Surface Pro 1,2,3 を復旧させる


Surface Pro 1, 2, 3 をご利用にあたって、何らかの理由で端末を初期化されたい状況になった場合の手順をご紹介します。

 

- 何かの拍子に、Windows の動作が不安定になった。

- 設定変更を行ったが、元に戻す方法が分からず、初期化したい。

- 人に端末を貸すことになったため、個人のデータを初期化しておきたい。

- 端末が起動してこない場合や、ハードウェア面での問題かの切り分けを行うため、サポート窓口に依頼を行う前に最終チェックをしたい。

 

このような場合、端末をリフレッシュ (ファイルを保持して Windows の設定のみ初期化する) するか、

リセット (ファイルを削除して Surface の工場出荷状態に戻す) のいずれかが有効です。

特に、とにかく調子が悪い場合など、トラブルシュート目的の場合には、リセットを実施して下さい。

 

大きく分けて、Surface を起動して、Windows が正しく起動しないか、Windows のサインイン画面まで進むかで手順が異なります。

 

[1] 起動時に Windows がサインイン画面まで進まない場合

==========================================

この場合は別途 USB 回復ドライブをご用意いただき、修復をお試しいただく必要がございます。

 

- 準備

・ 同じバージョンの Surface をご用意ください。

・ USB 回復ドライブを作成するために、8 GB 以上の空き容量がある USB メモリをご用意ください。

※ ご用意いただく USB メモリはフォーマットされるため、重要なデータは事前に別媒体などに退避いただくようお願い致します。

 

- 作業手順

1) USB 回復ドライブの作成

今回現象が発生した Surface と同じバージョンの別 Surface 上で作業を実施します。

 

 1. 電源アダプターを Surface に接続し、電源コンセントに差し込みます。

 

 2.  USB メモリを、Surface の USB ポートに挿入します。

 

 3. 画面の右端から内側へスワイプして、[検索] をタップします。

(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] をクリックします。)

 

 4.  検索ボックスに「回復」と入力し、[回復] をタップまたはクリックした後、[回復ドライブの作成] をタップまたはクリックします。

 

 5. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスで、[はい] をタップまたはクリックします。

 

 6. [回復パーティションを PC から回復ドライブにコピーします] をタップまたはクリックして選択し、[次へ] をタップまたはクリックします。

 

 7. 使用する USB ドライブをタップまたはクリックし、[次へ]をタップまたはクリックします。

 

 8. [作成] をタップまたはクリックします。

 

回復イメージと必要な回復ツールが、USB ドライブにコピーされます。

コピー処理中は Surface を起動状態に保つ必要があります。

コピーには 10 分から 15 分程度かかります。

 

 9. 回復ツールがコピーされたら、[完了] をタップまたはクリックします。

 

※ このとき、回復パーティションの削除] は実行しないでください。

 

10. USB ドライブを Surface から取り外します。

 

※ 一旦回復ドライブとして作成した USB メモリには、他のファイルやデータを保存しないようにすることをお勧めします。

 

・ USB 回復ドライブの作成

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/storage-files-and-folders/create-a-recovery-drive

 

 

2) USB 回復ドライブからの起動

上記手順で作成した USB 回復ドライブを使用して、今回現象が発生している Surface を起動します。

 

 1. Surface を電源 OFF の状態にします。

 

 2. 上記で作成したブート可能な USB デバイスを USB ポートに接続します。 

 

 3.  Volume Down (-) ロッカーを "押したまま" にします。

 

 4. 電源ボタンを押して離します。

 

 5.  Surface ロゴが表示されたら、Volume down (-) ロッカーを離します。

 

----- USB デバイス上の Surface が起動します。 

 

・ USB デバイスから Surface を起動する

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/storage-files-and-folders/boot-surface-pro-from-usb-recovery-device

 

 

3) PC をリフレッシュする

Surface 起動後は以下の作業が要求されます。

 

 1. プロンプトが表示されたら、使用する言語とキーボード レイアウトを選択します。

 

 2. [トラブルシューティング] をタップまたはクリックし、[PC のリフレッシュ] をタップまたはクリックして、リフレッシュする対象のオペレーティング システムをタップまたはクリックします。

 

 3. [PC のリフレッシュ] 画面で [次へ] をタップまたはクリックし、[リフレッシュ] をタップまたはクリックします。

 

 4. Surface が再起動し、リフレッシュ処理が完了するまで Surface のロゴが表示されます (これには 30 分程度の時間がかかります)。 

 

 

----- 処理後に正しく Surface が起動することをご確認ください。

 

----- 正しく Surface が起動しない (現象が解消しない) 場合は、4) の手順を実施します。

 

4) PC をリセットする (工場出荷時の初期状態に戻す)

--- もう一度、手順2) にて Surface を USB 回復ドライブから起動します。

 

Surface 起動後は以下の作業が要求されます。

 

 1. プロンプトが表示されたら、使用する言語とキーボード レイアウトを選択します。

 

 2. [トラブルシューティング] をタップまたはクリックし、[PC を初期状態に戻す] をタップまたはクリックします。

 

 3. 回復キーの入力を求められた場合は、画面の下部にある [このドライブをスキップする] をタップまたはクリックします。

 

 4. リセットする対象のオペレーティング システムをタップまたはクリックします。これは Surface にインストールされている現在のオペレーティング システムを指します。

 

 5. [はい、ドライブのパーティション分割をやり直します] をタップまたはクリックします。次のページで、[次へ] をタップまたはクリックします。

 

 6. [ドライブを完全にクリーンアップする] を選びます。

 

 7. [リセット] をタップまたはクリックします。

 

 8. Surface が再起動し、リセット処理が完了するまで Surface のロゴが表示されます (これには 30 分から 1 時間程度の時間がかかります)。 

 

※ 再起動後に TPM のリセット画面が表示される場合、Type Cover 上から F12 (Fn キー + PgDn) キーを押下します。

 

----- 処理後に正しく Surface が起動することをご確認ください。

 

※ リセット後

Surface をリセットした後は、初期設定をウィザードに沿って実行してください。

 

(参考情報) 保証、修理、および回復

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/browse/surface-pro-3?category=warranty-service-and-recovery

 

 

[2] 起動時に Windows がサイン画面まで進む場合

========================================

 1. Windows サインイン画面で、サインイン画面の右下隅にある電源アイコンをタップまたはクリックします。

 

 2. Shift キーを長押しします。

   (スクリーン キーボードの場合は、Shift キーをタップまたはクリックします。)

 

 3. Shift キーを押したまま、[再起動] をタップまたはクリックします。

    [強制的に再起動] ダイアログが表示された場合は、[強制的に再起動] をタップまたはクリックします。

    Surface が再起動すると、[オプションの選択] 画面が表示されます。 

 

 4. [トラブルシューティング] をタップまたはクリックします。 

 

 5. 上述の "3) PC をリフレッシュする"、もしくは "4) PC をリセットする (工場出荷時の初期状態に戻す)" の手順に沿って、PC のリフレッシュ、PC を初期状態に戻す を実行します。

 

Comments (0)

Skip to main content