Surface Pro 3 のボリューム縮小およびパーティション変更について


こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。

 

今回は Surface Pro 3 の C ドライブのボリューム縮小についてご紹介いたします。

 

Surface Pro 3 の既定の C ドライブを縮小する場合、多くの割合で意図したボリューム サイズの縮小が行えません。

実際に私の手持ちの Surface Pro 3 でも、ボリューム縮小をしても 3 GB しか縮小が行えない場合や 30 GB 程縮小出来る場合がございます。

 

どれだけ縮小出来るかは、ボリューム内に存在する ”動かせないファイル” に影響している場合がほとんどです。縮小した際になぜその容量までしか縮小出来なかったかは、イベント ログの Application より確認出来ます。

 

・イベント ログからボリューム縮小が行えない原因を確認します。

1.    検索 BOX に ”diskmgmt.msc” と入力し、ENTER を押します。

2.    ディスクの管理が開きます。

3.    画面下部より対象のドライブ(C ドライブ)を右クリックし [ボリュームの縮小] をクリックします。

4.    [縮小] をクリックします。

5.    検索 BOX に ”イベント” と入力し、[イベント ログの表示] をクリックします。

6.    左ペインより [Windows ログ] - [Application] を選択します。

7.    中央ペインより ”ソース” 項目の行に ”Defrag” のイベントが 3 つある事を確認します。

8.    一番下にある Defrag のイベント 259 を選択します。

9.    画面下部にあるイベントの説明欄より ”全般” タブの詳細結果を確認します。

10. ”診断の詳細” のより ”再度に移動できなかったと思われるファイル” を確認します。(以下の画像を参照下さい。)

 

 

 

実際には以下のファイル等が移動出来ない為に、意図したボリュームの縮小が出来ていないケースが多くございました。

1. Bitlocker のファイル

  ファイル名: \System Volume Information\FVE2.{e40ad34d-dae9-4bc7-95bd-b16218c10f72}.3::$DATA

2. ハイバネーションのファイル 

  ファイル名: \hiberfil.sys::$DATA

3. ページ ファイルのファイル 

  ファイル名: \pagefile.sys::$DATA

 

それぞれのファイルを一時的に動かせるファイルにする事で、構成の変更などを行わずボリュームの縮小を実施する事が可能です。

上記 3 点についてそれぞれの以下の対処を実施ください。

 

1. Bitlocker のファイル

----------------------------------------------------------

Bitlocker を一度無効化した後、ボリュームの縮小を行い、再度 Bitlocker の有効化を実施します。

 

‐ Bitlocker の無効化

1. 検索 BOX に ”Bitlocker” と入力し、[Bitlocker の管理] を開きます。

2. ”Bitlocker を有効にする” をタップします。

3. 回復キーのバックアップ方法画面では、バックアップ方法を選択し、[次へ] をタップします。

4. ”Bitlocker のアクティブ化” 画面より [Bitlocker のアクティブ化] をタップします。

5. ”Bitlocker ドライブ暗号化” 画面に戻り、”Bitlocker を無効にする” をタップします。

6. ”Bitlocker を無効にする” 画面より [Bitlocker を無効にする] をタップします。

     暗号化の解除まで暫く待ちます。

     暗号化解除中には ”暗号化の解除中です” と表示されます。

7. 解除完了後は ”暗号化解除が完了しました” と表示されますので [閉じる] をタップします。

 

Bitlocker の解除後、再度ボリュームの縮小を実施します。

 

‐ Bitlocker の無効化

1. 検索 BOX に ”Bitlocker” と入力し、[Bitlocker の管理] を開きます。

2. ”Bitlocker を有効にする” をタップします。

3. 回復キーのバックアップ方法画面では、バックアップ方法を選択し、[次へ] をタップします。

4. ”ドライブを暗号化する範囲の選択” 画面より暗号化の対象ドライブを選択し、次へをタップします。

5. 必要に応じて ”Bitlocker システム チェックを実行する” を有効にし [暗号化の開始] をタップします。

    ”暗号化しています” 画面で暫く待ちます。

6. ”暗号化が完了しました” と表示されますので [閉じる] をタップします。

 

参考: Bitlocker について

タイトル: BitLocker の概要

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831713.aspx

タイトル: BitLocker ドライブ暗号化

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/products/features/bitlocker

 

2. ハイバネーションのファイル

----------------------------------------------------------

ハイバネーションを一時的に無効化した後、ボリュームの縮小を行い、再度ハイバネーションの有効化を実施します。

 

‐ ハイバネーションの無効化

1. コマンド プロンプトを管理者権限で起動します。

2. 以下のコマンドを実行します。特に実行結果は表示されません。

    powercfg.exe /h off

3. システムの再起動を実施します。

 

再起動後、再度ボリュームの縮小を実施します。

 

‐ ハイバネーションの有効化

1. コマンド プロンプトを管理者権限で起動します。

2. 以下のコマンドを実行します。特に実行結果は表示されません。

    powercfg.exe /h on

3. システムの再起動を実施します。

 

参考: ハイバネーション ファイルについて

タイトル: Windows を実行しているコンピューター上で休止状態を無効にする方法および再度有効にする方法

http://support.microsoft.com/kb/920730/ja

 

 

3. ページファイルのファイル 

----------------------------------------------------------

 ページファイルを一時的に無効化した後、ボリュームの縮小を行い、再度ページファイルの有効化を実施します。

 

‐ ページファイルの無効化

1. 検索 BOX に ”システム” と入力し、[システム] を開きます。

2. 左ペインより ”システムの詳細設定” をタップします。

3. ”システムのプロパティ” 画面より ”パフォーマンス” 欄にある [設定] をタップします。

4. ”詳細設定” タブより [変更] をタップします。

5. ”すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する” のチェックが有効の場合は、チェックを無効にします。

6. ”各ドライブ” のページング ファイルのサイズ” 欄より対象のドライブが選択されている事を確認し、”ページング ファイルなし” のチェックを有効にします。

7. [設定] をタップします。

8. ページファイルを無効化するかの確認が行われるので [はい] をタップします。

9. [OK] をタップします。

10. 再度 [OK] をタップします。

11. システムの再起動を実施し、変更を反映します。

 

再起動後、再度ボリュームの縮小を実施します。

 

‐ ページファイルの有効化

1. 検索 BOX に ”システム” と入力し、[システム] を開きます。

2. 左ペインより ”システムの詳細設定” をタップします。

3. ”システムのプロパティ” 画面より ”パフォーマンス” 欄にある [設定] をタップします。

4. ”詳細設定” タブより [変更] をタップします。

5. ページファイルを基の設定に戻します。既定の場合は ”すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する” のチェックを有効にします。

6. [OK] をタップします。

7. 再度 [OK] をタップします。

8. システムの再起動を実施し、変更を反映します。

 

‐ 参考: ページファイルについて

タイトル: RAM、仮想メモリ、ページファイル、および Windows でのメモリ管理

http://support.microsoft.com/kb/2160852/ja

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content