先着40校様限定!学校PRのためのWindows 8のアプリ開発を支援します!

  昨年秋に発売になったWindows 8 ですが、春モデルもたくさんのPCが発表されており、ますます注目を集めています。 Windows 8の魅力とはやはりタッチ。時にPCとして、時にタブレットとして、企業内やご家庭での利用が増えています。 Windowストアアプリとは、Windows 8 デバイス上で動作する新しい種類のアプリケーションです。 従来のデスクトップ アプリとは異なり、Windows ストア アプリでは、1 つのウィンドウが既定で画面全体に表示され、ユーザが欲しい情報により簡単に近づくために一切の余分を省いたアプリケーションで、多くのサービスが既にストアアプリで提供されています。   新入学の時期を迎え、学生、ご家庭、卒業生など、さらにWindows 8のご利用の方々が増えていく中、学校でもこのWindows 8のストアアプリへの対応をご検討される学校様が増えてまいりました。 そこで、この新入学の時期にぜひ学校/学科様限定でWindows 8ストアアプリに対応していただくためのキャンペーンを行うことになりました。 「学校アプリ/研究室アプリ開発支援キャンペーン」です。 ☆先着40校様(学科、研究室含む)にアプリ開発を100%支援します! ☆アプリ化ご希望のすべての学校様に、簡単にアプリを作れるテンプレート、説明ドキュメント、技術サポートを提供します! ☆公開されたアプリケーションをマイクロソフトのWebやニュースレターでご紹介します! この時期だけのキャンペーンです!是非ご参加ください。   キャンペーン詳細・ご参加方法はこちらをご覧ください。 以下のような学校アプリを作って、お客様に、学生にアピールをしてください。     皆様のご参加を心よりお待ちしております。


Kinect の教材の翻訳が登場。Kinect の研究やゼミ、授業などでお使いください。

Kinect のドキュメントの翻訳がついにリリースされました。 これまで Kinect のドキュメントは英語での提供となっていましたが、Kinect for Windows SDK beta 2 のドキュメントをこの度日本語へと翻訳させていただきました。 まず今回最初に提供しているのは「Kinect for Windows SDK SkeletalViewer のチュートリアル」です。本チュートリアルでは、Kinect for Windows SDK および Kinect の基本的な機能である、スケルトンの情報や深度を取得するための方法をコードとともに解説しています。全 36 ページのボリュームで、詳細を記載していますので、ぜひ Kinect アプリケーション開発の参考にしてください。 「Speech チュートリアル」や「AudioCaptureRaw チュートリアル」などは順次アップロードして、このブログポストを更新します。(2012/01/17 に更新しました) 公開している文書一覧 SkeletalViewer のチュートリアル (C#, C++) Speech チュートリアル (C#) RecordAudio チュートリアル (C#) AudioCaptureRaw チュートリアル (C++) MFAudioFilter チュートリアル (C++) MicArrayEchoCancellation チュートリアル (C++) なお、ダウンロードするには、Faculty Connection への登録が必要です。登録方法は以前のブログポストを参考にしてください。(Faculty Connection…


Faculty Connection Newsletter の登録の手順について

Faculty Connection では教授および先生向けに、授業や研究で役立つ資料を提供しています。Faculty Connection へ登録いただくと、教授および先生向けの情報を毎月アップデートするニュースレターや、Faculty Connection 内のコンテンツへの完全なアクセス権が入手できます。是非ご登録ください。 以下に手順を表記します。 1)Faculty Connection (http://www.facultyresourcecenter.com/) へアクセスします   2)上部メニューの右から二番目にある「Registration」を選択します 3)「Need to Subscribe to the Faculty Connection Newsletter」という文字の右にある「Subscribe」ボタンをクリックします 4)Live ID を使ってログインします。もしLive IDをお持ちでない場合は、「Sign up now」ボタンをクリックして新たに Live ID を取得してください。 5)お名前と大学名、専攻などをご記入いただき、Faculty Connection Newsletter の購読にチェックをしてください。 6)登録されたメールアドレスに認証用のメールが送付されます。 7)「Verification Mail」というタイトルのメールを確認いただき、メール内のリンクをクリックします。 8)確認の画面が表示され、Continue ボタンを押すと、最終確認の画面が表示されます。招待用コードをお持ちの方はコードをテキストボックスに入力し、お持ちでない方は「Manual Verification」の横にある「Click Here」をクリックします。 9)コードを入力する場合、これで登録が完了となります。「Manual Verification」の場合は、必要事項を入力の上、fcverify@microsoft.com までメールを送付ください。送付の際には、画面に太字で表示されているユーザーナンバーの記入をご確認ください。 以上で登録は終了です。Faculty Connection をぜひご活用ください。