SQL Azure データベースの課金について

※ (追加情報 2011/07/25) SQL Azure データベースの課金に関して、米国本社の担当者も交え、最終的な確認を行いました。結論としては、定義上の最大容量(MAXSIZE)ではなく、実際のデータ容量(Current Size)に基づく課金が行われるという、当初通りの情報が正しい、ということになりました。弊社内の一部の担当者が誤解しており、社内で情報が錯綜したのが誤りの原因でした。謹んでお詫びすると共に、修正した情報を以下に掲載します。なお、本件については SQL Azure の課金に関する FAQ として、近日中に Windows Azure のホームページに掲載される予定です。そちらも併せてご確認ください。 [SQL Azure の課金に関する基本的なポイント] SQL Azure の課金は、Web Edition と Business Edition とで分かれている。 例えば、Business Edition を含んだコミットメントプランを購入したサブスクリプションで、Web Edition データベースを利用すると、コミットメントプランに含まれないデータベースを使ったものとみなされ、従量課金されてしまう。 データベースは、実際のデータベースサイズ(Current Size)に基づき、日割りで課金される。 料金表は月あたりの金額で書かれているが、課金は日割りで行われる。(日割り計算の詳細なロジックは後述) master データベース、temp データベースなどは課金対象外。 ユーザデータベースのみが課金対象になる。 データ量は、テーブル内のデータの量だけでなく、インデックスデータの量なども含まれるが、ログデータは含まれない。(簡単に言えば .mdf データファイルの容量であり、.ldf ログファイルの容量は含まれない) [具体例その1] 上記のようにデータが含まれている場合の課金は、以下のようになります。 [課金の日割り計算に関するキーポイント] 従量課金の場合 その日のピークデータ量(Current Size)に基づいて、日割りで課金される。(データベース定義上のMAXSIZEではない) どの月であっても、常に”31”で日割り計算が行われる。(30日以下の月であっても、31で日割り計算が行われる) コミットメントプランの場合 基本的には、従量課金と同じ方式で計算が行われる。 しかし、その月の利用量が購入ユニット数よりも少なかった場合には、購入ユニット数まで繰り上げが行われる。 この繰り上げ計算は「月」単位で行われる。 [具体例その2.] 以下のような場合を考えてみます。(※…

0