[SDK 1.3] Azure Drive のスクリーンショット

Azure Drive を実行中のロールにリモートデスクトップ接続し、スクリーンショットを撮ってみました。 Mount メソッドを呼び出すと、WindowsAzureDrive という名称でドライブ(今回は B ドライブ)が現れました。 この出来たドライブを開くと、自分のコードで書き込み処理を行い作成したファイルがありました。 ローカルキャッシュを利用しているので、C:\Resources\Directory\ 以下のフォルダをたどると、CreateCloudDrive 時に作成されたブロブのキャッシュがVHD イメージとして(訂正 xdc – Azure Drive キャッシュ, VHD はブロブ内)あることがわかります。 リモートデスクトップで探究できることで、様々な挙動を目視できて、理解が進みますね。

1