Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 1.2 を導入する

 これまで英語版のツールのみの提供だった Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 1.2 ですが、先日 日本語版の言語パック がリリースされました。 これにより、Visual Studio 2010 日本語版上で、日本語UIを使って Windows Azure 対応のアプリケーションを開発していただくことが可能になりました。  Windows Azure 上で動作するアプリケーションは、基本的には ASP.NETで作成されたものがそのまま動作するようになっているため、ほとんどの部分はこれまでのVisual Studio 2010 のWebアプリケーション開発と同様の手順で開発していただくことができますが、データストレージのアクセスや、クラウド内で実行しているサービスの活用など、Azure独特の部分を使ったプログラムを作成していただく際に、このツールが役に立ちます。  このツールは、Visual Studio 2010 もしくは Visual Studio 2008 SP1 のアドインツールとして動作します。 ここではVisual Studio 2010 がインストールされている環境に、Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 1.2 をインストールして使用してみたいと思います。   まず、インストールに際してOS側で IIS (インターネットインフォメーションサービス)を有効にして、ASP.NETが使用できるようにしておく必要があります。 コントロールパネルの「プログラムの機能」から、「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。(Windows7の場合)    そして、「インターネット インフォメーション サービス」をチェックして、そのノードの中の「ASP.NET」をチェックします。 これでOKをクリックすると、IISが有効化されてASP.NETを使ったWeb アプリケーションを直接実行できるようになります。     次に Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio…

0

Visual Studio 2010 の外観を簡単に変更する

 Visual Studio は非常にカスタマイズ性の高いツールです。 ショートカットキーの割り当ての変更や画面上のレイアウトの配置の変更をはじめとして、あらゆる部分がカスタマイズできるようになっています。 本格的にVisual Studioをオリジナルにカスタマイズするには Visual Studio SDK を使って、自分で拡張アドインを作っていただく必要がありますが、手軽にカスタマイズを楽しむならば、オンラインギャラリーがお勧めです。  オンラインギャラリーには、すでにたくさんの拡張アドインがアップロードされており、それらはほとんどが無料です。 また、インストール&アンインストールも極めて簡単なので、ちょっと試して気に入ればそのまま使い、気に入らなければすぐにアンインストールすることができます。  今回は、人気の高い2つの拡張アドインを、インストール方法と合わせて紹介します。  まずは、Visual Studio 2010 のIDEの全体の色調をワンタッチで変更できる拡張アドイン・Visual Studio Color Theme Editor です。   まず、メニューの ツール |拡張機能マネージャー を選択して拡張機能マネージャーを起動します。    左側の「オンラインギャラリー」を選択します。     すると、大量の拡張アドインが中央にリストされますが、その中から Visual Studio Color Theme Editor を選択します。 人気のあるアドインなので、上の方にあってすぐに見つかると思いますが、見つかりにくい場合には右上の検索ボックスに「 Color Theme 」などと入力するとすぐにヒットすると思います。     選択すると、ダウンロードボタンが表示されるのでそれをクリックすると、ダウンロードが始まります。     ダウンロードが終了すると、ライセンス条項を表示したりするためのダイアログが表示されるので、書かれている内容を確認してインストールをクリックします。  すると、ダイアログの下の方に再起動を促すメッセージとボタンが表示されるので、「今すぐ再起動」をクリックして Visual Studio を再起動します。     すると、Visual Studio の IDE のメニューに、以下のように「Theme」という新しい項目が追加されているのが確認できます。     ここで何か適当なThemeを選択すると、即座に IDE の周辺の色が変わります。 以下は、Emerald を選択した様子です。     なお、アンインストールしたい場合には、再び拡張機能マネージャーを起動して Visual Studio Color Theme Editor を選択し、「アンインストール」をクリックすることで簡単にアンインストールすることができます。 もちろん、「無効化」を選択すれば、アンインストールはされませんがその機能のみが無効化されて、色の変更などもできないようになります。再び「有効化」をクリックすれば、当然その機能が有効になります。     さて、ここではもう一つ、Intellisense Presenter を紹介します。 こちらもインストールは非常に簡単ですが、Visual Studio を使ってプログラムを書くのが楽しくなるような、面白い拡張アドインです。 Visual Studio上でプログラムを書く上でなくてはならない、というか何かタイプするたびに必ず表示される Intellisense ですが、この表示形態を変更するアドインです。  先ほどと同じ要領で、機能拡張マネージャーを起動し、オンラインギャラリーを表示します。 その中から「Intellisense Presenter」を探すのですが、見つかりにくい場合は検索ボックスで「intellisense」などと入力すると見つかりやすくなると思います。     これを選択してインストールし、IDEを再起動して何かプログラムを書くと、以下のようにIntellisenseが明るい感じに変わっているのが確認できると思います。      Visual Studio 2010 における機能拡張アドインは、本当に簡単に導入することができますし、世界中の人達がこのアドインを作成してアップロードしてくださっているので、大変有益なものが多数存在します。 ぜひ、オンラインギャラリーからいろいろ検索して、試してみてください。

0

Small Basic 0.9 は前のバージョンから大幅に進歩しています

 今年の2月についに日本語UIを搭載してリリースされた Small Basic ですが、今回新たに大幅にバージョンアップされて バージョン 0.9 としてリリースされました。   今回のバージョンの特徴は多岐に渡りますが、特に目立つのはボタンやテキストボックスなどのコントロールを搭載できることだと思います。    またインストールが、国際的な観点から非常に簡単になりました。 これまでは、Small Basicをインストールすると、使うにせよ使わないにせよ、日本語以外の言語・例えばフランス語やイタリア語などのUIも、同時にインストールされていました。しかもそれらを使用したショートカットがスタートメニュー上に全言語分生成されるため、ほとんど使用しないものが多数並んでしまう格好になり、邪魔に感じられた方もいらっしゃったと思います。  しかし今回は、標準ではOSの言語に対応する言語のUIのみがインストールされるようになりました。つまり、日本語OS上で Small Basic 0.9 をインストールすると、その日本語UI版のみがインストールされます。 多くの場合において、この方がすっきりして使いやすいと感じていただけると思います。  もちろん、複数の言語のUIをインストールすることも可能です。 以下に、簡単なインストールの流れを紹介します。  まず、以下のURLの右側にある「Download Small Basic」ボタンをクリックして、インストールを開始します。 http://msdn.microsoft.com/en-us/beginner/ff423682.aspx  すると、以下のようなセットアップウィザードが開始されます。 なお、インストーラーの画面は英語のみですが、インストール後の Small Basic 本体は日本語になっていますのでご安心ください。    次の画面で I acept the terms in the License Agreement をチェックしてNextをクリックします。    そして次の画面で、もしも今自分が使用しているOSの言語(日本語OSを使っている場合には日本語)のUIのみをインストールしたい場合には、何も変更せずに Next をクリックします。      もしもそれ以外の言語、例えば自分は日本語OSを使っているけれども、英語のUIと日本語のUIの両方をインストールしたい、という場合は、この画面の Main Files の左端にある + をクリックしてツリーを開き、インストールしたい言語を選択していきます。      次の画面で実際のインストールが開始されます。       インストールが終了すると、スタートメニューに以下のように自分がインストールした言語のショートカットのみが表示されます。 以下の例では、英語UIと日本語UIをインストールするように指定したため、その2つのショートカットが生成されています。      Small Basic 0.9 の新機能の詳細については、今後こちらのブログでも紹介していきたいと思いますが、さしあたり、ボタンコントロールとテキストコントロールを試していただくには、以下のようなサンプルを実行して確認していただくと分かりやすいかも知れません。 mybox = Controls.AddTextBox(10,10) Controls.AddButton(“OK”, 10,40) Controls.ButtonClicked = myclicked     Sub myclicked   a…

0

Team Foundation Server 2010 を使ってソース管理

 前の前の記事で紹介しましたように、Team Foundation Server 2010 (以下TFS2010) の導入は非常に簡単です。 そして、TFS2010の機能の中で最も手軽ながら最も有益な使い道は、ソースコード管理ではないかと思います。  自分で作成したプログラムのソースコードの変更履歴などを簡単にたどることができ、例えばプログラムをいろいろ変更しているうちにおかしくなってしまった、というような場合でも、「上手く動いていた時の状態に逆戻り」することが簡単にできます。 また、別の開発用マシンで作業の再開をする場合などにも便利ですし、違うバージョンのアプリケーションを開発するためにソースコードの分岐をしたりといったことも可能です。  なお、我々は以前 Visual Source Safe という製品を、ソースコード管理専門のツールとして提供させていただいていました。 しかしながら、既に Visual Source Safe は次期バージョンの開発を行っておらず、もしも Visual Source Safe のようなソースコード管理機能をお使いになりたいのであれば、ぜひ TFS 2008 をお使いください、そうすればこれまで以上に有益なソースコード管理を行うことができます、というようなメッセージを出させていただいていました。 しかし TFS 2008 は、導入そのものの敷居が高かったため、Visual Source Safe から TFS へとステップアップするのは困難であるというフィードバックを多数いただいておりました。 そして今回の TFS 2010 は、その導入の容易さから、現実的な意味での Visual Source Safe の次期バージョン、と考えていただくこともできるかと思います。  それでは、実際にソースコードをチェックインしたり、変更履歴を活用したりしてみましょう。  なお、ここでは既に TFS2010はインストールされており、何でも構いませんがプロジェクトが一つ作成されていることを前提にします。 もしもまだ TFS2010 そのものの準備等ができていない場合には、前の前の記事をご覧ください。本当に簡単に導入できますのでご安心ください。  まず、チームエクスプローラー上で、自分の作成したプロジェクトのノードの中に「ソース管理」という項目があることを確認してください。 これをダブルリックすると、現在チェックインされているソースコードの一覧が表示されます。 まだ何もチェックインされていない状態であれば、プロジェクト名のノード等しか表示されないと思います。   今後、プログラムなどを書いてチェックインすると、このノードの下にそれらが追加されていく形になります。 それでは早速、何かプログラムを作成してみましょう。 何でも構いませんが、ここでは C# の コンソールアプリケーションを作ってみました。 ここでは適当に Console.WriteLine(); などを使って、画面上に “Phase1” と表示するようにしています。    そしてこのプロジェクトを構成するファイル群を、TFSにチェックインします。 メニューの ファイル | ソース管理 | ソリューションをソース管理に追加… を選択してください。    すると、以下のようなダイアログが表れて、複数のプロジェクトノードがある場合にはどのノードの下にチェックインするか、また追加するフォルダー名は何にするかなどを選択することができます。 基本的にはそのままで OK をクリックします。      すると、現在作成中のプロジェクトを構成するファイルが、チェックインの保留状態になり、「保留中の変更」ウインドウが表示されると思います。(表示されない場合は、メニューの 表示…

0

Twitterを活用したプログラムをC#で作成しよう

 今回は、Visual Studio 2010 を使用して Twitter を活用するプログラムを作ってみましょう。 今やITに関係のない人であっても、様々な形で活用されている Twitter ですが、実際にやりとりされているデータは基本的なXMLファイルです。 したがって、XMLファイルから必要なデータを取り出したり、必要なXML形式のデータを生成したりといった技術を使えば、すぐに Twitter を活用したプログラムを作成することができます。  例えば、Twitter で標準的に表示されるタイムラインのデータですが、これは https://twitter.com/statuses/friends_timeline.xmlとして送信されています。試しに、IEやFireFoxなどで、上記のURLを直接入力すると、ID・パスワードを聞いてくるのでそれを入力してユーザー認証したのちに、タイムラインを構成しているXMLファイルが表示されます。    まずは上記のようなXMLデータを、自分のプログラムから取得するコードを書いてみましょう。 C#でコンソールアプリケーションなどを選択し、以下のようなコードを入力します。 ただし入力する前に、プログラムの先頭に using System.Net;を追加してください。これによりWebClientクラスなどが簡単に使えるようになります。 using System; using System.Collections.Generic; using System.Linq; using System.Text; using System.Xml; using System.IO; using System.Net;   namespace ConsoleApplication1 {     class Program     {         static void Main(string[] args)         {             WebClient myweb = new WebClient();             myweb.Credentials = new NetworkCredential(“**ID**”,…

0

Team Foundation Server 2010 は本当に手軽に導入できます

 今日のITビジネスでは、PCを使用したシステム開発も大規模なものになるケースが多くなっているように思います。 大規模なシステム開発においては複数の開発者・複数のテスト担当者がかかわるため、ソースコードの管理やバグの管理、作業の進捗管理などが重要になってきます。 そのような、開発プロセスを管理する際に使用するシステムとして提供させていただいているのが Team Foundation Server (以下 TFS)です。  今回は、いかに簡単に TFS 2010 を導入できるかを紹介したいと思います。  実はTFSはこれまで、導入の敷居の非常に高い製品と言われてきました。 Express版ではないSQL サーバーのインストールやそのReporting 機能の有効化、IISサーバーのコンフィグレーション、Active Directoryのアカウントの設定など、あらゆることを事前に完全に設定しておかなければならず、また、Windows7などの Client OSにはインストールすることがそもそもできなかったので、導入するまでの敷居が高くなってしまっていたように思います。  しかし、今回の TFS 2010 は今までとは比較にならないほど導入が簡単です。 TFS 2008 や 2005 の導入を検討していただいたけれども結局断念された、という方もきっと、今回の TFS 2010であればご満足いただけると思っています。   今回のこの記事では、とりあえず TFS 2010 を気軽に試してみたい、という方を対象に、日ごろ Visual Studio などを使用している クライアントマシンの上にそのまま TFS 2010 をインストールしてプロジェクトを一つ作るところまでを紹介します。 次回以降、ソースファイル管理やバグ管理なども紹介していこうと思います。 以下に紹介するのは、OSが Windows7で、既にVisual Studio 2010 をインストールされている場合の例です。 なお、他のOSでも同様ですし、Visual Studio 2010 が入っている必要はありません。   まずインストールですが、おそらく悩まれるところはないと思います。 セットアップを起動して、途中で以下のような「インストールする機能」を選択する場面がありますがとりあえず全部選択してインストールします。      インストールが終わると以下のよう画面になると思います。 「構成」ボタンをクリックして、そのままサーバーの構成をしてしまいましょう。       最初にライセンス認証の画面が出てきます。 すでにTFS 2010をオンラインなどでご購入されている方はここでプロダクトキーを入力していただき、そうでない場合は「評価版ライセンスをインストールする」を選択して進みます。 なお、評価版ライセンスであっても機能的には製品版と同等の機能を使用することができますが、有効期間は90日間ですので、それ以降継続してご使用いただく場合には、あとで製品版ライセンスを管理画面で入力すれば期限がなくなります。      「アクティブ化」をクリックすると、構成センターの画面になります。 ここで、TFSをどのようなレベルで使用するかを選択することができます。 最も簡単なのは「基本」構成ですので、ここでは基本を選択して進みます。基本構成であれば、SQL サーバーを単体でインストールする必要もなく、SQLがなければ SQL Expressを自動的にインストールしてくれますし、IISの設定なども自動的に行ってくれます。    ほぼ既定のまま進めて、実際の構成を行います。      すると、おそらく数分内に構成が終了し、以下のようなメッセージが表示されるはずです。      これでサーバー側の設定はとりあえず終了です。おそらく何ら悩まれるところはなかったはずです。  では、今度はこのTFSサーバー上に、ひとつプロジェクトを作っておきましょう。 ここでは、TFSサーバーをインストールしたマシンと同じマシンにVisual Studio 2010 が入っている場合を取り上げているため、同じマシン上でVisual Studio 2010 を起動しますが、違うマシンでももちろん構いません。ただし別マシンにVisual…

0

Visual Studio には逆アセンブラがついています

 Windowsのアプリケーションや Webアプリケーションなどを構築するうえで、アセンブラ言語を使うことは、一部のドライバ系・制御系のプログラムを書かれる方を除いて非常に少なくなりました。  以前は C/C++言語でアプリケーションのプログラムを書くことさえ「それでは処理が遅くなる」と言われて、泣く泣く一部を x86アセンブラを使って書いたり、インラインアセンブラを使用したり、もしくは C言語コンパイラにいったんアセンブラのソースコードを吐かせて、無駄な処理をしている部分をごっそり書き換えたりするといった形で、アセンブラ言語は欠かせない存在でした。(※ 軽く20年くらい前の話ですが)   時は流れて今では、アセンブラ言語を使わないのはおろか、VC++を使ってネイティブコードを書くことでさえも既に高速化のための手段とされる風潮さえあると思います。 通常はVBやC#などを使ってマネージドコードを書き、どうしても処理速度にこだわる必要がある場合のみC++のお世話になる、といったスタイルが、私などの場合にもあてはまります。  しかし、どんなに時代が流れても、現状やっぱりCPUの上で最終的に実行されているのは機械語のコード(=アセンブラ言語と1:1対応)ですから、アセンブラ言語の存在なくして今のこのPCの世界もあり得ない、と言っても間違っていないと思います。  そして、Visual Studio は今でも逆アセンブリ機能をサポートしています。  何かVC++などでアプリケーションを作成してステップ実行し、メニューの デバッグ | ウインドウ | 逆アセンブル とたどっていただくと・・・     見事にアセンブラ言語の状態でのコードが表示されます。    もちろんこれはただの飾りではありません。 この逆アセンブリ画面は、デバッガのステップ実行と完全に連動していますので、このままステップ実行をしながらデバッグすることもできますし、途中でどうしてもわからないクラッシュなどの問題が発生する場合に、ヒントになる場合もあると思います。  なお、この機能はVisual Studio 2010 の新機能というわけではなく、Visual Studio 2008 にもありましたし、今手元にないので再現できませんが、もっと前のバージョンのVisual Studioからずっとサポートしている機能になると思います。  他のコンポーネントとの依存性の強い今日のプログラミングでは、この逆アセンブルもどの程度役に立つかわかりませんが、それでもこのようにアセンブラのソースを見るだけでも、精神的にプログラミングの原点に返ることができるかも知れませんね。

0

Visual Studio 2010 のコードサンプル

  Visual Studio 2008 以前の Visual Studio では、コードサンプルはヘルプドキュメントの中に含まれていたり、Program Filesの下のVisual Studioがインストールされているフォルダの配下に配置されていたりしましたが、今回のVisual Studio 2010 では基本的に以下のページからオンラインで提供しています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/vstudio/dd238515.aspx   なお、サンプル本体や、詳細な説明などは英語のままなのですが、日本語版 Visual Studio 2010 で動作させる上では基本的に問題はありません。    試しに一つ、以下のビデオビューアーのデモをダウンロードしてビルドして実行してみましょう。            以下のようなWPFアプリケーションになっているので、とりあえずタイトルのみ変更して      実行してみると、確かに変更が反映されて実行できていることが確認できます。          サンプルをお使いいただくと、より早くVisual Studio 2010 や .NET Framework4 の新機能などおよびその使い方などをご理解いただけると思います。  ぜひご活用ください。

0

Visual Studio 2010 の環境にSilverlight4 Runtimeをインストールする

  Visual Studio 2010 をインストールすると、同時にインストールされるSilverlightのRuntimeは Ver3 のものです。  Silverlight3 も革新的な素晴らしいRuntimeなのですが、先日リリースされたSilverlight4 Runtimeはさらに大幅な進化を遂げたRuntimeです。(こちらのブログにて、簡単な紹介記事を書きました)  ぜひともインストールして使っていただきたいRuntimeです。    ただ、Visual Studio 2010 が現時点でターゲットにしているSilverlight RuntimeはVer3なので、開発マシンにSilverlight4をインストールしてしまって大丈夫なのか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。  結論から言うと、Silverlight4 Runtimeをインストールして、結果Silverlight3 Runtimeがなくなっても、とりあえず開発環境が壊れるということはありません。  Visual Studio 2010 自身も、Silverlight Runtimeを使用して動いている部分がありますが、Silverlight4は問題なくVisual Studio 2010 自身の動作を支えます。    ただし、注意していただきたいのは、開発時にターゲットになるSilverlightのバージョンは3ですが、そのマシンでデバッグなどをする際のRuntimeがバージョン4になることです。  具体的に状況を見てみましょう。    まず、Visual Studio 2010 がインストールされているマシンにSilverlightの最新のバージョンをこちらからインストールすると、以下のように、Silverlight Runtimeのバージョンは 4.0.50401.0 となります。         この状態で、Visual Studio 2010 を起動し、Silverlight アプリケーションを作ります。        すると、以下のように Silverlight のバージョンとしては Silverlight 3 以外選択できませんので、当然これから作るアプリケーションは Silverlight 3 用ということになります。        ここからは、Silverlight 3のアプリケーションを使いやすくなったVisual…

0

Visual Studio 2010 日本語 製品版が一般に公開されました!

 先週は MSDN サブスクライバーのお客様に対してのみのリリースだったのですが、本日ついに、一般のお客様向けに Visual Studio 2010 日本語製品ファミリーをリリースしました。  主要なSKUおよびそのダウンロードURLは以下の通りです。 Visual Studio 2010  Ultimate 試用版 (ISO) Visual Studio 2010  Premium 試用版 (ISO) Visual Studio 2010  Professional 試用版 (ISO)  Visual Studio 2010  Test Professional 試用版 (ISO) Visual Studio 2010  TFS 試用版 (ISO) .NET Framework 4  Client x86 x64 (EXE)  .NET Framework 4  Full x86 x64 (EXE)   この中のお勧めはやはり最上位版である Visual Studio 2010 Ultimateです。 PremiumやPro, Test Pro に入っているすべての機能を包括しているのはもちろん、なんといっても IntelliTrace機能が魅力です。 IntelliTrace機能を使用すると、デバッグ時に過去の状態にさかのぼったり、任意の場所からリスタートしたりといったことができるので、格段にデバッグ効率が上がります。     上記のトライアル版Ultimate, Premium, Professionalは30日間の試用が可能です。 また、オンラインで製品の登録をしていただくことで60日分の延長キーを入手することが可能です。  また、Test ProとTFSは最初から最長の90日分の試用キーが入っています。  トライアル版とはいえ、試用期間中は製品版と同じ機能がすべて使用できます。 ぜひ、これらを使用して素晴らしいアプリケーションやWebサイトなどを構築していただければ幸いです。

0