Hyper-V でもリンククローンできちゃう InvokeV Container Manager でました

Hyper-V でリンククローン キーワードだけ聞くとなんのこと?と思われる方も多いかと思います。確かに、Hyper-V 単体の環境ではクローンとなる仮想マシンの作成はおろか、複数の子仮想マシンをもつようなリンククローンの構成を構築することはかなり複雑な手順が必要でした。 ですが、これからは違います。 MVP の樋口さんが InvokeV Container Manager というツールを公開されました。このツールが秀逸なので備忘録がてらご紹介します。 ツールの詳細は下記リンクをご覧ください。 https://github.com/InvokeV/InvokeV-Container   何ができるのか? ・Hyper-V 環境でリンククローンの仮想マシンが作れちゃいます。 ・PowerShell だけじゃなくて、GUI でも操作できちゃいます。 ・イメージ作成しておいて、クローン作製を簡単にできちゃいます。   ぜひ使ってみてくださいね。 https://github.com/InvokeV/InvokeV-Container   ステマっぽくてすみません。でも、使ってもらって少しでも快適な Hyper-V 環境を実現してくださいませ。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

Nano Server Image Builder をインストールする方法(簡易版)

11/1-2 にお台場で開催される Microsoft Tech Summit で Nano Server のセッションを担当させていただくことになりました。 セッション準備の段階で実施したプロセスについていくつか補足になればと思いこのブログに書いてみました。 Nano Server Image Builder とは Nano Server のイメージ作成をGUIから容易にできるツールです。 こちらのURL http://aka.ms/NanoServerImageBuilder からダウンロード可能です。 簡単にインストール時の画面キャプチャをもとに手順を書いておきます。   前提環境 Windows ADK のインストール (こちらの記事をご参考に実施してください。)   1.インストーラーを起動します 2.End-User License Agreementで I accept…にチェックを入れて、Nextをクリックします 3.インストールパスを指定して(下記はデフォルトです)Next をクリック 4.Install をクリック 5.Finishをクリック   以上で完了となります。ADKはインストール後に再起動は要求されませんが、Nano Server Image Builder は再起動が必要となりますので、必要に応じたタイミングで再起動してください。   参考リンク Nano Server Image Builder http://aka.ms/NanoServerImageBuilder   本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

RDPを複数セッション管理できるクライアントの比較

正直、どうでもいい話なのかもしれません。 IT Proのみなさんなら、物理であれ仮想であれサーバーコンソールかなりの頻度で利用されていると思います。 私もこれまでは、クラウドベンダ提供のコンソールツールやサーバーメーカー提供のリモート KVM (Keyboard Video Mouse )のコンソールツール、ハイパーバイザー管理ツールに付属のコンソール機能などなど使ってきたのですが、一番シンプルで簡単にリモートコンソールを操作できるものとして Remote Desktop Protocol (RDP) を利用されているケースも多いことでしょう。   前置きはともかく。 本エントリでは、Microsoft のサイトから提供されているツールを2つ紹介します。どちらもUIは英語です。   1.Terminals Codeplex のサイトからダウンロードできます。 一言でいうと、多機能です。(マルチプロトコルで RDP, VNC, Console, SSH, VMRC, Citrix, RAS が使えます。) 一部の熱烈なファンには悲しいお知らせですが、PCoIP は残念ながら使えません。 https://terminals.codeplex.com/ 実際に利用したところ、設定内容を明示的に保存する形式ではなかったので意識することなく使えました。 画面はつないだイメージ。(GroupをつくったりTree構造をネストできるのが便利です。)   2.Remote Desktop Connection Manager Microsoft.com のサイトからダウンロードできます。 System Requirements でWindows Server Tech Previewが含まれているところが少しアグレッシブな印象を受けます。 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=44989 使ってみたイメージがこちら。最初に設定情報を保存するファイルを作成する必要があります(画面上S2D_Demo)。 Windows 10 で実行すると少し文字列が切れてしまいます。ツリーのホスト名をクリックすると各マシンのコンソールを開くことができます。  …

0