Surface Pro 4 / Surface Studio 向け最新ファームウェア・ドライバーの公開について (2017/12/7)

TPM 脆弱性の修正を含む最新ファームウェア・ドライバーを公開しました   こんにちは。 Surface 法人向けサポート担当です。 弊社では、米国時間 12/7 付 で Surface Pro 4 および Surface Studio の最新版ファームウェア・ドライバーを公開しております。(対象は、 Windows 10 ver 1607 以降となります。) 今回の更新では、以下の点が修正されています。 システムの信頼性向上 コネクト スタンバイから復帰した際の動作の改善 スリープから復帰した際のマルチタッチおよびペンの接続性の改善 Microsoft security advisory 170012 を含む潜在的なセキュリティ脆弱性の解消 詳細は以下のページにて公開しております。   Updates for Surface Pro 4 and Surface Studio (07 December 2017)   Surface の動作に何らかの問題が発生している場合は、まず、ファームウェア・ドライバーを最新版に更新を実施いただき、改善するかをご確認ください。   最新版ファームウェア・ドライバーの適用方法 本更新プログラムは、 Windows Update でも提供されておりますが、後述の注意事項がありますため、法人のお客様には、弊社ダウンロード センターからファームウェア・ドライバー パッケージ形式で導入いただくことをおすすめいたします。…

0

Intel Management Engine の脆弱性と Surface デバイスについて

こんにちは。 Surface 法人向けサポートです。   先般 Intel 社より、第 6 世代以降の CORE プロセッサーなどで確認された脆弱性について情報が公開されております。 この問題について、弊社 Surface 開発部門にて、対応状況として以下の情報を公開いたしましたので、本記事では日本語にて内容をご紹介します。   (弊社開発部門の記事) Intel Management Engine Vulnerability and Surface Devices   (概要) マイクロソフトでは、 Intel Management Engine の脆弱性 (Intel-SA-00086) の存在を認識しております。Intel 社の脆弱性検出ツールでは、現時点でマイクロソフト Surface デバイスを、このセキュリティ アドバイザリに対して脆弱としてリストします。 マイクロソフトでは、事象を調査し、以下の点を確認しております。   リモートでこの脆弱性を攻撃するには、Intel Active Management Engine (AMT)  が必要です。現時点の Surface デバイスは、AMT を実行していないため、Management Engine に対してリモートでの接続を許可することはありません。 ローカルでこの脆弱性を攻撃するには、 USB 経由の Direct Connect Interface…

0