FTPを利用してWebサイトを作成~Microsoft Azure for DreamSpark


学生が無料で利用できるクラウド環境 Microsoft Azure for DreamSpark 上に、FTPを利用してWebサイトを作成する方法を説明します。

1.Microsoft Azure for DreamSpark 登録

まず、はじめに、以下の手順書に従って、Microsoft Azure for DreamSpark の登録を行ってください。

Microsoft Azure for DreamSpark 登録方法

2.Webサーバー作成

(1) http://portal.azure.com/ にアクセスし、DreamSparkアカウント、パスワードを入力してログインします。ログイン後は、以下の画面が表示されます。

(2) [+新規]、[Web + モバイル]、[Web App] の順にクリックします。

(3) 以下の設定を行い、Webサーバーを作成します。

  1. URL: ユニークな文字列を入力します。入力後に [✔] が表示されることを確認します。
  2. [App Service プラン]をクリックします。
  3. [新規作成]をクリックします。
  4. [App Service プラン]に[dreamspark] と入力します。
  5. [場所]を[Japan East]に変更します。
  6. [価格レベル] をクリックし、[Free] をクリックして、[選択]をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. [作成] をクリックして、サーバーを作成します。

(4) サーバー作成が完了すると以下のような画面になります。[参照]をクリックすると、青い画面が表示され、サーバーが作成済みであることを確認できます。

3.Webサイト作成

お好みのエディターやツールを使い、ローカルPC上に、Webページを作成してください。

(htmlファイル、CSSファイル、画像ファイル、その他ファイルをローカルPC上に作成してください。)

4.FTPを利用するための設定

(1) [Web Apps]をクリックし、先ほど作成した[Web Apps]を選択、[設定]の[デプロイ資格情報]をクリックします。

(2) FTPで使用する[ユーザー名(デフォルト設定のまま利用しても構わない)]、[パスワード]、[パスワードの確認]を設定して、[保存]をクリックします。

(3)[設定]の[プロパティ]をクリックし、[FTP/デプロイユーザー]、[FTPホスト名]をコピーして、テキストエディタなどに保存しておきます。

5.FTPでアクセス

お好みのFTPツールを使い、Microsoft Azure for DreamSpark 上の Web Appsにアクセスします。FTPのホスト(サーバー)、ユーザー、パスワードは、4で取得した[FTPホスト名]、[FTP/デプロイユーザー]、[デプロイ資格情報の設定]で設定したパスワードを使います。

下記は、Windows のコマンドプロンプトからアクセスした例です。

  

下記は、FTPツール(WinSCP)を利用してアクセスした例です。/site/wwwroot 配下に、ローカルPCから index.htmlファイルを転送しました。

転送したindex.htmlファイルが表示されることを確認してください。

ローカルPCで作成したWebサイト(htmlファイル、CSSファイル、画像ファイルなど)を同様の方法で、アップすることが可能です。

 

Comments (0)

Skip to main content