Imagine Cup 2014 Day 1

UXエバンジェリストの春日井です。 いよいよ、Imagine Cup 2014が始まります。予行練習&壮行会の翌日には成田空港に移動し、鳥羽商船高等専門学校のチーム「かぞくぐるみ」のみなさんと一緒に今年の世界大会が開催されるシアトルへと向かいました。もう一人のチームメンバーの島影さんはニュージーランドに語学留学中のため、シアトルで合流です。 中央がリーダーの宮村くん、向かって左がタイからの留学生のパリンさん、右がぬいぐるみを作った堅太くんです。宮村くんと堅太くんはこれが初めての海外だそう。 約9時間のフライトでシアトルへ。みんな元気です。入国審査も無事通り抜けました。何ごとも経験なので、係員とのやりとりを手伝ったりはしません (笑) 空港のゲートをくぐり抜けるとボランティアの方が迎えてくれました。とっても世話焼きなお二人で、両替所からシャトルバスの登録、乗り場まで案内してくれました。 Safeco Fieldとその向こうのビル群が見えてくると、ああ、シアトルに来たなって感じがしますね。私は幸せなことに夏のシアトルにしか来たことがありません。 今回の宿泊先はメイン会場になっているワシントン大学のDorm Room -学生寮です。みんなでランチを食べに行って、一息ついた後、直前のプレゼン講習とブリーフィングに参加します。作品の和名「かぞくぐるみ」の英語の名称は「Cuddly Connect」となりました。明日からは宮村くんが着ているお揃いのポロシャツで審査に臨みます。他の国の代表もそれぞれのお国柄を反映したユニフォームを着てました。ブラジル代表のユニフォームはもちろんカナリヤ イエロー。ワールドカップの雪辱を果たすのか? チーム「かぞくぐるみ」がノミネートされているイノベーション部門のブリーフィングを終えると、各チームが立ち位置やデバイスの置き場所をチェックします。 全員で集合写真。 初日の最後のプログラムはWelcome Party。今回はImagine Cupと平行して、全世界のMSP -Microsoft Student Partnersが集い、各国の成功事例を共有したり、プログラムの進め方を議論するMSP Summitが開催されており、パーティには各国から集まったMSPも参加しました。日本からは松原さんと垣内さんの2名が参加されています。フィンランドとデンマークのMSPから「なぜ、日本ではWindows Phone 8が出てないんだ?」と詰め寄られ、説明するのに四苦八苦しましたが、英語が堪能な松原さんに助けてもらいました。ありがとう!今日はこれで終わり。では、ありません。この日の夕方、ニュージーランドから到着した島影さんを加えて、4名揃っての練習を重ねます。Dorm Roomの共有スペースはどこも各国の練習で満員。そう、これは真剣勝負なのです。まさしく、ITに情熱を燃やす学生のオリンピックであり、ワールドカップ。 最後の仕上げに、歴代のImagine Cup 日本代表がサインしてきた日の丸に全員で署名。空いたスペースにはきっと「優賞」の2文字が躍ることを信じて、眠ります。おやすみなさい (ただいま、シアトルの夜の23時)。


Imagine Cup 2014世界大会の日本代表は、鳥羽商船高等専門学校のチーム「かぞくぐるみ」に決定!

 7月29日から8月2日まで、米国シアトルで開催されるImagine Cup 2014 世界大会に日本代表として参加するチームは、鳥羽商船高等専門学校のチーム「かぞくぐるみ」 に決定しました。チーム「かぞくぐるみ」のみなさん、おめでとうございます!   「かぞくぐるみ」はぬいぐるみをインターフェースにした遠隔コミュニケーションシステム 核家族化が進む現代社会が抱える問題 ―祖父母は遠方に離れて住む孫となかなか会えない、共働きで忙しい両親は幼い子供の子守をするのが大変といった問題をICTによって解決できないか?という発想から生まれたのが、家族の新しいコミュニケーションスタイルを提案する「かぞくぐるみ」です。基本的な構成はいわゆる、テレビ電話ながら、子供が使うインタフェースを「ぬいぐるみ」とすることで、楽しみながらコミュニケーションがとれるようになっています。 大人が使うことを想定している「テレビ通話用アプリ」は、タブレットPCとKinectから構成され、音声と動画だけでなく、Kinectへのジェスチャによって、子供が使う「ぬいぐるみロボット」を動かすことができます。ぬいぐるみロボットの内部には、二足歩行ロボット(ロボアクター)、Webカメラ、スピーカー、マイクが仕込まれており、それらを.NET MicroFramework対応のマイコンによって制御、マイコンは無線で小型PCに接続され、小型PCは「テレビ通話用アプリ」との映像、音声、Kinectセンサーからのロボットに対する動作命令のやり取りを行っています。 この構成は、近年のトレンドであるIoT(Internet of Things)的な発想のシステムです。組込み開発、ネットワーク制御、テレビ通話アプリといった多様な技術を組み合わせてシステムを構築している点も高く評価されました。    日本代表チームの今後の予定は? チーム「かぞくぐるみ」は、世界大会に向けて強化訓練に臨んでいただきます。 6月中旬 Imagine Cup 2014 世界大会オリエンテーション 6月中旬 英語によるプレゼンレッスン 7月中旬 本場さながらのプレゼン予行演習(審査員によるQ&Aなど) 7月29日~8月2日 米国・シアトルにて Imagine Cup 2014 世界大会(日本時間では7月30~8月3日) このほか作品力を強化するため、この分野に詳しいプロフェッショナルにも協力いただく予定です。 Imagine Cup 世界大会ではどんなことするの? 今回のImagine Cupには世界34カ国から、7,491作品の応募がありました。各国の予選を勝ち抜いた33チームが世界大会での最終決戦に臨みます。Imagine Cup 2014世界大会のメイン会場はワシントン大学の予定です。世界大会の優勝チームの賞金は $50,000 (約 510 万円)。さらに、マイクロソフト創設者、ビル・ゲイツに直に自分たちの作品を伝える場が用意されます。 Imagine Cup世界大会では、ファイナリストのために様々なプログラムが用意されており、審査前にはプレゼンのアドバイスを受けられる講習会や技術セッションが、そして、審査後にはお楽しみツアーが企画されています。マイクロソフト米国本社のオフィスツアーも予定されています。 最初の審査はプレゼンテーション。審査員の目の前で開発したアプリ、サービスの意図や特長、ビジネスプランを説明します。プレゼンそのものも審査対象となります。次がハンズオンデモによる審査。審査員が実際にアプリ、サービスを操作し、質疑応答が交わされます。この2度の審査を経て、優勝チームが決定されます。 初日 2日目 3日目 4日目 最終日 オリエンテーション   プレゼン講習会   プレゼン審査   プレゼン講習会…


世界最大規模の学生向けITコンテスト「Imagine Cup 2014 日本大会」グランプリは、タブレットでスポーツ分析が可能な「Spot」

1.   世界最大規模学生向けITコンテスト「Imagine Cup」 Imagine Cup (イマジン カップ) とは、国際競争力のある人材育成を目的とした、マイクロソフトが主催する世界最大規模の学生向けの IT コンテストです。今年で12年目を迎え、190ヶ国から地域から 累計165 万人の学生が参加するコンテストに成長しました。 今年の7月、米国・シアトルで開催される世界大会に先駆け、日本マイクロソフトでは、本世界大会への日本代表を選出する 「Imagine Cup 2014 日本大会」 を WDLC (Windows Digital Lifestyle Consortium) が主催する、学生向けのアプリ、アイデア コンテスト「Digital Youth Award」のアプリ部門として開催しました!      審査員として、日本マイクロソフトからは日本市場におけるコンシューマーおよびパートナー様を統括する事業部門責任者である香山春明氏と、最高技術責任者である加治佐俊一 氏が参加。 また、IMPACT Foundation Japan共同創設者 ウィリアム齋藤浩幸 氏や、株式会社バスキュール プロデューサーである西村 真里子氏、MOVIDA JAPAN株式会社 Chief Seed Accelerator 伊藤 健吾 氏、経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐 中島 大輔 氏と様々な分野のプロフェッショナルの方々が審査員として参加して下さいました。   2.     プレゼンの様子と作品&チームの紹介決勝大会に勝ち残った5チームが、限られた時間内にプレゼンテーションを行い、質疑応答を受けます。Imagine Cup では、アイデアや技術力に加えて、ビジネスモデルやプレゼンテーションについても評価されます。アプリ部門のプレゼンテーション制限時間は15分。参加したチームの中には、寸劇を取り入れたり、審査員や会場を訪れていた人を巻き込んだプレゼンテーンションを行ったり、制作したアプリがいかにターゲットに響くかを寸劇を使って紹介するなど、演出への工夫にも力を入れてているチームが多く見受けられました。          3.    展示の様子 全チームのプレゼンテーションが終了後、最終審査会が行われている間、観覧のお客様向けデモが展示されました。デモの時間が終了するまで、デモを使いたい観覧のお客様の列や取材が絶えることがなく、デモ会場は賑わいを見せていました。    …


Digital Youth Award 決勝大会進出作品 決定!

  Digital Youth Awardへのご応募ありがとうございました。 多数の素晴らしい作品をご応募いただき有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。 一次審査を通過したアプリ部門、アイデア部門それぞれ10作品(計20作品)の中から、決勝大会に進出する10作品が決定しましたので発表いたします。4月12日(土)に東京・大手町のKDDIホールで開催される決勝大会では、全10作品のプレゼンテーションをご覧いただけます。どちらの作品がグランプリを受賞するのか?ぜひ会場まで足をお運びいただきその目でお確かめ下さい。 お申込はこちらから! ※本大会のアプリ部門でグランプリ、準グランプリを受賞した作品が、Imagine Cup 世界大会にノミネーションされます。  Digital Youth Award 決勝大会進出作品 アプリ部門 OpenPool・慶應義塾大学『OpenPool』 Lab-Cafeというコミュニティカフェから発生しました。ビリヤード台×プロジェクションマッピングの新しい世界をお届けします。 team FUKUSHIMA・慶應義塾大学『asobo(アソボ)』 原発事故後、福島の子どもたちは、外遊びが制限されたことが一因となり体力低下等の身体の問題に加え心の問題も抱えている。子どもの成長を見守る保育士をサポートしたいと考えました。 佐藤 侑紀・新潟コンピュータ専門学校『Distortion of GRAVITY』 「誰もがゲームに夢中になれる」ことをコンセプトにシンプルな操作、何度もトライしたくなるステージ構成、誰もが抵抗なく受け入れられるデザインにこだわりました。 かぞくぐるみ・鳥羽商船高等専門学校『かぞくぐるみ』 子供たちが楽しんで使えるテレビ電話をコンセプトにこのシステムを開発しました。ぬいぐるみがインターフェースとなっていることで、子供にも楽しいコミュニケーションを実現できます。 Spot・筑波大学『Spot』 スポーツの指導者を想定ユーザとして、タブレットの特性を活かすことを意識しました。もっと簡単に試合の分析だできて、チームをより強くしたいと考えている指導者に使って欲しいです。 アイデア部門 カプサイシン・国立鈴鹿工業高等専門学校『PrintScan』 教科書などの文章をタブレットのカメラを使って撮影し、自分で練習問題がつくれるアプリです。撮影と同時にテキスト化し、文章の中で重要な箇所を自動的に消去。消えた部分はタップすることで元の文章が表示されます。 吉田 圭汰・拓殖大学『shionpush』 遠距離恋愛のカップルを支援するアプリです。あたかも一緒にそこにいるかのようにレストランやカラオケを楽しんだり、2人の普段の生活を手軽に共有して、歩みを残していくこととができます。 ぽよとぅす・中央大学/拓殖大学『Edutopic』 親がピックアップした新聞記事を子供が読むアプリです。子供に読ませたいと思った新聞の記事を親が登録、後日その記事を読んだ子供とのコミュニケーションや全世界で展開、解析する機能も想定しています。 小林 萌恵・神奈川県立川和高等学校『Challenge for SHS』 志を持った高校生がたくさんいるのに対し、それを伝える機会が少ないというジレンマを解消するためのアプリです。同世代へ向けて自分のアイデアを発信し、それに対してフィードバックや評価をうけることができます。 水上 公希・東北大学『あぐりば』 農業に喜びを見出している高齢者は地元を離れた家族との同居、もしくは老人ホームに入居してしまうと農業を辞めなければならない。そのような高齢者と農業を結びつづけるアプリです。   Digital Youth Award 入選作品 アプリ部門 ちーむまさ・専門学校HAL東京『Walls Graffiti』 Grasphy・奈良先端科学技術大学院大学『Grasphy』 Illuminati・久留米工業高等専門学校『避難RouTing』…


ビル・ゲイツに会うチャンスをつかめ! ~イマジンカップ~

    Imagine Cup (イマジンカップ) とはマイクロソフトが主催する、国際競争力のある IT 人材育成を目的とする世界最大の学生向けの IT コンテストです。マイクロソフト創設者、ビル・ゲイツの発案で 2003 年より始まりました。この 10 年間で、190 を超える国からのべ 165 万人以上の学生が参加しています。 この Imagine Cup をリードする本社のジョン・スコット・タインズより、嬉しいお知らせが届きました。    ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ あのビル・ゲイツに会える! 抄訳(本文はこちら) Imagine Cup、それは学生の力が世界を変える場所。その世界を変える最高のお手本こそが、マイクロソフトの創業者 ビル・ゲイツといえるだろう。当時大学生だったビル・ゲイツは、高校からの同級生 ポール・アレン(マイクロソフトの共同創業者)とマイクロソフトを創設。 夢を大きく持ち、精一杯努力することが、世界を変えられることを、彼らが身をもって証明してくれたのだ。 私たちは毎年イマジンカップで、世界中から集まる夢とスキルと情熱を持った学生たちを見てきた。彼らが夢を語るとき、すぐ目に浮かぶのは、彼らが近い将来リーダーとして活躍する姿だ。そして私たちはこの将来を担うリーダーたちと、今でも私たちに刺激を与え続ける最高のお手本、ビル・ゲイツをImagine Cup で結び付けたい、そう考えたのだ。 今年、Imagine Cup のファイナリストから選ばれる1チームに、マイクロソフトの創業者で現在はテクノロジアドバイザー、そしてビル&メリンダ・ゲイツ財団の創業者である ビル・ゲイツ との会談の場を提供する。選ばれた学生たちは、起業家、革新者、そして人道主義者であるビル・ゲイツと、夢や輝く将来への熱い思いを分かち合うことができるだろう。 私たちはこの素晴らしいチャンスをイマジンカップに参加する学生に共有できることを大変嬉しく思っている。そしてこのチャンスに胸を躍らせる学生の皆さんには、ビル・ゲイツと会うチャンスを掴むため、まずは今年シアトルで開催するイマジンカップ世界大会を目指してほしい。 ジョン・スコット・タインズマイクロソフト イマジンカップ プログラム リード ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ビル・ゲイツに会えるチャンスは、もちろん日本に住んでいる学生にもあります! 日本では、 Imagine Cup 世界大会への日本代表を選出する 「Imagine Cup 2014 日本大会」 を、WDLC (Windows Digital…


トップエバンジェリストが教える究極のプレゼン術

語学力、コミュニケーション力、交渉力、専門知識、そして、プレゼン力。 社会人に今、身につけたいスキルを聞くと、大抵、このような回答が返ってきます。とくに最近、よく耳にするのがプレゼン力や自己アピール力ですね。営業やマーケティングは分かりやすい「プレゼン」を使う例ですが、アプリやサービスの開発現場でも、単に開発するだけでなく、その良さを社内外にどう伝えるかが大切だと考えられ始めています。 一方で社会人の7割はプレゼンを苦手と感じているのだそうです。 来週、Digital Youth College 放課後ワークショップとして開催する「トップエバンジェリストが教える究極のプレゼン術」はDigital Youth Awardでの発表を踏まえた企画ではありますが、プレゼンの仕方や心構えそのものをお伝えするワークショップです。 私自身、エバンジェリストとして日常的にプレゼンをしていることもあり、プレゼンにはかなりの自信があったのですが、西脇のこの講座は衝撃的でした。「プレゼン」というスキルをこれほど体系立てて、具体例を交えながら分かりやすく学べる、しかも楽しく学べる講座を私はほかに知りません。プレゼンのプロとして、このワークショップはとてもお勧めです。就活も一種のプレゼンなので、就活生もきっと学ぶことがあるはずです。 トップエバンジェリストが教える究極のプレゼン術開催日:2014年2月13日(木)開催時間:19:00~21:00 (受付開始18:30~)場所:日本マイクロソフト品川オフィス セミナールーム B お申し込みや詳細はこちらのWebページをご覧ください。


日本工学院専門学校 マンガ・アニメーション科でアイデアワークショップ

日本工学院クリエイターズカレッジが後援している川崎市コンテンツ産業振興事業とのコラボ企画として、「2020年、高齢者が活き活きとした生活を送るために役立つ未来のコンテンツとは?」というテーマで高齢者向けのタブレットアプリのアイデアワークショップを開催しました。 広い講堂に200名を超えるマンガ・アニメーション科の学生さんが集まり、5人1組のチームの結成、至る所で議論が始まりました。ファシリテーションをお願いしたクリーク・アンド・リバー社の運営がすばらしく、議論も円滑に進みます。   マンガ・アニメーション科なだけに絵を描きながら議論を進める様子が興味深かったです。 最後は発表したそうなチームを探して、みんなの前でプレゼンテーション。考えて、作って、発表する。これからのクリエイターに求められるスキルの一つだと思います。今すぐにもサービス化できそうなアイデアもいくつかありました。  


Digital Youth College ワークショップ with IMPACT Japan  イベントレポート

  2013年12月21日(土)にアントレプレナーシップ(起業家精神)とイノベーションを推進するImpact Japanさん が主催するワークショップに参加しました。当日の様子をたっぷりお伝えします。   今回の Digital Youth カレッジ ワークショップ のテーマは、「社会貢献できるアプリ」創りでした。午前中はアプリの発想のためのワークショップ、午後にはプログラミング経験の有無によって、アプリワイヤーフレームコースとアプリ開発コースに分かれて実践にチャレンジしました。高齢の方や障碍のある方に使っていただけるアプリを、TEDxやGlobal Entrepreneurship Week Japan でファシリテーターの経験をもつジョセフ・テイムらが担当してくれました。       Section1:アイデア発想(午前中)   まず、ジョセフさんから2013年12月14日に行われたアプリのアイデア発想力を学ぶ”ワークショップで講演された、まぁちゃんことメロウ倶楽部の若宮さんのプレゼンテーションを視聴しながら、今回のテーマである「社会貢献できるアプリ」とは何かのイメージを膨らませました。続いてジョセフさんより、ブレインストーミングのやり方を説明してくれた後、「高齢化社会」や「障がい者」、「子ども」などといった6つのテーマに分かれて実践。     アイデア発想において今回とりあげる大切な概念が「デザイン思考」でした。ユーザーの気持ちを丁寧に 分析しながら、アプリが提供する価値を形作っていきます。ブレインストーミングでたくさんのアイデアが 出てきたところで、次のフェーズが「エンパシーマップ」づくりです。エンパシーマップでは、ユーザーの取 り巻く環境をマップアウトすることで、ユーザーの気持ちに迫ります。アイデアを整理した次の段階で行う のが、問題のフェーズ分けです。表層的な問題と本質的な問題を見極めていきます。このプロセスは起 業や新規事業の立ち上げでも同様で、いかに対象者が直面する状況を理解し、どのような解決策を提供 するかを考えます。       ランチ   あっという間にお昼を迎え、ケータリングも素敵なお食事を用意してくれました。ランチタイムもお互い練って きたアイデアを講評しあいつつ、美味しい食べ物を食すというクリエイティブな時間になりました。       Section2 (アプリワイヤーフレームコース 又は アプリ開発コース)   午後に入って初めのセッションが、Windows8.1とアプリの概要について、セカンドファクトリーさんからタブ レットを使っての説明でした。続いて、日本マイクロソフト社より、今回のテーマに関連する「アクセスシビリ ティ」に関するレクチャーがありました。       私が参加したアプリワイヤーフレームコースでは、午前中に整理したアイデアを実際にアプリにしていくた めに、フレーミングを行いました。アプリを使うユーザーを仮想設定し、具体的な機能とその機能によってど のようなユーザーの行動が変わり、価値を生み出すのか、マッピングしながらグループで話し合います。  …


"面白法人カヤックから「ブレスト」を学ぼう” レポート

12/3に面白法人カヤックの瀬尾さんを講師にお迎えして、Digital Youth College 放課後ワークショップ#1「面白法人カヤックから「ブレスト」を学ぼう」を開催しました。http://digitalyouth.jp/college/2013/w01/index.html そのときの模様をDigital Youth Blogでレポートしています。https://digitalyouth.jp/reg/category/blog/


まだアプリを開発したことない人に贈る、アプリを開発する理由を聞いてみた

MSP -Microsoft Student Partnersの学生たちに、アプリを開発する理由を聞いてみました。 始めた時期も、きっかけも、みんな全然違うけど、共通していえるのは 「アプリ開発が楽しい」 ってこと。 まだアプリを開発したことない人に贈ります! “作ったアプリを誰かに使ってもらえて、しかも評価してもらえると本当に嬉しい” 国立長野高専 谷口慈行  “自分で考えたものを作る工程が楽しい” 信州大学 吉野翼 [View:https://www.youtube.com/watch?v=xL3IoMgp23A&list=PL7kfJO91otmbvUFxn-sO_EswDJ2ueWgae:550:0]   “兄がプログラミングをしていてカッコイイと思ったのがきっかけ” 同志社大学 今入康友 “少しのミスでも動かないアプリ、でもその原因を見つけ出して動いたときは感動” 神戸大学 田中善之 “1番のユーザーは自分、それが他の人にも喜んでもらえたら嬉しい” 京都コンピュータ学院 藤井大貴 [View:https://www.youtube.com/watch?v=7FDBBO2KW8s&list=PL7kfJO91otmbvUFxn-sO_EswDJ2ueWgae:550:0]    “プログラミング言語を学ぶのは、異文化を知るような楽しさがある” 電気通信大学 菊池紘 “いったんカタチになったアプリを、こだわりをもって手直しするのが楽しい” 東京電機大学 三村聡史 [View:https://www.youtube.com/watch?v=l9K3h9P7eCg&list=PL7kfJO91otmbvUFxn-sO_EswDJ2ueWgae:550:0]    アプリ開発に興味があるけど、まだ自信がないという方も、まずは始めてみませんか?