『変わらない開発現場』シリーズ 情報ポインタ一覧

昨日ですが、ようやく de:code 2017 で実施したセッション ppt, ビデオが公開されました。先日アップした blog エントリと併せて、昨年の de:code 2016 から始まった『変わらない開発現場』シリーズは一通りこれでやり尽くした形になりますが、ここで改めて、関連する情報ポインタ一覧を整理しておきたいと思います。 現場の方が初めて見る場合には ① de:code 2016 CLT-016 から、マネジメントや上司の方にオススメする場合には ② de:code 2017 DO-08 あるいは ③ からまずご覧いただき、興味に応じて他の情報を見ていただくとよいと思います。社内勉強会などにぜひご活用ください。これらの情報が、皆様の開発現場の改善に少しでもご活用いただけることを願っております。 ※ ご意見・ご感想・F/B・拡散など大歓迎です。Twitter @nakama00、はてブ、あるいはこの blog などでぜひお気軽にコメントなどをお寄せください。 ① de:code 2016 CLT-016 拝啓『変わらない開発現場』を嘆く皆様へ ~エンプラ系 SI 開発現場の「今」を変えていくために~ [ビデオ] https://channel9.msdn.com/Events/de-code/2016/CLT-016 [ppt] https://docs.com/decode2016/9106 [はてブ] http://b.hatena.ne.jp/entry/s/channel9.msdn.com/Events/de-code/2016/CLT-016 [主な対象者] SIer 現場担当者、SIer マネジメント層 [内容] 設計・テストに関する実践的な改善方法 ② de:code 2017 DO-08 『変わらない開発現場』を変えていくために ~エンプラ系レガシー…

0

拝啓『変わらない開発現場』を嘆く皆様へ ~変わっていくエンタープライズ系業務システム開発とマイクロソフトエンタープライズサービスの取り組み~

 昨年、今年と 2 回に渡って de:code にてエンプラ系 SIer さんの PL, PM, SE を対象としたセッションを担当しました。エンプラ系 SI の『闇』はかなり深いものがあり、現場担当の方々はそれを改善すべく日々奮闘されていると思うのですが、その一方で、全体論としての捉え方が正しくないが故に、アプローチが誤っていたり掛け声だけで終わってしまっているケースも少なくありません。例えばエンプラ系開発現場でも最近はトップダウンで DevOps に取り組め、なんていう指示が出たりすることもあるのですが、実際にそれがうまくいっているお客様をなかなか見かけないのも事実です。  こうした背景があり、de:code 2017 ではセッションを担当すると同時に、参加者全員に配布するマーケティングのリーフレットを使って、筆者赤間の所属するマイクロソフト エンタープライズサービス(有償サービス部門)での最近のコンサルティングの取り組みをいくつかご紹介するという試みをしてみました。マーケティング部門の費用を使っている関係で、弊社サービス部門の営業色が入った内容にはなってしまっているのですが、その一方で、この情報は(特にエンプラ系 SIer やエンド IT 部門、IT 子会社のマネジメント層の方々にとって)組織やチームをどういった方向に導いていけばよいのかの指針になる、とも考えています。実際、いくつかのお客様でこの取り組みを私からご紹介したのですが、自組織の今後の方向性を整理する上で非常に参考になった、という F/B が多かったです。  個々の皆様の事情はそれぞれ違えど、多少でも参考になる部分があればと思い、blog 化してこちらのサイトにも掲載することにしました(基本的な骨子はリーフレットと同じですが、ページ数の関係で書ききれなかったことを加筆修正しています)。よろしければぜひご覧いただければ幸いです。 ■ エンプラ系 業務システム開発を俯瞰する  クラウドに代表される昨今の技術革新は、業務システム開発の在り方に大きな影響を与えてきました。インフラ、アプリ、運用などの領域に分けてみると、以下のような変化が起きています。  これらの中でも特に重要なのが、「アプリ特性に応じた開発のやり方をする」という考え方です。様々な分類方法が提唱されているのですが、ここではシンプルでわかりやすい、SoE(System of Engagement / お客様との絆を強めるためのシステム)、SoR (System of Record / 事実を記録していくためのシステム)という分類を取り上げてみます。SoE 型システムとは「コンシューマ向け、フロントエンド、オープン、B2C」といった特性を持つシステムで、代表例としてはコンシューマ向け Web サイトやゲームアプリ。一方、SoR 型システムとは「エンタープライズ系、バックエンド、基幹系、B2B/B2E」といった作成を持つシステムで、代表例としては金融系勘定システムのようなものが挙げられます。  並べてみると明らかなように、これらはシステム開発としての基本的な特性が大きく異なります。例えば SoE 型システムはページ数や業務数は少なめですが、かわりに極めて先進的な技術が投入されます。一方、SoR 型システムは、一つ一つのロジックはさほど難しくないものの膨大な数の業務が存在し、品質の安定性重視のために枯れた技術が好まれる傾向にあります。  また、開発特性が異なれば、求められる開発文化も当然異なります。例えば SoE 型システムでは「素早くリリースして素早く軌道修正していく」という Try &…

3