Nano Server Image Builder をつかって Nano Server の VHD を作成する

11/1-2 にお台場で開催される Microsoft Tech Summit で Nano Server のセッションを担当させていただくことになりました。 セッション準備の段階で実施したプロセスについていくつか補足になればと思いこのブログに書いてみました。 Nano Server Image Builder とは Nano Server のイメージ作成を GUI から容易にできるツールです。こちらのURL http://aka.ms/NanoServerImageBuilder からダウンロード可能です。 インストール方法はこちらをご参照ください。   イメージを作成する前に、下記の内容をあらかじめ準備しておきます。 サーバー名(ドメイン参加/Workgroup) Windows Server 2016 のインストールバイナリ ネットワーク設定(DHCP/固定IP) デバイスドライバ(OEM、仮想でない場合) Nano Server に加えたい機能や役割   ツールの起動時には UAC の確認が入ります。 1. Nano Server のイメージを作成するか、イメージをもとに起動用 USB を作成するかを選択します。   2. Next をクリック 3.Windows Server 2016 のインストールメディアの格納されているフォルダを指定します。 ※インストールイメージは全て必要ではありません。NanoServer フォルダとその配下のファイルが必要となります。 Nano…


Nano Server Image Builder をインストールする方法(簡易版)

11/1-2 にお台場で開催される Microsoft Tech Summit で Nano Server のセッションを担当させていただくことになりました。 セッション準備の段階で実施したプロセスについていくつか補足になればと思いこのブログに書いてみました。 Nano Server Image Builder とは Nano Server のイメージ作成をGUIから容易にできるツールです。 こちらのURL http://aka.ms/NanoServerImageBuilder からダウンロード可能です。 簡単にインストール時の画面キャプチャをもとに手順を書いておきます。   前提環境 Windows ADK のインストール (こちらの記事をご参考に実施してください。)   1.インストーラーを起動します 2.End-User License Agreementで I accept…にチェックを入れて、Nextをクリックします 3.インストールパスを指定して(下記はデフォルトです)Next をクリック 4.Install をクリック 5.Finishをクリック   以上で完了となります。ADKはインストール後に再起動は要求されませんが、Nano Server Image Builder は再起動が必要となりますので、必要に応じたタイミングで再起動してください。   参考リンク Nano Server Image Builder http://aka.ms/NanoServerImageBuilder   本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Windows ADK のインストール方法(簡易版)

Windows ADK とは、Windows Assessment and Deployment Kit の略で Windows のインストールイメージを作成するツールです。 Nano Server のデプロイイメージを作る際に事前にインストールしておく必要がありますので、今回は Nano Server の環境構築を行ったときの状況を備忘録がてら記載しておきます。 Windows ADK は、こちらのリンクからダウンロードすることができます。私の環境 Windows 10 build 14393 では最新版の1511を使用します。 インストール手順はウィザードに従うだけですので、スクリーンショットを掲載しておきますね。       デフォルトでチェックボックスが入っているのは下記になります。明らかに不要なもの(今回の場合は App-V や UE-V など多数あります)は省いてインストールしましょう。 イメージ作成のための準備のひとつが終わりました。   【参考リンク】 Download the Windows ADK https://developer.microsoft.com/en-us/windows/hardware/windows-assessment-deployment-kit 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

2

Ignite 2016 まとめ(歩き方編)

前回のポストでは、Ignite 2016 の General Session (内容には敢えて触れていない)と Expo についてご紹介させていただきました。 ご紹介させていただいてからふと気づいたんですが、ほぼすべての Breakout Session の動画やセッション資料がWeb で公開されているのでセッション内容をご紹介させていただくより、現地に行かなければわからない現地の雰囲気や様子について書き連ねていきたいと思います。 海外のカンファレンスの参加経験のある方はご存知ですが、カンファレンス会場は空調が低めに設定されています。9月末のAtlantaは日中は半袖で出歩けるレベルの暖かさで、早朝や夜間でも薄手の上着で事足りるレベルです。 ですが、カンファレンス会場は極寒です。私は、スウェット地のパーカーと薄手のダウンジャケットを持っていましたが、ダウンジャケット着用率のほうが圧倒的に多く、パーカーはひざ掛け替わりに使っていました。 そんな極寒の地であるカンファレンス会場でしたが、今回は会場の途中に中庭のようなエリアがあり、冷えたからだを日光浴で休めたり、テクノロジの詰め込みでオーバーヒートしそうになった頭脳を休めるための工夫が各所にありました。 例えば、写真撮影にぴったりな Microsoft ロゴが置いてあったり Miho Yamamotoさん(@mihochannel)が投稿した写真 – 2016 9月 29 2:31午後 PDT 怪しげな栄養ドリンクベースのシェイク(ベースとなる栄養ドリンクが選択でき、そこにフルーツとフルーツジュースを加えるというもの)やミルクシェイクを提供していたり アイスクリームを水で薄めて拡販したミルクシェイクを配布していたり。 大きなチェスやジェンガ(2日目以降撤去されていました)が提供されていて、地元のバンドの演奏をBGMにして気分転換することができます。 カンファレンスの目玉のひとつに、Hands on Labs があります。 私の持論なのですが、ハンズオンは「受講したいセッションがない時間」に実施することが多いです。コンテンツもインターネット経由で利用可能なので、セッションを優先して後で気になるハンズオンだけ受講するというやり方をしています。やりたいハンズオンがすべて終わらず、今でも夜な夜なやってます。。。 ハンズオンは、検証環境を気軽に準備できない人向けの検証環境としても活用可能です。 Ignite では、イベント期間が終わってからもオンデマンドで利用可能なので、テキストそっちのけで自分が確認したい機能の検証をしたりしています。 テキストに沿って手を動かすだけだと理解しづらいと私は思っているので、そういう人にとってはこの自分色に染めてやる的な利用方法はぴったりだと思います。 Miho Yamamotoさん(@mihochannel)が投稿した写真 – 2016 9月 26 7:59午前 PDT 気分転換にはもひとつ、シアターセッションを受講するというのもかなりいい方法でした。 人をダメにしそうなソファでむしろダメにならずにセッションの洪水に身を浸すというのもまたよし。 EXPO会場内に7つあるシアターで、スピーカーとの距離が近く臨場感あふれるセッションを受講するもよしです。 そんな Ignite にみなさん行きたくなりました? そんなあなたにピッタリなイベントがあります。その名もMicrosoft Tech…


Ignite 2016 まとめ( General Session / EXPO 編)

  会社で使っているPCが壊れたり、USで買ってきた新しいPCに振り回されたりいろいろしているうちに、報告までお時間いただいてしまいましたが、9/25-30 にアトランタで開催されていた「それプロ」こと IT Pro 向けの技術カンファレンスの Microsoft Ignite に参加してきました。 Microsoft の社外向けの海外カンファレンスは初めてで、これまでに参加した海外カンファレンスや社内イベントのサバイバルノウハウを総動員して少しでも技術に集中できるように動いてきました。この話はまた別の機会にナレッジシェアしていこうと思います。 さておき、5日間にわたって開催されたこのイベントは14,000人( General Session の数値)もの参加者が世界中からいらっしゃるというかなりの規模で開催され、Windows Server 2016 をはじめとしたサーバー製品のローンチも兼ねています! このブログでは私が現地で見聞きし、感じた内容を数回に分けてご紹介します。 今回、私は Pre-day Training からフルで参加させていただくことができました。 Pre-day Training は500ドルという有償のもので、各分野ごとに1日集中講座やハンズオンで技術と向き合う内容で、私は Azure Stack のトレーニングに参加しました。 セッションの資料はどうやら今日現在公開されていないので、内容は下記リンクにある Breakout session から追っかけてもらえればと思います。 私もゆるっと追っかけますので、先に行っててもよいですよ( `ー´)ノ BRK2187 – Review Microsoft Azure Stack with Jeffrey Snover and Mark Russinovich Microsoft Ignite Content 09-07-2016   BRK4019 – Dive…