OMS で Azure のサービス正常性を通知する方法

はじめに このブログエントリは前回のポスト同様にNicole Welch さんの Using OMS to Alert on Azure Service Outages をご本人の許諾を得て参考とさせていただいたものに加筆修正を加えたものとなります。 OMS こと Operations Management Suite には携帯用のアプリケーションが準備されており、いつでもプッシュ通知を受け取ることができます。今回は OMS の Log Analytics の機能で Azure のアクティビティログを解析し、それを元にメール通知と携帯への通知を行う方法についてご紹介させていただきます。   事前準備 Log Analytics で Azure Activity Log を分析するための環境を設定する Azure Portal (https://portal.azure.com/) にアクセスします。 左側のメニューから  モニターをクリックします。 モニターの管理ソリューションを選択し、+追加をクリックします。 ログ分析(OMS)の作成をクリックします。この画面が表示されていない場合は、検索ウィンドウに OMS と入力します。 必要事項を入力し、OKをクリックします。 OMS ワークスペース:ダッシュボードのURLの先頭になります。 https://[指定したワークスペース].portal.mms.microsoft.com/ というURLになります。 サブスクリプション:Azure のサブスクリプションを選択します。 リソースグループ:新規作成するか既存のものを選択します。 場所:リージョンを選択します。 価格レベル:OMSの価格レベルを選択します。 OKを押下した後の画面で Activity Log Analytics をクリックします。 作成をクリックします。 OMS…

0

Azure Monitor でサービス正常性を通知する方法

はじめに このブログエントリは Nicole Welch さんの Using OMS to Alert on Azure Service Outages をご本人の許諾を得て参考とさせていただいたものに加筆修正を加えたものとなります。 Azure の稼働情報は アクティビティ ログ という形でモニタリングされています。アクティビティログは以前は監査ログまたは操作ログと呼ばれていました。アクティビティログには、サービス正常性だけではなく、どのユーザーがどのリソースにどういうアクティビティを行ったかを記録しているログとなります。このログに対して、現在プレビューの(すみません、GAしていたようです。) Azure Monitor の通知機能を利用することで Azure Monitor でサービス正常性を通知することが可能です。このブログエントリでは、その設定方法についてご紹介させていただきます。 1. Azure ポータルで通知設定を行う 1.Azure ポータル https://portal.azure.com/ にアクセスします。 左のメニューから、モニターをクリックします。   2.管理メニューのアラートをクリックし、+通知規則の追加 をクリックします。   3.通知規則の追加で任意のルール名、サブスクリプション、リソースグループを選択します。 サービス正常性を通知する場合はイベントカテゴリでサービス正常性を選択し、Type Incident などを選択しておきます。 任意のAction group name と短い名前をつけ、受信者名、ACTION TYPE (SMS,電子メール,Webhppkから選択)を設定してOKをクリックします。   設定が終わると下記のようなメールが送信されます。   2017年6月1日まではプレビュー期間につき無料でごりよういただけますが、以降は下記のガイドラインで有償となるようです。     参考資料 Using OMS to Alert on Azure Service…

2

OMS はじめました

冷やし中華のように書くものではないと怒られそうですが、OMS はじめました。 OMS とは Operations Management Suite という製品スイート製品なので、一製品ではないのですが、今回おはなしさせていただいたのは Log Analytics についてでした。 簡単に資料を共有しておきますね。 20170209_IIJ GIO アカデミー—山本 美穂

0