにより取得可能です。 この API はデバイス固有の API として Windows.Phone.PhoneContract コントラクトに分類されいます。そのため、プロジェクトに UWP 拡張ライブラリ「Windows Mobile Extensions for the UWP」への参照を追加します。 本サンプルは、UWP Samples の UserInfo のシナリオ1 の [Show properties] ボタンにキッズモードでの実行状態を取得する以下のコードを付与しました。 // Kid’s…

0

Azure Deep Dive Part2 で PowerApps について技術セッション実施しました

  本日 2/22(月) に Azure Deep Dive Part 2 というイベントがありました。 今回、「ビジネスアプリ開発ツール PowerApps とは」と題し、PowerApps についての技術セッションを実施しました。 もしかして、日本マイクロソフトとして初めて PowerApps を解説したセッションかも。 ということで、スライドを以下の通り公開しております。 ビジネスアプリ開発ツール PowerApps とは ~クラウドの力をマルチデバイスに展開する—Naoki Sato ご活用ください。

0

12/17(木) 第2回 Windows 10 UWP Developer Workshop に向けて

12月17日(木) に「UWP の基礎や UWPを意識した UI 設計の方法から、音声認識アシスタント Cortana とアプリの連携の実装、さらにストアでのマネタイズの手法まで、アプリの開発から公開までに必要なすべての内容を 1 日で学ぶこと」を目的とした、「1 日で Windows 10 に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン~ Windows 10 UWP Developer Workshop 【第 2 回】」ハンズオン セミナーが開催されます。 事前準備について、こちらでも説明させていただいておりますので、ご一読し準備作業の程お願いいたします。 既に Windows 10 + Visual Studio 2015 環境をご用意いただいている方も、必要な機能が入っていないこともありますので、セミナーの2日前には確認し必要に応じて機能追加のインストールを行ってください。   実習用 PC Windows 10 がインストールされた PC をご用意ください。 ハードウェアとしては、タッチ対応やペン対応の PC をご用意いただくと、「More Personal Computing – Cortana, Windows Hello etc,」の演習にてタッチ操作・ペン・マウスそれぞれの操作で Ink 機能の確認ができますので、おすすめです。もちろん、ペンやタッチ対応しておらず、マウスの環境でも Ink 機能は利用できますので、安心してください。 なお、Windows…

0

UWP : アプリ入ってますか? カスタム URI スキームをチェックする

UWP アプリ間で連携する際、連携先のアプリがあるかどうか確認したいことがあります。 例えば、新聞アプリやニュースアプリ上で選択したテキストに対して右ボタンクリックなどのコンテキストメニューから、辞書アプリを起動し選択した文字の意味を調べる、といったアプリ間連携のシナリオです。   この場合、アプリをアクティブ化する方法として、アプリに対してカスタム URI スキームを定義する方法があります。 プレインストールされているアプリでも URI スキームが用意されているものもあります。代表的なものとしてアプリが一覧表示されているマーケットプレイスである「ストア」アプリは、以下のリンクのように URI スキームが用意されています。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/mt228343.aspx 単に起動するだけではなく、パラメータを渡すこともできることが分かります。つまり、辞書アプリのシナリオ例もカバーできるアクティブ化の方法です。   さて、連携アプリ側でカスタム URI スキームを用意されていると、その URI が存在し必要な情報が一致すればアプリがインストールされているとみなしてアプリを起動する、といった方法をとることが少なくありません。 アプリがインストールされていない場合はボタンやトグルスイッチを disable 状態にして、アプリを起動したのにエラーになった、というユーザの満足度を下げるアプリのふるまいを制限することができます。   そこで、カスタム URI が存在しているかどうかのチェックですが、、、Windows 8/8.1 の Windows Runtime では残念ながらありませんでした。 Windows 10 では、Launcher クラスが強化され、URI スキームに対してアプリが割り当てられているかチェックする FindUriSchemeHandlersAsync メソッドが用意されました。 以下簡単な例です。  private async void FindUriScheme() {             var res = await Launcher.FindUriSchemeHandlersAsync(“http”);            var resappinfo = res[0].PackageFamilyName;}                 …

0

UWP アプリから設定アプリを起動する

ユーザがアプリを利用する際の操作性を高めるため、ネットワーク設定や位置情報利用の設定をアプリから変更したいケースがあります。スタートメニュー等から OS の設定アプリを起動して設定変更、があります。 (Windows 10 Pro Insider Preview 10532 の画面です) ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP) アプリから、この設定アプリを呼び出す方法がありますので、ご紹介します。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/xaml/dn741261.aspx Windows Phone 8.1 向けにアプリを開発していた人はご存じの方法ですが、設定アプリは ms-settings URI スキームが Windows 10 より用意されました。この URI をスキームを利用することで設定アプリが起動します。 ということは、ブラウザの URL にこれらを入れると、、、、 ぜひ、お試しあれ。

0