.NET Framework アプリケーションの 64bit 対応


さて、次は何のネタを書こうかなぁと迷っていたのですが、そういえばこの blog を書いている自分のマシンは Windows Vista の 64bit 版。Lenovo ThinkPad X60 (Core2Duo)のマシンに 64bit 版 Vista を入れているのですが、64bit OS はまだ使われたことがない、という方も多いんじゃないでしょうか? 私もなんだかんだと理由をつけて(笑)、なかなか 32bit 環境から移行してこなかったのですが、さすがに仕事でも 64bit OS を使う機会が増えてきたり、あるいはいくつかのアプリケーションは 64bit 版しか提供されない、といった形になってくると、64bit OS を食わず嫌いで通すわけにもいかなくなってきました。

一年ほど前に .NET Framework の 64 ビット対応とは何なのか、ということを調べようと思ったところ、意外にきれいに情報がまとまっているものが少なくて苦戦したので、エンジニアとして知っておくべき 64bit OS の基本をまとめたいと思います。

なお、.NET Framework アプリケーションの 64ビット対応を考える上では、そもそも 64 ビット OS  とは何か、という点を理解することが重要です。このため、このエントリではまず OS 一般の話、そしてそのあとに .NET Framework の話、と 2 段階に分けて解説したいと思います。

■ Part 1. 64 ビット Windows OS の基本知識

  • x86, x64, IA64 の違い
  • 64 ビットプロセスと 32 ビットプロセス
  • WOW64
  • x64 版 Windows OS のフォルダ構造
  • x64 版 Windows 上での Visual Studio 2008 の動作

■ Part 2. .NET Framework 2.0 アプリケーションの 64 ビット対応

  • IL コードとネイティブコード
  • コンソールアプリケーションの場合
  • ライブラリアプリケーションの場合

■ Part 3. ASP.NET 2.0 Web アプリケーションの 64 ビット対応

  • 64 ビット/32 ビット動作の決定メカニズム
  • IIS 6, 7 の動作ビットモードの変更方法
  • 64 ビットワーカプロセスの制限事項
  • 開発環境において 64 ビットワーカプロセスを使いたい場合について

ではでは、順番に見ていくことにしましょう。:-)

Comments (0)

Skip to main content