Imagine Cup 出場チーム向けワークショップ レポート ~グロービス/グロービス経営大学院、ベルリッツ・ジャパン提供~

みなさんこんにちは! 日本マイクロソフトアカデミックチームです。   2017年3月12日(日)、日本マイクロソフトは、グロービス様/グロービス経営大学院様、及び、ベルリッツ・ジャパン様の2社協力のもと、Imagine Cup 2017 日本予選大会 決勝進出チームを対象にワークショップを開催いたしました。(以下グロービス様グロービス経営大学院様、及び、ベルリッツ・ジャパン様 敬称略)   本ワークショップは、世界に通用する起業マインドと、グローバルコミュニケーション力を高めていただくことで、Imagine Cup日本予選大会、そしてその後に続く 世界大会で力を発揮いただくことを目的にしたものです。 本日のブログでは、その様子をご紹介させていただきたいと思います。   #オープニング 多数の応募の中から厳しい審査を突破し決勝に進出したチームのメンバーが全国から集結し、ワークショップが始まりました。 冒頭では、Imagine Cup 日本予選大会の審査員の方々から届いたビデオメッセージをご覧いただきました!   <審査員によるビデオメッセージは以下のページでご覧いただけます> 経営コンサルタント 本荘 修二 様 500 Startups マネージングパートナー 澤山 陽平 様 マイクロソフトディベロップメント株式会社  社長 安達 理   審査員からの熱いメッセージで参加者たちの士気が高まったところで協力企業によるセッションが始まります!   #グローバルコミュニケーショントレーニング まずはベルリッツ・ジャパンが主に海外で活躍するビジネスマンなどを対象に提供している「グローバルコミュニケーショントレーニング」をImagine Cup向けにカスタマイズしたトレーニングを実施いたしました。 講師を務めるのはTerry Shenkerさん、Patrick Ryanさん、Simone Ekleさんです。 参加者のほとんどは海外経験も少なく、3人の講師の前に少し緊張した様子。 (講師のTerryさん) ベルリッツに提供していただいたトレーニングは英語力を伸ばすことだけには留まらず、英語によるプレゼンで審査員や投資家などの心動かすところまでを意識したトレーニングとなっていました。 プレゼン原稿の構成に関するアドバイスに始まり、アイコンタクトのポイントやジェスチャーの付け方、声の出し方まできめ細かい指導がなされます。   「あなたのプロダクトはどこがユニークなのか?」 「誰にどのような価値をもたらしたいのか?」   英語のトレーニングの枠を超え、核心に迫るような講師陣の問いかけに多少戸惑いながらも、参加者達は必死に講師の問いかけに答えて行きます。…