第3回MSPプレゼンテーション道場開催報告☆


こんにちは。Microsoft Student Partners(MSP)の河合里咲です。

12月3日(水)に開催した第3回プレゼンテーション道場についてご紹介します。

 

はじめに、今回初めてこのブログを読んでくださる方のために、簡単にプレゼンテーション道場についてご説明します。

 

私たち大学生の間では、英語力やOfficeと並んで、プレゼンテーションが将来、身につけておいた方がよいスキルとして意識され始めています。そこで、マイクロソフトのプレゼンテーションが得意な社員の方にご協力頂き、プレゼンスキルをお互いにブラッシュアップして、上達させよう!という趣旨のもと、「MSPプレゼンテーション道場」が始まりました。5分間のLT(ライトニングトーク)が上手くなることが当面の目標です。プレゼンについてのレクチャーを行う座学編と、そこで学んだことを実際に行ってみる実践編とに分けて実施しています。

 

第2回プレゼンテーション道場では、座学編の初回として、マイクロソフトのエバンジェリスト(自社の製品やサービス、ノウハウ等を、顧客・パートナーをはじめ世間に広くわかりやすく説明して回る役割をする人)の春日井さんから、プレゼンについてのレクチャーをして頂きました。今回の第3回プレゼンテーション道場はこれを踏まえた実践編です。

 

本イベントが開催された12月3日(水)には、MSP定例会も開催されており、この定例会が終わった後がいよいよプレゼンテーション道場です。定例会には毎回多くのMSPが集まるので、プレゼンターが多くのオーディエンスの前でプレゼンをするいい機会になると考えました。

 

 

プレゼンの様子☆

 

今回は時間が短かったこともあり、プレゼンターを4人限定にしました。プレゼンテーマは、「私が伝えたい○○の魅力」です。プレゼンターの人たちは、多くのオーディエンスを前にしたからか、少し緊張した様子も見られましたが、総じてレベルの高いプレゼンばかりでした。スライドが凝っていておしゃれだったり、大きな声でゆっくりしゃべることが徹底されていたりして、さすがMSPのメンバーだなと思いました。中にはプレゼン中に音楽を流すという新しいやり方でオーディエンスの注目を集めた方もいて、その素敵なアイディアにオーディエンス一同驚きでした!

 

 

みんな真剣に聞いています

 

こうして第3回プレゼンテーション道場は終了しましたが、今回も参加者の方々に良い感想をいただくことができました。プレゼンターの方々にお聞きすると、具体的に駄目出しをされるのは、勉強になって嬉しいとのことでした。今回はオーディエンスの数も多かったですし、多くの改善点が見つかる良い機会となりました。オーディエンスの方々にも、また参加したいと言っていただきました。

 

次のプレゼンテーション道場では、もっとMSPの交流の場という要素を強めつつ企画したいと考えています。これからが楽しみです。

Comments (0)

Skip to main content