IEブラウザの互換性問題の緩和方法

blog の更新をサボって早一年以上。たまにお客様にお会いすると、「blog もう更新しないんですか?」とかよく聞かれるのですが;、最近は Windows 8 タブレットアプリ開発に全力投球していたのでそれどころではありませんでした;。が、ようやく半年ぐらい苦しんでそこそこ軌道に乗ってきたので、ちょっと気分転換も兼ねて blog を書いてみようかと思ったりします。お題は IE ブラウザの互換性問題の緩和方法です。 そもそもこの記事を書こうと思った経緯は、あるお客様でこんな話を相談されたからでした。 「ブラウザを IE から別のブラウザに乗り換えたいと言っているお客さんがいる。理由としては、以前、クライアントの更改時に IE のバージョンアップに伴う再検証作業に恐ろしいコストがかかったため。他社製ブラウザだったらそういうことが起きないと思うので、IE から乗換をしたいと言われている。何か助言をもらえないか?」 ええええ;;、それはあり得ないでしょう;、と思ってしまったのですが、その後いろんなところで話を聞いてみると似たような話が次々と出てくるので、おそらくこれはきちんと現場に情報が伝わっていないのだろうと思った次第。実はマイクロソフトも様々な情報を出してはいるのですが、ぶっちゃけ情報の正確性を意識するあまりどの説明も難しくなりすぎているので、誤解を恐れずにポイントだけをざっくりまとめてみよう、というのがこの記事の趣旨です。 現在のブラウザを取り巻く環境 IE のバージョンの変遷 IE のドキュメントモード(レンダリングエンジン) レスポンス HTTP ヘッダーによるドキュメントモードの調整方法 (参考)リクエスト HTTP ヘッダー/サーバ側の挙動/ブラウザ側での解釈 クライアント OS やブラウザのバージョンアップに対する戦略 OS やランタイムのバージョンアップをなるべくラクにするために Rapid Release 時代の到来による変化と対応の考え方 それでは早速スタートです^^。 [現在のブラウザを取り巻く環境] 改めて言うまでもないですが、昨今の IT 環境の進化はものすごく速いです。例えば今や IT 業界を席巻しているタブレットの急先鋒である iPad が発売されたのは 2010 年 5 月、つまり今からたったの 4 年前。ブラウザの世界もまた非常に進化が激しく、HTML5 や CSS3 などの進化は目覚ましいものがあります。こうした中、ブラウザ各社はいち早く新機能を市場に提供するために、リリースサイクルをどんどん短くしていくことになりました。Wikipedia…

1