てくえばはじめました。


「てくえばはじめました」「冷やし中華はじめました」的な書き方をしてみましたが、どんな言い方をしても事実なんだから仕方がない。

事実を端的に書くと、先日Technical Evangelistとして日本マイクロソフトに入社しました。

このブログをはじめるにあたって「あんた誰?」と思われるのが少し恥ずかしので私のバックグラウンドをざっくりとご紹介させてください。

某ソフトウェアメーカーでは、プリセールスのシステムエンジニアというお仕事をしていました。具体的にどんなお仕事かを説明しようかなと思っていたら、先日、MVPでvExpertっていうワールドワイドに見ても”レアキャラ”な小川さんがIT mediaの連載の第1回で書いていらっしゃるのでそちらをご参照ください。(逃げた

その前は某メーカー系のシステムインテグレーターでインフラ(IT Proの領域ですね。)とかアプリケーション開発とか様々なお仕事を経験させていただきました。当時、Tech Fieldersの前身であるIT Pro道場に通ったり、いろいろなコミュニティに参加させていただいたりとお仕事の中でも外でもいろいろと勉強させていただいたりする機会が多くありました。

今の職場の先輩の方には当時のスピーカーだった方も健在なので、日々感動したりテンション上がってばかりできゃぁきゃあしてます。

そもそも、そんなバックグラウンドの私がなんで「てくえば」をはじめることになったのかということについては、とてもブログじゃ書ききれないくらいの長い話なので直接お目にかかるときにでも聞いてください!

ひとことでいうと「世間は狭く、人生のうちに何度もチャンスのための布石があって、それが巡り巡ってチャレンジしたいときの縁となる」っていう感じです。すでに長い!

私のチャレンジはこれからたくさんあるのですが、まず、お仕事をするうえでの相棒であるマシンもOSX(これまで、WindowsなマシンはVDIぐらいしかいなかったのです。なので、少し古めのWindows XPとかWindows 7、VDI環境を構築するときに使用するWindows Serverとはお友達程度に馴染みがあるのですが、メインの相棒としてはつかっていませんでした。)から最新のWindows 10にかわりカルチャーショック!慣れないことや不思議なことばかり!!!

幸い、会社ではMacを使うこともできるということも後で知ったのですが…その時にはとりあえずWindowsと仲良くしようと決心しちゃっていました。

一人前の「てくえば」になるまでには、当面、いろいろなことを技術的に追いかけていくことになります。

たとえば、Windows 10をはじめとするOSやアプリケーションと仲良くなること、これからのお仕事のメインの道具になるVisual Studio(この子も昔はVisual Studio 6や.NET Framework 2.0ぐらいまではIDEとして使っていたので、同級生との再会みたいな感覚です。すっかりかっこよく、スキルフルになっちゃって感動です。)と徹底的に仲良くなること、といろいろとやらなきゃいけないことだらけで、早くもDogfoodならぬCatfoodでおなかを壊しそうな勢いです。

さみしがりやさんなので、ひとりでやったことを静かにおいておくのは性に合わないので、このブログでどんな「修行」をしたのかということをかける範囲で共有していきたいと思います。
気が向いたら読んでもらえる、そんな内容を目指して書くのでよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

Comments (0)

Skip to main content