VSTS/TFS Test Manager による手動テスト(打鍵テスト)の効率化

先日の話ですが、5 月下旬に開催された de:code 2018 に、若手エースコンサルタントの原田さんと一緒に登壇させていただきました。私事の関係で突発で穴を開けるリスクがあり、今回は登壇を見送ろうかと思っていたのですが、原田さんに協力いただけるとのことになったので、初めて共同登壇という形にさせていただきました。二人で登壇するといろいろ気付きもあり、私自身、非常によい経験になりました。(改めて原田さん、無茶ぶりに協力していただいてありがとうございました。m(_ _)m) さて de:code 2018 では IT Modernization の重要性について説明し、そこから手動テスト(打鍵テスト)の効率化について取り上げて解説を行いました。日本の多くの SIer では未だ Excel を使った打鍵テストが行われまくっていますが、この部分は VSTS/TFS の Test Manager を利用することにより大幅な効率改善ができます。このエントリでは、セッション内容について簡単に整理しておきたいと思います。 [打鍵テストの効率化に対する考え方] 手動での UI 打鍵テストの効率化については、すぐさま「自動化して効率化しよう」という話が出がちですが、自動化による効率化がうまく機能する(高いコストメリットが出る)ためにはテストの繰り返し回数が多いことが必要です。代表的には以下の 2 つのようなケースに当てはまると、自動化が極めて有効に機能します。 かなりの構成テストが必要(構成テスト=異なる OS やデバイス、ブラウザなどで同じテストケースを何度も繰り返すこと。最近だとスマホアプリのような場合が代表的。) 同一の UI や機能に対して長期保守が必要(例えば Windows OS のように一度リリースするとそのバージョンを同じ機能のまま最大 10 年間保守し続けなければならないような場合) しかしエンプラ系の業務システムでは、上記のような条件が満たされていないことも多く、また自動化するにしてもテストケースがあまりにも多いために全部を自動化するのが現実的ではないこともよくあります。こうした背景から、エンプラ系業務システムではかなりのテストケース(特に結合テスト以降のテスト)が手作業で行われており、この傾向は今後もあまり変わらないでしょう。 [ツールによる効率化の必要性] とはいえ、だからといって Excel を使いまくったテストは非効率的です。一般に打鍵テストは以下の手順で進みますが、特に後半の作業はツールによる効率化を図るべきところです。 網羅的かつ効率的なテストケースを組み立てる 組み立てたテストケースを元に、打鍵でテストを実施する テスト結果を保存するために、手作業でスナップショットを取り、Excel にぺたぺた貼り付ける テスト結果を集計するために、手作業で Excel に実施結果を書き込んでいく バグを報告するために、手作業で Excel を使ってバグ報告を行う 実はマイクロソフトでは、手動打鍵テストを効率化するためのツール…

0