中高生が最先端のITスキルを学ぶ!「Microsoft x Life is Tech! SPECIAL CAMP 2014」

UX エバンジェリストの春日井です。先日、中学生、高校生のためのプログラミング、ITキャンプ/スクールを運営するLife is Tech!(ライフイズテック)さんと一緒に1 Dayのスペシャルキャンプを開催しました。 7月13日(日)の朝9時に50名の中高生が日本マイクロソフトの品川オフィスに集合。初対面同士で、最初は緊張気味だった生徒さんも、Life is Tech!さんが用意したアイスブレークであっという間に打ち解け、和やかなムードになって開発が始まります。今回はWebデザイン、メディアアート、そして、Windows 8 アプリの3チームに分かれて、それぞれのITスキルを学びました。 ランチのあとは気分転換も兼ねて、日本マイクロソフトの社内見学ツアーへ。せっかくなので、日曜日でがらんとしているオフィスで好き勝手に座ってもらいましたが、普段、社員が黙々と仕事をしているオフィスに賑やかな中学生や高校生が座っているのは新鮮でいいですね。その後、マイクロソフトディベロップメントでOfficeのプロジェクトマネジャーを務めている鵜飼(うかい)にも参加してもらって、質問大会を行いました。Office Lensの開発を担当した鵜飼にはそのアイデアは誰か個人から出てきたのか?ブレンストーミングから出てきたのか?という鋭い質問から、お給料はいくらですか?マイクロソフトでやりがいを感じるときはどんなときですか?一番高価な製品はなんですか?英語はどうやって覚えましたか?などなど、たくさんの質問が飛び交いました。 その後は午後の開発へ。WebデザインのチームはInternet Explorerを、Windows 8アプリのチームはVisual Studioを駆使しながら開発に励みます。この時間になるとメンターの大学生ともすっかり打ち解けて、遠慮なく質問するようになっていました。 最後は全員でそれぞれが作った作品を見せ合う共有会。あちらこちらのテーブルで歓声が沸き起こります。若い子たちがこんな風に盛り上がる姿を見られるのは素直に嬉しいです。 ITスキルは今後、英語力と共に日本の社会に求められるスキルになっていくはずです。企画した私にとっても楽しい1日でした。このキャンプを通じて、ITを学ぶことの楽しさ、ITでできることのワクワク感を少しでも感じていただけたら、それこそやった甲斐があった、マイクロソフトでやりがいを感じたというものです (笑)。  


dotFes 2013 Kyotoに参加してきました

関西のMSPフェロー、今入です。 昨年、11月10日に京都精華大学で開催された「dotFes 2013 Kyoto」に参加してきました。dotFesとは、『Web Designing』と『クスール』が企画しているWebクリエイティブのための学園祭のようなコミュニケーションイベントです。   任天堂|HTML5とJavaScriptでWii Uソフト開発~Nintendo Web Frameworkのご紹介~ 温井 崇友(任天堂)、松本 健児(任天堂) 任天堂からは、2013年3月に米国サンフランシスコで行われたGCD 2013で発表された「Nintendo Web Framework」(以下、NWF)が紹介されました。NWFとは、HTML5とJavaScriptを用いてWii U向けのソフトを開発できる環境です。 これまでのゲームはC/C++などを用いて、ハードウェア性能を最大限に引き出すことを意識して開発されてきました。しかしこれからは、Web技術でも開発することができるようになります。Web上にはとても多くのライブラリやテンプレートなどが公開されています。開発者はそれらを自由に用いて、Webページを制作するかのように、Wii U向けのソフトを開発できる、それがNWFです。JavaScriptライブラリは数多く公開されていますが、多くのライブラリがそのままNWFで利用可能です。また、enchant.jsやImpactでは、NWF向けのライブラリの開発も行っているそうです。 開発環境は、Wii U開発機とWindows 7 PCとでLANを介して構築、PCからWii Uへのプログラム転送には、「ダッシュボード」と呼ばれるソフトウェアを使います。ダッシュボードでは、プログラムの転送や画面の構成(2画面同じものにする/別々の画面表示する)、デバッグなどが可能です。ただし、ソースを書き換えるためのテキストエディタは搭載されていません。 開発の流れは以下の通りになっています。ただし、日本では現在のところ、法人からの申し込みのみに対応しているとのことです。 電話による問い合わせ・事前相談 開発契約・開発環境の入手 開発 提出 審査 リリース Adobe Systems|スマホ開発にAIR & PhoneGapを勧める5つの理由 Andy Hall(アドビ システムズ) 近年、スマートフォン向けのアプリ開発の重要性が増している中、複数のOS向けのアプリ開発を可能にするAdobe AIRとPhoneGapが5つのポイントから紹介されました。 理由その1:Web技術だから Web技術は、開発のハードルが低く、慣れ親しみやすい技術です。また、Web上にはたくさんの技術情報が公開されており、ライブラリなどを組み合わせることで、簡単にさまざまなコンテンツを作ることができます。 理由その2:優れた作成ツール アドビには、Web技術を支える様々なツールがあります。Adobe FlashやFlash Builderをはじめとし、Adobe Creative Cloudで提供されているEdge Animate、 Edge Code、 Edge Reflow、そして、Dreamweaverなどです。これらの便利なツールを使用することでさらに、開発効率が上がります。 理由その3:横に置ける技術…


「SENDAI for Startups! ~仙台に起業家のための世界的な育成拠点誕生〜」に登壇してみて

2013年11月18日起業家応援イベント”SENDAI for Startups”が、仙台市卸町の能BOXという会場で開かれ、マイクロソフトの龍治 怜奈氏と共にMicrosoft Student Partnersの私、神尾も登壇させていただき、Digital Youth Projectについて紹介いたしました。   本イベントは、震災復興から更なる経済成長への飛躍には、未来を牽引する起業家の輩出が重要との仙台市の考えから、「日本一起業しやすいまち」を目指し、起業支援施策を強化し、起業促進環境の充実を図るという趣旨から開催されました。起業促進の環境の充実の1つとして、このたび、復興支援基金であるカタール基金の支援を受け、一般社団法人インパクトジャパンが本市内に世界的ネットワークの下起業家育成を行う施設を整備することが決定し、そのお披露目も行われました。   ・登壇者の皆さん@能BOX   仙台市 市長 奥山 恵美子氏、インパクトジャパン 事務局長 西田 治子氏、MAKOTO 代表理事 竹井 智宏氏といった豪華主催者プレゼンで口火を切ったこのイベントの第二部は、起業家/EO 前々期会長であるKevin Langley氏による非常に刺激的な基調講演が行われました。   ・ぶら下がりを受けるインパクトジャパン 事務局長 西田 治子氏     第三部では、私も登壇させていただいた仙台・東北在住起業家・起業支援者等によるトークセッションが行われました。仙台ではご存知の方も多いビック・ママ 代表取締役 守井 嘉朗氏や一般社団法人 WATALIS 代表理事 引地 恵氏といった起業家の皆さんに加え、有限責任監査法人 トーマツ 仙台事務所長 パートナー 谷藤 雅俊氏といった起業支援者の皆さん、豪華顔ぶれがそろい踏みしました。  私が印象に残った話は、 気仙沼ニッティング 代表取締役 御手洗 瑞子氏のお話の中にあった、気仙沼の人たちがハンター気質だということです。気仙沼が漁師町と聞くと、そうだなと納得するのですけど、東北出身の人たちはよく内気な人が多いよねという声を数多く耳にします。そんな中、気仙沼の方々は農耕民族ではなく狩猟民族であり、今を取り巻くグローバルな環境に適しているというお話は、興味深くもあり、新たな発見となりました。   このイベントを通じ、自分基点のアクションでいろんな人にぶつかっていくことの大切さを個人的に再認識しました。サムライインキュベートの玉木諒氏からは「できるかできないかではなく、やるかやらないかで世界を変える!」という力強いメッセージをいただきました。2月には東北でもDigital Youth Collegeが開かれる予定です。内容に関する詳細はまだ未定ですが、是非皆さんの参加をお待ちしております!  …


3分動画で学べる!Visual Studio って何ができるの?チュートリアルビデオのご紹介

  Visual Studio は、世界のプロフェッショナルに使用されている開発ツールです。 2012年度ガートナー社による調査においては、 総合的開発環境として最高の評価を受けており、日本でも多くの企業に 採用いただいています。とはいっても学生の皆さんにはピンとこないかもしれませんね。 まずは触ってみることをオススメします! Microsoft Student Partners フェローの谷口慈行さんに、 初心者の方向けに簡単なチュートリアルビデオを作成いただいたのでご紹介いたします! ぜひご覧ください。 [View:https://www.youtube.com/watch?v=DTIdheQbCGM&list=UUy2j4l0auN8DJaQ6itwVWFA] [View:https://www.youtube.com/watch?v=yalfQtYFuyI&list=UUy2j4l0auN8DJaQ6itwVWFA] [View:https://www.youtube.com/watch?v=Ez1Kp_MKR5Q&list=UUy2j4l0auN8DJaQ6itwVWFA]     最新の Visual Studio は DreamSpark  から取得いただけます。 ※DreamSpark とは、マイクロソフトの開発ツールやソフトウェアが無料で使える学生の未来を応援する プログラムです。               谷口慈行さん 国立長野工業高等専門学校に所属する学生で、現在 Microsfot Student Partners フェローとして、マイクロソフト社員と一緒に仕事を体験中。 新生!Microsoft Student Partners フェローの紹介はこちらから。            


Digital Youth Award 2013の開催概要が発表されました

Digital Youth Award 2013の開催概要が発表されました。 今年からDigital Youth AwardがImagine Cup日本大会を兼ねることとなり、Digital Youth Awardアプリ部門のグランプリ、準グランプリを受賞した個人/チームのどちらかがImagine Cup 日本代表として、来年7月にシアトルで開催される世界大会に出場できます。 〆切は来年の2/28。アプリ開発やアイデア発想をお手伝いするカレッジやメンターシップもどんどん企画していきます。まずはDigital Youth メンバー登録からどうぞ。   テーマ だれかをハッピーにするタブレットアプリ 応募部門 アプリ部門 Windows 8.1で動作する Windows ストアアプリ、デスクトップアプリ、Web アプリのいずれか。Visual Studio で開発すること アイデア部門 Windows ストアアプリのアイデア ※タブレット PC で利用することを想定された企画内容であること  応募期間 2013年11月18日(月)~2014年2月28日(金) 決勝大会 2014年4月12日(土) お台場ヴィーナスフォート教会広場 受賞までの流れ 受賞までの流れは以下の予定です(決勝大会ではプレゼンテーションで作品を発表していただきます)。 賞について アプリ部門 グランプリ 1組(賞金10万円)/Imagine Cup 2014日本代表候補 準グランプリ 1組(賞金5万円)/Imagine Cup 2014日本代表候補 アイデア部門 グランプリ 1組(賞金10万円)/起業へ向けての投資支援(該当企画があった場合に限る) 準グランプリ 1組(賞金5万円) 協賛企業賞…


【Visual Studio2013キャンペーン第1弾!】抽選で2名様に7,000円相当の『プログラミングWindows 第6版 上 ~C#とXAMLによるWindowsストアアプリ開発』をプレゼント

    Microsoftが提供するDreamSparkにVisual Studioの新バージョンが追加されました!   「DreamSparkって何?」と思われた方! Microsoftが提供するDreamSparkとは、世界中で使われている本格的なサーバー製品や開発ツールが学生限定でなんと【0円】で利用できてしまう学生支援プログラムです。   学生ならば無料でVisual Studio2013をダウンロードすることが出来ます。 (詳しくはこちら→https://www.dreamspark.com/Student/Default.aspx)   これを記念して、キャンペーン期間中に下記のツイートをリツートしてくれた方の中から抽選で2名様に7,000円相当の『プログラミングWindows 第6版 上 ~C#とXAMLによるWindowsストアアプリ開発』をプレゼント致します。                                      【Visual Studio2013キャンペーン第1弾!】                                     https://twitter.com/MSP_Japan/status/400901271453855744 キャンペーン期間は、11/14日(木)~11/21(木)です。 この機会に、リツイートをして豪華プログラミング書籍をゲットしてください! こちらの書籍をプログラミング学習の励みにして頂ければ幸いです。 今後も、引き続きキャンペーンを実施致しますのでお見逃しなく! 今話題のあのタブレットが当たる機会も!?


横浜サイエンスフロンティア高校 『マイクロソフト本社アカデミックエリア担当者が表敬訪問』

2013/11/7(木)、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校を、米国マイクロソフト本社より来日中のVictoria Grady、Andrea Harrison の二人が表敬訪問しました。彼女たちは、マイクロソフトの学生デベロッパー(開発者)を支援する様々な施策(Imagine Cup、DreamSparkなど)のオーナー(責任者)になります。 横浜サイエンスフロンティア高等学校は、横浜市及び横浜市教育委員会と日本マイクロソフトの連携により、日本マイクロソフト株式会社のCTO(最高技術顧問)で、マイクロソフトデベロップメント株式会社の社長である加治佐俊一が科学技術顧問を務めていたり、高等学校としては、先進的に、Windows ストアアプリ開発に取り組んでいただいている学校です。 図書室には、これまでの学生さんの研究成果がファイリングされており、学生さんから研究成果の説明を受けました。   壁にはられた研究成果(Open CVを用いた3Dによる天体表示の研究成果)の説明を受けました。すべて英語で記載されていました。   学生さんが開発したWindows ストアアプリのデモを見学中。   学生さんのプレゼンテーションによる学校紹介。ネイティブ並みの英語力で通訳は全く必要なし!   マイクロソフトの学生デベロッパー(開発者)の支援施策は、大学でコンピューターサイエンスを学んでいる学生が主なターゲットとなっています。今回、横浜サイエンスフロンティア高等学校の学生さんが作成した様々なWindows ストアアプリを見学して、VictoriaもAndreaも、コンピュータサイエンスを学ぶ大学生以外の学生デベロッパー(開発者)の可能性を感じとっていたようでした。


【学生は無償】 最新のVisual Studio 2013 を早くも DreamSpark で提供開始!

DreamSpark とは、マイクロソフトの開発ツールやソフトウェアが無料で使える学生の未来を応援する プログラムです。   DreamSpark 新製品 リリースのお知らせ 10月18日にリリースされた Visual Studio 2013 製品版 を DreamSpark にて提供を開始しました。 Windows プラットフォームの新たなイノベーションである 「Windows 8.1」 を活用した新しいアプリケーションの開発環境をぜひお試しください! DreamSpark を初めて使う、という学生の方はまずはアカウントの作成からお願いします。        DreamSpark について何かご不明な点があれば、 こちらからお問合せください。 もちろん日本語にて対応しています!


【11月9日】アプリのアイデアを発想するための” ワークショップ Digital Youth College #01 開催!

IT スキル・プレゼンスキル・アイデア発想スキルを磨く 学生のための Digital Youth Project  - ハッピーなアイデア、ハッピーなアプリを世に送り出せ!ー    記念すべき第1回目はアプリのアイデアを発想するためのワークショップ。モデレータを務めるのはソーシャルメディアのソリューション提案やコンサルを手がけるインタレストマーケティングの伊勢さん。アプリやサービスを考えるための発想方法を実践的に学べます。 基調講演には、視聴者がプレイヤーとしてテレビ番組に参加できるインタラクティブ番組として注目を集めた「BLOODY TUBE」を手がけたバスキュールの西村さんが登場。テクノロジーとデザインの融合による未来についての講演のほか、過去の Imagine Cup 日本代表や日本マイクロソフト最高技術責任者加治佐さんとの対談をお届けします。 来春に予定している Digital Youth Award の概要もこちらで発表する予定です。この機会にぜひお越しください。   Digital Youth College #01 「僕のアイデアをハッピーのために! アプリのアイデア発想力を学ぶ ワークショップ」 日時:2013年11月9日(土)13:30~19:00 場所:日本マイクロソフト本社 品川オフィス 申込はこちら   Digital Youth Project とは、 WDLC (Windows Digital Lifestyle Consortium) が主催する、学生のための育成プロジェクト。アプリ開発を通じてITスキルやコミュニケーション力、クリエイティブ力を磨き、社会や生活の問題・課題を若者の視点から考察して、自分のアイデアを活かしたアプリの力で解決することを目指します。  


初心者でも挑戦できる!「2013 流行語アプリ選手権&総選挙」開催中!

  アプリコンテストってきくと、上級者でないと参加できないものだと思っていませんか? @IT主催の「2013流行語アプリ選手権&総選挙」では、初心者の方でも挑戦いただける部門をご用意しています。 その名も「アプリ開発いつ始めるの? 今でしょ!」部門です。 この部門では、マイクロソフトが提供する“アプリ開発体験テンプレート”を使ったアプリで競うことができます。 「VisualStudio」 と テンプレートを使えば、初心者でも、安心してアプリ開発に挑戦できます!   「VisualStudio」 を持っていない!?  学生の皆さんには、Visual Studio を無償でダウンロードできる DreamSpark がおすすめです!       そして最終的に選ばれる受賞者には、賞金10万円! その他、応募アプリのダウンロードが100を超えた方には、先着100名にお祝い金5,000円のAmazonギフト券が贈られるキャンペーンも併催中! 今回のコンテストでは、一般投票も審査の要素になる“総選挙”も開催中ですので、アプリを作ったら、どんどん選挙運動してみてはいかがでしょうか? まずは、参加表明を!