Kinect の教材の翻訳が登場。Kinect の研究やゼミ、授業などでお使いください。

Kinect のドキュメントの翻訳がついにリリースされました。 これまで Kinect のドキュメントは英語での提供となっていましたが、Kinect for Windows SDK beta 2 のドキュメントをこの度日本語へと翻訳させていただきました。 まず今回最初に提供しているのは「Kinect for Windows SDK SkeletalViewer のチュートリアル」です。本チュートリアルでは、Kinect for Windows SDK および Kinect の基本的な機能である、スケルトンの情報や深度を取得するための方法をコードとともに解説しています。全 36 ページのボリュームで、詳細を記載していますので、ぜひ Kinect アプリケーション開発の参考にしてください。 「Speech チュートリアル」や「AudioCaptureRaw チュートリアル」などは順次アップロードして、このブログポストを更新します。(2012/01/17 に更新しました) 公開している文書一覧 SkeletalViewer のチュートリアル (C#, C++) Speech チュートリアル (C#) RecordAudio チュートリアル (C#) AudioCaptureRaw チュートリアル (C++) MFAudioFilter チュートリアル (C++) MicArrayEchoCancellation チュートリアル (C++) なお、ダウンロードするには、Faculty Connection への登録が必要です。登録方法は以前のブログポストを参考にしてください。(Faculty Connection…


【What’s New!! 無償教材カリキュラムキット】Windows Phone・Kinect for Windows SDK 授業の参考教材としてご活用ください!

教職員の皆様 必見です! マイクロソフトでは情報技術の授業としてすぐにご活用いただける「プログラミング入門」から「クラウドコンピューティング」「ロボット開発やスマートフォンアプリケーションのプログラミング」までマイクロソフトの最先端の情報技術を習得するため教材を無償で提供します。 この度、新しく以下のカリキュラムが追加されました!! Windows Phone アプリケーション開発入門 Kinect(※) for Windows SDK 概要 ※KinectはMicrosoftのゲーム機Xbox360専用の周辺機器ですが、一般的なUSB接続を可能としているためPCに接続でき、Windows SDKベースで開発することができます。Kinectではモーションキャプチャー機器として物体までの距離や人体骨格モデルを簡単に取得することができます。人間のアクションに対応した移動ロボットの研究やスポーツ・医療分野における身体の動きのデータ収集など多くの分野での研究に活用されています。 多くの専門学校や大学理工系でWindows Phone や Kinect for Windows SDKを利用した授業の展開や計画が始まっています。 いますぐ チェック! http://msdn.microsoft.com/ja-jp/academic/hh455212 【Blog予告】Kinect for Windows SDKについてのチュートリアル(技術解説資料)は、教職員の皆様向けの最新技術ポータル(英語) http://www.facultyresourcecenter.comで入手できます。続きは次号Blogで・・お楽しみに!! アカデミックテクノロジー推進部 文教情報推進グループ 奈良 郁枝


この冬は恋もアプリ開発も全力投球!あいゼミ集中講座でスキルアップをしながら特典をもらおう

未来教室 “あいゼミ” で冬期集中講座がはじままっています。初心者大歓迎のスマホ アプリ開発のためのコースです。3 つのステップで誰でも簡単にアプリを作成して特典に応募することが出来ます。 Amazon ギフト券や Windows Phone IS12T をはじめ、もれなく賞もご用意!今なら、特別教師クラウディアの応援メッセージもダウンロードできますよ~この冬は “あいゼミ” でスキルアップをしながら特典もゲットしましょう! http://msdn.microsoft.com/ja-jp/academic/hh529784 アカデミック エバンジェリスト舟越 美宝 Twitter @mihof0498  


すでにご応募いただいています!学生の皆さんが作った Windows Phone 7 アプリケーションご紹介

現在あいゼミでは冬期集中講座として、Windows Phone 7 コースがパワーアップ。簡単な 3 ステップでスキルアップと特典がもらえる講座の紹介は Web サイトをご覧いただくことにして、こちらでは、すでにご応募いただいている Windows Phone 7 アプリケーションの一部を紹介させていただきます。 走るブタ今回紹介する中で唯一のゲームです。電話を傾けて豚さんを動かし、タップしてジャンプするというシンプルなゲームですが、中々手ごわいです。無事クリアしました。ハチが強い。こちらはすでに、Windows Phone アプリケーション ショーケースでも紹介されているものです。   時間割名の通り、時間割を設定できるアプリです。最初に講義の時間帯(授業が何時からで何分ぐらいか)というのを設定して空の時間割を作り、空の時間割には講義名、教室、講師名、テキスト、メモが入力できます。個人のスケジュールと学校のスケジュールを分割して管理したいときにも便利です。 BMI チェッカー名の通り、BMI をチェックできるアプリです。入力するのは身長と体重だけ。背景画像が笑いを誘います。 FMKyoto ラジオアプリ地元密着型アプリ。FM Kyoto を堪能できます。ちなみに私は FM Kobe 派でした。 GoodWorks就活支援アプリ。自己分析から予定管理、面接のアドバイスまで。画像が豊富で優しさが感じられます。 もりあげ効果音6種類の効果音を自由に鳴らすことができます。正解、ドラム、歓声など、パーティーなどに使える音が多いかも。音を途中で止められるようにしてくれれば個人的に更に使いやすくなります。 たぬき暗号化任意の文章に対して「た」ぬき暗号を作ってくれるアプリです。木を隠すなら森、森がないなら…という感じ。チェスタトンを思い出しますね。 MacCouponマクドナルドのクーポンページを開いてくれるアプリです。マクドナルドを良く使う人は便利ですね。私もマクドナルドには良く行きますが、呼び方はマック派ではなくマクド派です。 FPC物理定数を表示してくれるアプリです。理科年表好きな人にお勧めです。是非どんどん定数を拡充していってほしいですね。 まだまだたくさんの Windows Phone アプリがありますが、今回はほんの一例を紹介させていただきました。Windows Phone のアプリケーションを作りたいと思っているみなさん、ぜひこれらのアプリケーションに続いてご自身のアプリケーションをマーケットプレイスに公開してみてください。あいゼミの冬期集中講座の特典へのお申込みもお忘れなく!http://msdn.microsoft.com/ja-jp/academic/hh529784 アカデミック エバンジェリスト馬田 隆明  


【賞金50万円獲得のチャンス】起業をめざす学生の方「Innovation Award 2011」に挑戦してみませんか?

「Innovation Award」とは、ITベンチャー企業 および 起業を目指す学生の皆様を対象としたソリューションコンテストです。 Imagine Cupを目指す学生の皆様はもちろんのこと、自分達でデザイン作成したソリューションで起業してみたい!という学生の方必見です。 以前のブログでも応募開始をご案内しましたが、応募好評につきスケジュール変更による応募締切り延長と、最優秀賞に送られる賞金や報奨ツアーを改めてご案内します。 起業資金として「賞金は50万円」 その他特典満載!!  さらに「海外報奨ツアー」は Microsoft Resarch Asia(北京)への2泊3日の視察ツアーを5月に予定しています。   【学生部門】 【一般部門】 それぞれの最優秀賞1チームと1企業、優秀賞3チームと3企業 最優秀賞  :賞金50万円、海外報奨ツアーへのご招待、記念品、有償イベントへの招待、マーケティング&技術支援、製品の紹介など 優秀賞    :記念品、有償イベントへの招待、マーケティング&技術支援、製品の紹介など 「海外報奨ツアー」のMicrosoft Resarch(MSR) http://www.microsoft.com/ja-jp/ijarc/about.aspx とは、コンピューターサイエンスおよびソフトウェア工学の基礎研究および応用研究を専門とするマイクロソフトの基礎研究機関です。世界6ヶ所の研究施設の一つである Microsoft Resarch Asia(北京) http://research.microsoft.com/en-us/labs/asia/default.aspx の最先端の技術や研究施設などを視察いただける絶好のチャンスです。   2012年2月24日応募締切り~ 2012 年4 月に最優秀賞を表彰予定  いまソリューションをプラン中の皆様もまだ間に合います!!  ふるってご応募ください! 詳細はこちら http://www.microsoft.com/ja-jp/mic/award/mia11/default.aspx


【第二回 Imagine Cup勉強会】イマジンカップに興味のある学生のみなさん、気軽にご参加ください!

こんにちわ。アカデミックエバンジェリストの渡辺です。10月の「第1回Imagine Cup勉強会」に続く、2回目の「Imagine Cup勉強会」を、12/3(大阪)と12/17(東京)で開催します。イマジンカップに興味があるけど、何をすればよいかわからない人は、まずは、こちらの勉強会に気軽に参加してみてください。勉強会に参加している学生やマイクロソフト社員と交流して、チャレンジするきっかけを作っていただければと思います。 ・「第二回 Imagine Cup勉強会@マイクロソフト品川オフィス」12/17(土)13:30-17:00登録および詳細>>> http://atnd.org/events/21975 ・「第二回 Imagine Cup勉強会@マイクロソフト大阪オフィス」12/3(土)13:30-17:00http://atnd.org/events/21976 イマジンカップ2012の最新情報の共有、そして、イマジンカップにチャレンジするのに必要となるチーム作りやスケジュール作りを疑似体験するワークショップを実施します。 また、ゲストスピーカーとして、ワンビ株式会社の加藤社長にお越しいただく予定です。http://www.onebe.co.jp/index.html 加藤社長には、イマジンカップ日本大会の審査員、日本代表のメンターとしてイマジンカップに深くコミットいただいています。今回は、実ビジネスにおいて、ソフトウエア製品(商品)を開発・販売している立場から、貴重なお話しをお聞かせいただきます。イマジンカップへチャレンジするだけでなく、将来、起業したいと思っている学生のみなさんにも参考になる内容だと思います。 参照サイト・「イマジンカップジャパン」http://www.facebook.com/ImagineCupJapan 参考ビデオ・「イマジンカップ2011 ワールドワイドファイナル@ニューヨーク」https://www.youtube.com/watch?v=gdjglptt6XU ・「イマジンカップ2012 キックオフビデオ」https://www.youtube.com/watch?v=PHGReiaTdbA


スマホアプリ開発は文系女子でも楽しめます~ "あいゼミ" Windows Phone コースにみんなでチャレンジ!

このところ話題のスマートフォン。皆さんの周りでも利用している方が増えつつあるのではないでしょうか?市場予測でも今後急速な普及が見込まれているようです。その大きな魅力のひとつが、スマートフォンで利用できるアプリケーション。ゲームや音楽、占いといったエンターテイメントからスケジュール管理やニュース、お天気といった便利なツール系までさまざまなアプリケーションが提供されています。マイクロソフトのスマートフォンである Windows Phone 向けのアプリケーションは、マーケットの開始から 1 年かからずに 3 万を超えるアプリケーションが登録され、現在も 150 以上が毎日新規登録されています。 Windows Phone のアプリケーション開発、実は思ったよりもだれでも簡単にできるんです。使う楽しみだけではなく、作る楽しみも体験して欲しい!ということで、未来教室 “あいゼミ” では Windows Phone コースをご用意しました。特別講師にクラウディアをお招きして (!?)、学生の皆さんのアプリ開発を応援します。誰でも自由にダウンロードができるクラウディア虎の巻をつかえば、誰でも簡単に Windows Phone 用に自分のオリジナル時計が作れますよ。詳細はこちらから   アカデミック エバンジェリスト 舟越 美宝  @mihof0498


日本だからこそのチャンスがある!Imagine Cup を通じて日本を盛り上げたい~MSP Social Media Team 活動中

<本ブログは MSP メンバーによる寄稿です> Microsoft Student Partners(以下:MSP)の京都大学経済学部三年生 森下将宏と申します。今回は、MSPとしてImagineCup とどのように関連しながら活動しているのかをご紹介します。僕自身、MSPとして二年目なのですが、現在では、日本・世界のMSP、マイクロソフト社員の皆様と協力しながらImagine Cup をより多くの学生に普及するための様々な活動を実施しております。 ■Imagine Cup で感じたこと僕が初めてImagine Cupに参加したのは、Microsoft Student Partnersの米国本社のプログラムの一環として実施された、Social Media Teamの一員として参加しました。 割り当てられたファイナリストチームの取材、及びそれを通じて Imagine Cup 全体の雰囲気を僕達世界 25 名の MSP 代表が僕達のソーシャルメディアを通じて広めていくという全く新しい試み。Imagine Cup 2011 New York Final の期間中は自分の力不足を感じる毎日でしたが、それでもその中で与えられた役割を最大限に果たそうと、試行錯誤の日々でした。 その当時は大変でしたが、終わってみてImagine Cup こそ今の僕達大学生が本当に必要としている“何か”であるという確信に至りました。その確信が今の活動の原動力になっているのだと思います。   関連記事【Imagine Cup 2011レポート8】競技出場チームだけじゃない! Imagine Cupを陰で支えた日本の2チーム 【イマジンカップ2011 番外編】Social Media Teamの大活躍■現在のMSPとしての活動さて話を現在に戻します。現在は、日本マイクロソフト株式会社社員の皆様と共に定期的に関東・関西にて勉強会を実施するのと同時に、オンライン上での過去参加者の声を集め、Imagine Cup をより多くの日本の学生に広めるべく活動をしております。勉強会の様子 【Imagine Cup 2012レポート1】7月の世界大会に向けたチャレンジがいよいよスタート!次回勉強会12/3  (土) 第二回 Imagine Cup 勉強会 @マイクロソフト大阪オフィス12/17(土) 第二回 Imagine…


"あいゼミ" 特別 日本マイクロソフト職場体験~年内は 11/24、12/1、12/12 開催

多くの学生の皆さんは、将来なんとなくこんな仕事してみたいなぁと思いつつも、”どんな業界が良いか” “こんな職種をやってみたい” と本格的に意識するのは、就職活動がはじまるタイミングかもしれませんね。私自身、仕事をするイメージが全くつかめずに、一般的な就職活動はぜずまず派遣からスタートした、という経歴をもっていたりします。(この方法、お奨めしているわけではありませんよ~)就職活動がはじまる前に、気軽に企業を知ったり、社会人とコミュニケーションする機会があれば、自分の仕事についてもう一歩具体的に考えたり、選択肢をひろげてみたりできる気がします。そこで!未来教室 “あいゼミ” のオープン記念として、マイクロソフトの職場体験を実施します。日程とアジェンダは以下のとおりです。100名限定ですので、ご希望の方は各登録サイトからお早めに! 【日程および登録サイト】11 月 24 日 (木) http://go.microsoft.com/?linkid=979012812 月 1 日 (木) http://go.microsoft.com/?linkid=979012912 月 12 日 (月) http://go.microsoft.com/?linkid=9790130 1 月 13 日 (金) http://go.microsoft.com/?linkid=97901311 月 20 日 (金) http://go.microsoft.com/?linkid=9790132 【アジェンダ】13:00-14:00       マイクロソフト セッション~マイクロソフトのビジョンや最新テクノロジに加えて、社員のワークスタイル等もご紹介予定です。14:15–16:15      ワークショップ~アイデアを形にする 参加者の方々でチームを組んでいただき、簡単なワークショップを行います。16:20–16:55      オフィス見学ツアー17:00–17:45      懇親会~マイクロソフト社員や参加者の方々と気軽にお話しいただける時間です アカデミック エバンジェリスト 舟越 美宝 twitter @mihof0498  


App Hub の登録の方法

今日は App Hub の登録の仕方を紹介します。   DreamSpark のサイト (http://www.dreamspark.com) へ移動し、Live ID を使って画面右上の “Sign In (サインイン)” をクリックしてサインインします。 ※Live ID を持っていない人は、適当なメールアドレスを Live ID 登録する必要があります。Hotmail や Live Mail のアカウントを持っている人は、そのアカウントを Live ID としてご利用いただけます。 DreamSpark のサイトの画面左にある、”Get Verified” をクリックして認証画面に移ります。 “Japan”, “Verify as a Student” を選択し、”I have an Activation Code” をクリックします。25 桁の認証コードを入力し、”Verify>” ボタンを押し、認証を開始します。 有効な認証コードの場合、以下の画面が表示され、DreamSpark の認証が終わりました。  次に App Hub の認証を行います。Home 画面に戻り、XNA Game Studio のダウンロード…