PowerShll on OSX 10.11 のインストール

先日、PowerShell on Linux を Ubuntu 16.4 にインストールする方法について記載したのですが、自宅のOSXの環境にもどうしてもインストールしてみたくなり、やってみたのでインストール方法について説明しておきます。 あまりにも簡単なので、特にはまることもありませんが、PowerShell がOSXで使えるということはOSのAutomaterでPowerShellを実行することも出来るようになるよということでもあります。 前提環境の確認 左上のりんごマーククリック→About This Mac で表示されます。 対象バージョンは、10.11 以降になります。 パッケージのダウンロード GitHub のサイトからパッケージをダウンロードします。 ※デフォルトでは、/Users/ユーザー名/Downloads にダウンロードされます。   Terminalを使ってのインストール Terminalを起動してコマンドラインを実行します。sudo パスワードを忘れずに。 Last login: Sat Aug 27 12:12:05 on ttys000 Mihos-MacBook-Air:~ Miho$ cd Downloads/ Mihos-MacBook-Air:Downloads Miho$ sudo installer -pkg powershell-6.0.0-alpha.9.pkg -target / Password: installer: Package name is powershell-6.0.0-alpha.9 installer: Installing at base…

0

PowerShell on Linux (Ubuntu16.4) のインストール方法

先日、PowerShell がオープンソース化され、Linux や OSX でも利用可能になりました。ただ、使えるようになったということではなく、その先には、 Microsoft loves Linux のきちんとしたビジョンとメッセージがあるのですが、詳細はリンク先をご覧いただくとして、SQL Server on Linux のアナウンス(製品はまだプライベートベータですので、内容については今日現在は言及できませんが、SQL Server 2016 の機能エンハンスから期待してもいいと思います。)、マルチプラットフォームでオープンソースな.NET Core やWSLとしてBash がWindows 10 に加わり、オープンソースソフトウェアの開発のためのプラットフォームを整備してきました。将来的には Microsoft Operations Management Suite (OMS)への機能拡張も視野にはいっています。個人的には、PowerShell のDesired State Configuration (DSC) で扱える範囲がさらに広がることによってマルチプラットフォームでのインフラストラクチャの運用管理がさらに自動化・効率化され、DevOpsに代表される作って捨てて、作って捨ててっていうインフラのライフサイクルをさらに加速するのではないかと期待しています。 さて、そんなオープンソースになったPowerShellですが、手元にUbuntu 16.04 (64-bit) の環境があったので、実際にどのようにインストールするのかを実施してみましたので手順について書いてみます。   PowerShell on Linux のインストール ※ちょっと不親切だなーと思ったので、自分で打つコマンドは緑で色分けしています。 前提環境: Welcome to Ubuntu 16.04.1 LTS (GNU/Linux 4.4.0-34-generic x86_64) * Documentation:  https://help.ubuntu.com * Management:    …

0

PowerShell でイベントログを出してみた

フォーラムでご質問があったので、勉強がてらPowerShellで確認してみました。前職時代も技術情報を修得するために、フォーラムでのご質問を調べたり試したりしていたのですが、勉強になるのでおすすめです。 フォーラムでご質問をされる場合にはこちらをご一読いただけますようお願いいたします。 PowerShellでイベントログを扱うためのコマンドレットは下記のものがあります。 Clear-EventLog Get-EventLog Limit-EventLog New-EventLog Remove-EventLog Show-EventLog Write-EventLog イベントログを出すだけであれば、New-EventLogで定義してからWrite-EventLogで書き出すことで実現できます。 PS C:\WINDOWS\system32>  New-EventLog -LogName Application -Source mihochannel PS C:\WINDOWS\system32> Write-EventLog -LogName Application -EntryType Error -Source mihochannel -EventId 1 -Message “Hello Event log :)”   実行結果はこちらになります。 アプリケーションログに、”Hello Event log : )”と出力されるのが確認できます。   動作確認した環境はWindows 10のPowerShell5です。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

PowerShellでSSHを利用してみた

PowerShell 好きですか? 私はWindows生活3か月未満ですが、すでに虜です。(言い過ぎ) OSX生活をしていた5年間、VDI環境を引っ張り出してまでPowerShellでやっていたことといったら、PowerCLIのコマンドレットを使ったり使わなかったり程度だったので、今のPowerShellはかなり機能強化されていて、知れば知るほどその深さに驚いています。 さておき。 PowerShell、便利なんですけど SSH が直接操作できないんですよね。 こちらのブログにあるように、今後Windows 10ではコマンドプロンプトでUbuntuのBashが叩けるようになるので、SSHをPowerShellで操作しようとすること自体ナンセンスになるのかもしれませんが、私の手元の物理・仮想マシンには今のところ最新のInsider preview が落ちてきていないので、しばらくの間はPowerShellで操作することになるでしょう。   そんな、インフラエンジニアでも気軽に使えてしかも無料という最高な武器であるPowerShellのコマンドレット拡張のモジュールがGitHubで公開されているのをご存知でしょうか?(私は知りませんでした。) 今日はそのなかのひとつ、OpenSSHをPowerShellに追加するモジュールを使ってみました。   1. GitHub から環境にあわせたモジュールをダウンロードします。(Wikiによると64-bit はCygwinが必要らしいので32-bitにしました。)   2.ダウンロードしたZipファイルを解凍し、”C:\Program Files\OpenSSH-Win32”に置きます。   3.PowerShell を管理者モードで起動します。(検索窓でPowerShell を探して、Ctrl + Shift + Enterで管理者モードになります。) PS C:\Tools\OpenSSH-Win64> cd ‘C:\Program Files\OpenSSH-Win32’ #SSHのホストキーを生成します(公開鍵認証方式で接続する場合のみ) PS C:\Program Files\OpenSSH-Win32> .\ssh-keygen.exe -A C:\Program Files\OpenSSH-Win32\ssh-keygen.exe: generating new host keys: RSA DSA ECDSA ED25519 #Windows Firewall を設定します。…

0

Build のダウンロードコンテンツをPowerShellでリネームしてみた。

今年もBuildのコンテンツがChannel 9にて公開されました。 セッションのビデオやパワーポイントの資料もそのまま公開されているので、通勤時間や空き時間に勉強するのに最適なコンテンツになっています。 さすがに、全部に目を通したりするのはつらいのですが… さて、サイトをご覧いただければわかるかと思いますが、ダウンロードコンテンツには法則性がありました。   ◆ビデオの場合◆ セッションID_mid.mp4 セッションID_LG.mp4 セッションID_mobile.mp4   ◆パワーポイントの場合◆ セッションID.pptx   ダウンローダーをつくるのには、「すべて」タブを選択して現れるリンクの中からこれらのファイルをダウンロードするものをつくればいいということになります。 ダウンローダーは先輩テクニカルエバンジェリストの荒井省三さんが作成してくれたDownloaderので割愛します。荒井さん、ありがとうございます!(でも、公開許諾をまだとってないので、今日現在はツールのありかは秘密です。) ダウンローダーがあってコンテンツをチェックするのがかなり便利だなぁって喜んだのは束の間。前述のコンテンツの法則性から「何のセッションだかわからない」のでフォルダがカオスになってしまったのです。 Windows PowerShell ISE をつかってデバッグしながら書いたので、汚い感じでさらに「動けばいいや」ぐらいのロジックしか考えていません。 適当ですみません(´・ω・`) タイトル属性が入っていないものはリネームできないのでそのままです。 作成したものはこちらにありますのでご自由に改変してご利用ください。GitHubなので、もっといいソースに変えてくれてもOKです。   Visual Studioからやり方がわからなくて、うまくPushできなかったので力技でアップロードしちゃいました。 まずは、この単純なスクリプトがだれかの役にたちますように祈っておきます。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0