iPhone で Windows Phone 7.5 を体験

既にご存知の方も多いですが、iOS や Android で Windows Phone 7.5 のエクスペリエンスを体験することができます。 よく見ると、Safari の中に・・・・ そうです。Web サイトのアプリケーションになっているんですね。 Web サイトはこちら https://aka.ms/wpdemo 。 PCブラウザからアクセスすると iOS や Android でのアクセスを促すメッセージが表示されます。 Windows Phone の魅力の一端を、少しでも多くの人に体験していただきたいです!!

0

記事公開しました。Windows Azure AppFabric 概要

Windows Azure AppFabric は、Windows Azure Platform のクラウド コンピューティング サービス群の一部として提供されている重要なサービスです。 現在、開発に用いる Windows Azure AppFabric SDK はRTM 版の V1.0 と CTP 版の V2.0 の2つのバージョンが提供されています。実案件では RTM 版である V1.0 での検証・実装を行い、AppFabric で将来含まれる機能を活用し保守性や生産性を向上させソリューションに組み込むか、その見通しを立てるため CTP 版の V2.0 を利用している状況でしょう。 ・Windows Azure AppFabric SDK V1.0 – April Update (RTM版のV1.0) http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=129448 ・Windows Azure AppFabric SDK CTP – June Update (CTP版のV2.0 ) http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=184288   今回、株式会社クリエ・イルミネートの中原様に執筆いただき、「Windows Azure…

0

記事公開しました。HTML5 対応サイトを Windows Azure Platform で動かすには

Internet Explorer 9/HTML5 に対応した Web サービス “The Shodo” (音楽が流れるので、ボリュームにご注意ください) は、ご存知の方も多いと思いますが、Windows Azure Platform 上で実行されています。 “The Shodo” は書道をWeb ブラウザ上で体験することができる、HTML5 を駆使して作成された Web サービスです。Windows Live や Facebook、Twitter の外部認証の利用が組み込まれていたり、ASP.NET 4やASP.NET MVC 3、Razor 構文等を利用したり、当初のリリースから日々手が入れられ進化しているサイトです。 今回、サイトを制作された 株式会社 ビジネス・アーキテクツ の吉野様に執筆いただき、以下の記事を公開いたしました。 HTML5 対応サイトをクラウドで動かす ~ "The Shodo" ができるまで http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh180847 第 1 回 The Shodo の紹介と構成 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh180849 約2週間おきに、計5回のシリーズで記事を公開していく予定です。ぜひ、ご一読下さい。

0

Azure Blob + Full IIS の Web ロールで

  Azure Blob ストレージを簡易 Web サーバーとして利用するドキュメントを公開させていただきましたが、IIS 機能をサポートしているWeb ロールと組み合わせることで利用者のユーザビリティーを向上させることができます。 Web.config ファイルの <system.webServer> に以下の行を追加しアップします。 <system.webServer> <httpRedirect enabled="true" destination="http://(アカウント名).blob.core.windows.net/index.htm" exactDestination="true" childOnly="false" httpResponseStatus="Permanent" /> </system.webServer> これは、IIS の HTTPリダイレクトを用いて Web サイトへの要求を Blob へ転送するものです。IIS の管理ツール(IIS Manager) では以下のような設定を行います。 利用者は、http://(DNS名).cloudapp.net とブラウザで入力すると、ブロブのURLに転送されます。なお、この設定はパス指定 (http://(DNS名).cloudapp.net/a/b.htm ) を無視して、リダイレクト先に指定された URL に転送されます。 Blob の Web サーバー的な機能は、既定のドキュメント(デフォルトドキュメント index.html 等) を返却するような Web サーバーの機能を持ち合わせてません。また、カスタムドメインを割り当てたときも、レジストラの DNS で root ドメインからサブドメインへの転送設定(例 example.com –> www.example.com)ができないこともあるため、ユーザビリティの向上にはいろいろなアイディアを使うことにになります。 この記事では、Web…

0

Azure で稼働させた Webサイト全体に対して CDN を有効にし、カスタムドメイン名でアクセスさせる

  Windows Azure Web ロール上ででサイトを構築した場合、サイト全体に CDN を有効にすることができます。 また、DNS の設定を行うことで、カスタムドメイン名(ユーザーフレンドリーな URL) でサイトへのアクセスと、CDNが効いた状態でのレスポンスの両立を行うことができます。 これを行うには、以下の設定を行います。 Visual Studio でのプロジェクトの設定 Windows Azure ポータルでの CDN(Windows Azure CDN) 設定 Windows Azure CDN に対するDNS設定   [Visual Studio でのプロジェクトの設定] 1. CDN を有効にする Web ロールのプロジェクトを選択し、cdn フォルダを作成する 2. プロジェクトのファイルを CDN 下に配置する 3. ソリューションをビルドし、Windows Azure ポータルを通じてアップロードする ※ この設定で (アカウント名).cloudapp.net/cdn へアクセスするとアプリケーションが動作します。   [Windows Azure ポータルでの CDN(Windows Azure CDN)…

0

Azure Blob ストレージを簡易 Web サイトとして利用する

HTML や image ファイル、javascript でサイトを構築している場合、Azure blob を Web サーバーとして、また CDN を利用することができます。Webサーバーの負荷低減に利用して下さい。   利用するツール:Azure Storage Explorer http://azurestorageexplorer.codeplex.com/ ダウンロードし、あらかじめインストールしてください。 ※ [手順] 1. Windows Azure 開発ポータル http://windows.azure.com よりログイン 2. [Hosted Services, Storage Accounts & CDN] をクリック 3. [Storage Accounts] を選択し [New Storage Account] をクリック 4. URL に任意の値を入力、[Choose a region or affinity group] でデーターセンターの場所を選択する。 5. 右側の [Primary access key]…

2

情報伝達の手段としてご活用ください Windows Azure 無料90日間アカウント提供

  情報伝達の手段としてご利用いただけるWindows Azure Platformの無料90日アカウントを発行しています。 通常の 30 日間無料パスを急遽 90 日間に延長してご提供しております。従いまして、本申し込みサイトや申し込み後の通知メールでは、一部 30 日間無料パスと記載されている場合がございますが、地震対応用のプロモコードでお申し込みの方は 90 日間無料でご利用いただけます。 このアカウントは、クレジットカードの登録無しに利用可能ですので、情報共有の手段として有効にご活用ください。 お申し込みURL:http://go.microsoft.com/?linkid=9766038 東北地方太平洋沖地震 対応用のプロモコード:AZURE312   Web サーバー、データーのバックアップなどにご利用下さい。 また、オープンソースアプリケーションのインストール方法はこちらにまとまっております。 http://maniax.jp/installmaniax/4/report/docs インストールマニアック4ご参加の皆様、ありがとうございます。

0