Node-RED を Azure で使う方法

このブログエントリは Node-RED Advent Calendar 2016 への寄稿となります。 はじめに 「参加します!」って言ったときは、ノリだけでクリスマスイブだって意識全くなくて、ワクワクが足りない内容だったらごめんなさい。 と、ハードルをさげておいて。勉強会でもお話しした内容なのでご存知の方は既出となります。本家のマニュアルが英文のみなので、GUI 含めた解説があったらもっと入門が楽になるかなと思い立って書くことにしました。 Node-RED とは Node.js をつかった GUI からソースコードを生成するオープンソースのツールで、Input Output 処理をつなぐだけでコーディングをほとんど行わずに様々な処理を行うことができます。 Input Output という概念から IoT 用途での利用例が比較的多く、クラウドサービスとの親和性も高く、もちろん Azure でも利用可能なツールです。 このブログエントリでは Azure 上で利用する方法について説明していきます。事前に Azure を利用するための手続きを行ってください。動作確認程度の利用であれば、Dev Essential の特典がよいと思います。 Azure には Web Apps という PaaS のサービスがあるのですが、Node-RED で利用可能なポートが 443/80 以外のポートとなる(デフォルトでは 1880 )ため、IaaS のサービスを利用します。   Azure の IaaS で Node.js サービスを立てる まず、Azure のポータルにログインします。 左上の新規をクリックします。…

0

Windows Server 2016 on Azure でお話させていただきました

こんにちは。前回の更新からすっかり空いてしまいましたがいかがお過ごしでしょうか。 昨日、イベントでお話させていただいたので、近況報告と内容の補足をご紹介させていただきます。   デモとして今回ご覧いただいたのは下記になります。 PartsUnlimited まわりは、ほかのイベントでもお話させていただいているので、一度時間をとってゆっくり手順を解説したい内容となっています。 ・Windows Server 2016 on Azure (通常のサーバー)、Network Security Group画面、コマンドプロンプト ver 画面 ・Nano Server と リモートからPowerShellで接続してPartsUnlimited をデプロイ ・IaaSについた新機能(自動シャットダウン) 20161216_ADD_miyamam—山本 美穂   それから、補足になりますが、Windows Server の歴代の機能比較の資料が出ています。 この資料を使えば、〇×表をつくる手間が省けると思いますので、どうぞご活用くださいませ。   そうそう、ひとつご報告が。 Docs.comのリンクですが、認証に使っているユーザーを変えた関係で新しい資料は下記リンクに公開していこうと思います。 ブックマークされていたらすみません。 https://docs.com/myamamoto   本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

0