de:code 2015 を振り返って

ご参加いただいた皆様、朝早くから夜遅くまでお疲れ様でした & ありがとうございます! 「TechEd + //build/」のコンセプトを掲げ、5 月 26 日から 27 日にかけて開催された de:code 2015。インフラ技術者と開発者が大集結し、新鮮で大量の技術情報のシャワーを浴びた 2 日間でした。 ブレークアウトセッションは Windows 10、Microsoft Azure や Windows Server 2016 などのクラウドやデータセンターのテクノロジー、Office や Dynamics などプロダクティビティやビジネスソリューション、開発ツールの Visual Studio などテクノロジー毎にトラック構成し 7 トラック 87 セッション、そしてこれらトラックに分類できないスペシャルセッションを 3 セッションとなり、計 90 セッションのテクニカルセッションを用意しました。(セッションリストはこちらです。) 本当にたくさんのテクニカル セッションを、しかも、インフラ技術者と開発者のどちらを優先するということなく、どちらにも技術セッションをお届けすることを心がけました。 「心がけた」と書いているのは、今回、私はコンテンツオーナーという役割を本イベントで担っていたからです。コンテンツオーナーは 1 人ではなく、クラウド系が井上(大)、インフラ系が高添、クライアント系と全体統括が私という 3 人でチームを結成し、コアメッセージ、トラック設計、セッション設計、タイムテーブルや部屋割りなどの全体設計だけではなく、レビュー、リハーサル立ち合い、当日のセッション確認などコンテンツ全般に関わることすべてをこの 3 人で推進しました。(一部セッションで立ち見や入場制限となり、ご不便おかけいたしました。すみませんでした。。。) せっかくなので、de:code の裏側をチラリと。。。これは 5 月 25 日のリハーサルの様子です。     今すぐ使える技術はもちろん、米国で開催された「Build…

0