学生支援プログラム Microsoft Imagineのご紹介

この度マイクロソフトでは、学生や教員の皆さまが、ITスキルを身に付けるためのサービスに包括してアクセスいただくためのプログラム「Microsoft Imagine」を提供開始いたしました。 https://imagine.microsoft.com/   Microsoft Imagine にアクセスいただくことで、ITスキルを身に付けるために必要なあらゆるツールやリソース、そして経験の機会を得られます。   学ぶ コーディングスキルや最新の技術を身に付けられるオンライントレーニング 「Microsoft Virtual Academy」 https://mva.microsoft.com/   使ってみる 開発者向けのツールを学生は無償で、教育機関は低価格で使える 「Microsoft Imagine サブスクリプション」 ※ 2016年9月7日をもって 「DreamSpark」 のブランド名を「Microsoft Imagine サブスクリプション」に変更いたしました。 http://aka.ms/MicrosoftImagine http://aka.ms/ImagineJP(日本サイト)   マイクロソフトのクラウドプラットフォームを学生は無償で使える 「Microsoft Azure for Microsoft Imagine」 https://catalog.imagine.microsoft.com/ja-jp/Catalog/Product/99   チャレンジする 身に付けた技術スキルと皆さんのアイデアで世界に挑む学生向けITコンテスト 「Imagine Cup」 https://compete.imagine.microsoft.com/ http://aka.ms/ImagineCupJP (日本サイト)   皆さんぜひ、Microsoft Imagine をご活用ください。  


DreamSpark は 9月7日をもって Microsoft Imagine になります

DreamSpark をお使いの皆さまへ重要なお知らせです。   2016年9月7日(日本では9月8日)をもって、 「DreamSpark」 のブランド名を「Microsoft Imagine サブスクリプション」に変更することになりました。 旧)ブランド名:DreamSpark DreamSpark (学生個人向け) DreamSpark Standard (教育機関向け) DreamSpark Premium (教育機関向け) 新)ブランド名:Microsoft Imagine サブスクリプション Microsoft Imagine (学生個人向け) Microsoft Imagine Standard (教育機関向け) Microsoft Imagine Premium (教育機関向け) サブスクリプションの内容や特典に変更はございません。 本変更に伴い、日本のDreamSpark 公式サイトは9月中旬ごろにリニューアルを予定しております。 https://www.microsoft.com/ja-jp/education/dreamspark.aspx   今後ともよろしくお願いいたします。  


教員向け「Monacaプログラミング教育研修会」(3/29開催)

クラウド型(クラウド上で動作する)統合開発環境「Monaca」をご存じでしょうか? クラウド上で動作しますので、クライアント側は、ブラウザがあれば、アプリ開発が可能となるツールです。使用するプログラミング言語は、Web開発で利用するHTML5、JavaScriptです。 こちらのツールを販売している弊社のパートナーであるアシアル株式会社様が、教員を対象とした「Monaca」の無料ワークショップを3/29(火)13:00~16:30 @日本マイクロソフト品川本社にて開催します。定員は、30名となっていますので、参加を希望される方は、下記より、申し込みください。 「参加無料:Monacaプログラミング教育研修会(教員限定)」 「Monaca」で開発するモバイルアプリは、弊社のクラウド(Microsoft Azure)との連携も可能です。学生向けに無償で提供している Microsoft Azure for DreamSpark をお使いいただければ、連携するクラウド(Microsoft Azure)側の費用は、考慮する必要がありません。 当日参加される皆様には、上記の学習教材『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング ~モバイルアプリ入門編~』が提供されるとのことです。プログラミング教育の実践を検討されている教員の皆さん、この機会に、ぜひ、こちらのワークショップをご体験ください。  


教員向けセミナー「第2回Visual Basicで進めるプログラミング学習」

こんにちわ。テクニカルエバンジェリストの渡辺です。 2/27(土)に、筑波大学附属駒場中・高等学校で開催された中学・高校の教職員向けセミナー「第2回 Visual Basic で進めるプログラミング学習」に参加してきました。 当日の様子は、こちらのビデオを参照ください。 このセミナーは、中学・高校の技術・家庭科の教職員の方を対象としたセミナーです。学校現場の技術・情報科の教員の方々とIT企業、教科書会社がプログラミング学習研究会で、長年にわたり研究を重ねた成果として、教育図書から「Visual Basic 教えて学ぶプログラミング」が出版されています。こちらの教科書の紹介を兼ねたセミナー(&ワークショップ)となっています。 第1部では、筑波大学の市川道和先生から、「プログラミング学習のIndispensability」という題で、講演がありました。市川先生には、Imagine Cup 2010 日本代表(筑駒の学生さんのチーム)のメンターとしても大変お世話になっています。”Indispensability” (絶対必要なこと)というタイトルからわかる通り、現在の我々の仕事、生活、社会は、プログラミング(その成果としてのソフトウエア)が支えているという仮説から出発して、プログラミング学習を必要不可欠な技術教育として実施していくことの重要性を提言されていました。 第2部、第3部では、「プログラムとは」という題で、まず、日本マイクロソフトの冨沢高明より、チューリングマシンの解説からスタートするプログラムの原理と仕組みについての講演があり、続いて、テックステートの杉田和久様より、プログラミング言語 Visual Basic を活用したプログラミングについての講演がありました。 第4部は、筑波大学附属駒場中学校の渡邉隆昌先生を講師として、実際に、ライントレースカーをVisual Basicで制御するワークショップが行われました。筑波大学附属駒場中学校の学生さんが使っている環境(デスクトップPC)で、実際にVisual Studioを起動し、Visual Basicのコードを記述してライントレースカーを動かしていきます。 自分が書いたプログラム(コード)によって、目の前のライントレースカーが動き出す。これを体験することは、想像以上に楽しいものです。プログラミング学習とは、この楽しさを通じて、学生さん達の知的好奇心を駆り立てることに尽きるのではないでしょうか? 日本の全ての中高生の皆さんに、ぜひ、このカリキュラムを使った授業を受けて欲しいと思った有意義な一日でした。


高専キャラバン2015 まとめ

こんにちわ。テクニカルエバンジェリストの渡辺です。昨年10月よりスタートした「高専キャラバン2015」の第1弾が無事終了しました。今回の高専キャラバンでは、全国17高専(19回)を訪問することができました。今回の高専キャラバンの訪問の目的は、高専生に、クラウド(Microsoft Azure)を体験いただくことでした。 高専キャラバンを通じて、およそ2000人以上の高専生が、何らかの形で、Microsoft Azure を体験いただくことができました。   久留米高専の学生の皆さん 以下は、今回、訪問させていただいた高専の一覧になります。 訪問日時   高専名 2015/10/5 – 10/6   鳥羽商船高専 2015/10/29   明石高専 2015/11/13   大島商船高専 2015/11/18   仙台高専 広瀬キャンパス     2015/11/19   熊本高専(1回目) 2015/11/30   サレジオ高専 2015/12/3 – 12/4   弓削商船高専 2015/12/7 – 12/9   鶴岡高専 2015/12/10   広島商船高専 2015/12/11   久留米高専 2015/12/15   熊本高専(2回目) 2015/12/21   石川高専(1回目) 2016/1/7   新居浜高専 2016/1/8   徳山高専 2016/1/13   鈴鹿高専 2016/1/20   舞鶴高専 2016/1/21   木更津高専 2016/1/25   石川高専(2回目) 2016/1/27   小山高専  …


高専キャラバン(熊本高専)

皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトの渡辺です。 11/19(木)に、高専キャラバン5高専目として、熊本高等専門学校を訪問しました。   行きは、熊本空港からバスを乗り継ぎ、学校を目指したのですが、熊本市内のバスの乗り継ぎで手間取り、講義開始時間に遅れてしまい、ご迷惑をおかけしました。     今回は、人間情報システム工学科の3年生~5年生の皆さんに講演することができました。 ワークショップの様子は、こちらの熊本高専のホームページでも紹介いただきました。 熊本高専は、今回の高専キャラバンで、もう一度、訪問する機会があります。次回は、制御情報システム工学科の学生の皆さんに実施させていただく予定です。次回の訪問も楽しみにしています。


高専キャラバン(仙台高専)

皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトの渡辺です。 11/18(水)に、高専キャラバンの4校目として、仙台高等専門学校(広瀬キャンパス)を訪問してきました。 仙台高専は、広瀬と名取にキャンパスがありますが、今回は、情報系の学科のある広瀬キャンパスを訪問しました。広瀬キャンパスの名前は、広瀬川からの命名とのことです。 今回は、ワークショップは実施しませんでしたが、Microsoft Azure for DreamSpark の紹介は、欠かせません。   当初は、4年生が受講ということでしたが、追加で、5年生にも受講いただきました。講演後の質疑で、受講した学生さんから活発に質問が出たのが印象的でした。


高専キャラバン(大島商船高専)

皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトの渡辺です。 11/13(金)に、高専キャラバンの3校目として、大島商船高等専門学校を訪問してきました。 大島商船高専は、全国に5校ある商船高専の1校で、山口県大島郡周防大島町にあります。瀬戸内海にある周防大島(屋代島)で、本州からは、橋で繋がっていました。今回、初めての訪問になります。   今回の高専キャラバンは、クラウド(Microsoft Azure)を中心に、最新のICT動向を伝えています。意外に身近なところで、ITが我々の生活に影響を与えています。学生の皆さんには、他人事ではなく、自分事として、積極的に最新ICTを学んでいってほしいと思います。 大島商船高専の先生に伺った話では、周防大島で、自動運転タクシーの実証実験が行われるとのことです。 「山口県、自動運転タクシーで中山間地を活性化 特区要望へ (日本経済新聞)」  講演で紹介した Future Vision のビデオには、自動で海を探査するロボットが出てきますが、海中ではなく、まさに、学生の皆さんが普段利用している道路を、自動運転のロボットタクシーが走る可能性があるわけです。未来は今ということです。 学生の皆さん、頑張りましょう!    


ロボットxクラウドでプログラミング(早稲田大学高等学院)

皆さん、こんにちわ。日本マイクロソフトの渡辺です。 11/7(土)に、上石神井にある早稲田大学高等学院で、「ロボットxクラウドでプログラミング」ワークショップを実施しました。 早稲田大学本庄高等学院では、高校生がメインでしたが、早稲田大学高等学院は、中学生がメインでワークショップに参加いただきました。 中学生とはいえ、既に、Visual Studio を活用して、プログラミングを行っている学生さんが数名いたり、Androidアプリ開発、Unityでゲーム開発に取り組んでいる学生さんもいて、頼もしい限りでした。ワークショップ終了後の質疑応答でも、このカリキュラムでC#を使っている理由や、どのようにC#に取り組んでいけばよいかなど、前向きな質問が多数出ました。今回のワークショップをきっかけに、さらに高いレベルの活動を目指していただけると嬉しいです。